アブクラックスをキレイにつくるためのコツをレクチャーします!

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

わたしたちが憧れるモデルや女優の多くは、スタイルを見たときに、お腹の真ん中にスッとした縦線のキレイなアブクラックスができていますよね。

女性らしいやわらかなボディスタイルももちろん憧れるのですが、しなやかな筋肉が適度につき、お腹にキレイなアブクラックスがあると、カッコよくてスタイリッシュなイメージを持ってもらうことができます。。

ここでは、お腹の贅肉をシェイプアップしながら、スッとしたアブクラックスをつくるためのコツをわかりやすくレクチャーします!

アブクラックスとはどのようなもの?

アブクラックスとは、お腹の中心であるおへその上に、一本の縦線が入った状態のことをいいます。

アブ〈abs=腹筋〉とクラック〈crack=溝〉を組み合わせた造語であり、男性が憧れるシックスパックよりも、女性のボディラインのやわらかさを残しつつ、お腹まわりはしっかりと引き締まった見た目でもあります。

シックスパックができている女性は、ガッチリしている印象を与えてしまうことが多いのですが、アブクラックスはバランス良くお腹やウエストが引き締まった印象となり、スタイル全体がシャープに見えるメリットがあります。

アブクラックスは遺伝で決まる!?

アブクラックスをつくるためのトレーニングをしている女性からは、「遺伝も関係している?」といったギモンの声も多く挙がっています。

アブクラックスの決め手となる白線の深さは、実はすべて遺伝で決まるといわれています。

ただ、アブクラックスがキレイにできなかったとしても、トレーニングによって筋肉が鍛えられると、縦線ができやすくなる期待が高まるのです。

遺伝的にアブクラックスができやすいスタイルを持っていたとしても、トレーニングを継続していないと、この筋肉を維持することは難しいといわれています。

そのため、トレーニングをしないことには、アブクラックスができるかどうかは分からない部分もあるのです。

アブクラックスを作るための方法!

遺伝的な要因があっても、アブクラックスをトレーニングやライフスタイルの見直しによってつくることができた女性はたくさんいるんです。

さっそく、アブクラックスを作るためのコツを学んでみましょう。

1.体脂肪を落とそう!

アブクラックスを作るためには、腹筋を鍛えるトレーニングを行いながら、体脂肪を落とすような適度なダイエットを併用することがポイントです。

お腹に脂肪がついていると、アブクラックスが見えることはなくなってしまいますので、お腹の脂肪を落とすトレーニングや食生活にも気を配ってみましょう。

2.トレーニングを継続すべし!

わたしたちのカラダのラインが変化するのは、長い時間がかかるといわれています。

筋肉は、毎日1.8%入れ替わる性質があるため、トレーニングを継続して行うことで、アブクラックスができやすいカラダの土台作りに役立ちます。 

sp1

最低でも2ヶ月間のトレーニングを続けると、はじめた頃よりもお腹がキュッと引き締まり、アブクラックスのキレイな縦線が形成されるでしょう。

3.腹筋を鍛えよう!

お腹の真ん中にスッとした縦線、アブクラックスを作るためには、腹筋を鍛えることがもっとも大切なポイントです。

腹筋を鍛えると、お腹の筋肉が目立ちやすくなり、縦線が浅くできたとしても、徐々に溝が形成されやすくなります。

小見出し4.バランスを考えながら鍛えよう

わたしたちのカラダは、男女の性別や体質にかかわらず、全身の筋肉をバランス良く鍛えることで、スムーズな成長を促すといわれています。

腹筋のみを鍛えてしまうと、カラダに大きな負担がかかってしまうため、その悪影響が筋肉をつけないようにコントロールされてしまうリスクも心配です。

腹筋のみを鍛えていると、アブクラックスはできても、カラダ全体のバランスが崩れているように見えてしまうのです。

アブクラックスをつくる食事がある!?

アブクラックスを作るためには、毎日のトレーニングとあわせながら、食生活にも気を配ることが大切です。

筋肉を作るためには、タンパク質が必須の栄養素。

また、ビタミン群の摂取が不足してしまうと、筋肉を作るためのエネルギー代謝が不安定になってしまいますので、バランス良く食べることが大切です。

アブクラックスを作るためのトレーニングをしているのに、食事量を減らしすぎると、筋肉がスムーズに育成できなくなってしまいます。

腹5~8分目の食事量が理想的で、必要な栄養素をしっかりと摂取することがポイントになります。

アブクラックスを作るために必要な栄養素をまとめてみました!

  1. 炭水化物
  2. タンパク質
  3. 脂質
  4. ビタミン
  5. ミネラル

これらの栄養素は、筋肉をしなやかに生成したり、トレーニング中のカラダとココロのコンディションを整えてくれる効果があるといわれているため、バランスの良い摂取を心がけましょう。

炭水化物などの糖質を適度に摂取すると、カラダのエネルギーが高まり、筋肉が成長しやすいといわれています。

また、トレーニング後にタンパク質を摂取すると、アブクラックスの筋肉が分解しにくくなります。

おわりに

魅力的なお腹の代名詞、アブクラックス!

2ヶ月間のトレーニングで多くの人がアブクラックスを作ることができています。

薄着の季節が近づくこの頃、ステキなスタイルへ変わるための目標を持ってみてはいかがでしょうか♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る