勤務が不規則でもダイエット!食事や生活リズムのコツは?

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

看護師や警察官、工場勤務など夜間シフトがある職業は思いのほか多くあります。また残業などで帰宅が遅くなるなどどうしても不規則な生活になることも多いですよね。不規則な勤務は太ってしまいがちですが、食事や生活リズムをコントロールすることでダイエットすることができます。ここでは不規則な勤務でもできるダイエットのコツを食事や生活リズムを中心に考えてみましょう。

勤務が不規則でもダイエットは出来る!

夜勤がある、残業があるなど勤務が不規則な場合、どうしても太りやすくなってしまいます。勤務が不規則だとダイエットすることは難しいと考えていませんか?

今までの食事や生活リズムを見直すことでダイエットをすることができますよ。

大切なのは規則正しい食事を心がけること

夜勤や残業がある場合どうしても食事の時間が深夜になってしまうことがあります。ダイエット中だからと何も食べないとかえって太りやすい体質になってしまいます。

大切なのは絶対に食事を抜かないことです。

何かを食べることで体が飢餓状態にならず時間をおいて食事をしても過食になることが少なくなります。スープなどの温かいものは体を冷やさないのでとくにおすすめです。

おなかがすいたからとポテトチップや甘いお菓子などをダラダラと食べることはおすすめできません。カロリーの高いものお菓子などはできるだけ食べないように心がけるといいですね。

理想は寝ている時間を除き6時間ごとに食事をすることですが、どうして6時間ごとに食事ができないこともあります。そのときは食事の時間のころにわかめスープなどのスープ類、サラダなどカロリーが低いものを食べるといいでしょう。

ゆっくりと食事をとる

食事を5分から10分で食べてしまう人がいますよね。とくに勤務が不規則で食事の時間をゆっくりとれないことが多い場合早食いになりがちです。

この早食いは肥満の原因にもなります。早食いをすると血糖値が急激に上昇します。血糖値が急上昇すると膵臓からインスリンが大量に分泌されてしまいます。過剰に分泌されたインスリンは糖を脂肪にかえ体内に脂肪を蓄えやすい体にしてしまいます。

また5分から10分で食べてしまうと脳の満腹中枢が働かずついつい食べ過ぎてしまうことにもなります。仕事の合間の食事は早食いになりやすいのでゆっくりと噛んで食べることを心がけましょう。

十分な睡眠をとること

睡眠が不足するということは起きている時間が長くなります。活動する時間が長くなるほどエネルギーを必要とし、エネルギーを摂取しようとするためのホルモンが分泌されてしまいます。そのため空腹感が続き食べ過ぎてしまうことがあります。

睡眠不足のときは満腹を感じるためのホルモンの分泌が減少し、食欲を増進させるホルモンが多く分泌されるようになります。十分な睡眠をとることはダイエットにもつながりますよ。

sp1

野菜・くだものや発酵食品を食べよう

体の代謝を促すには食べたものを効率的に燃焼させることが大切です。この燃焼を助けてくれるのがアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養素から作られる代謝酵素です。

体内には燃焼を促す代謝酵素と食べ物を消化するための消化酵素が一定量だけ存在するといわれています。ただ生命維持のために消化酵素の使用が優先されるので体内の消化酵素が減少すると代謝酵素の働きが悪くなってしまいます。代謝酵素が少なくなると基礎代謝が悪くなりダイエットだけではなく健康にも大きな影響を与えてしまいます。

消化酵素の減少を抑えるためには食事で消化酵素を補うことが必要になります。野菜やくだもの、納豆や味噌などの発酵食品を積極的に食べるようにしましょう。野菜やくだものは生のまま食べることがおすすめです。また納豆、味噌、ヨーグルトなどの発酵食品を1日1回は食べるようにするといいですね。

日常生活の中で筋トレや運動を意識しよう

ダイエットには食事のコントロールと適度な運動が必要といわれています。でも勤務が不規則だとジムなどに通ったり、ジョギングなどの運動を毎日続けることはなかなか難しいですよね。

仕事中や通勤時に意識して歩くことで軽い筋トレになります。また職場ではできるだけ階段を使うようにしましょう。

歩くときは大股で足の筋肉をしっかり使うことを心がけましょう。仕事中もエクササイズをしている気持で動くことはとても大切なことです。意識するということがダイエットの成功につながります。

極端な食事制限はしないこと

ダイエットというと食べることをすべて制限してしまいがちです。食事制限をしすぎるとそれがかえってストレスになってしまい過食の原因になってしまいますよ。

夜勤の時にはどうしても夜中にお腹が空いてしまうものですね。でも21:00以降はできるだけ食事をしない方がダイエットにはいいといわれています。ただ夜勤中なので空腹のままでは体が飢餓状態になってしまいます。

体が飢餓状態にならないために野菜や豆腐などの大豆食品などの消化によいものを食べるようにしましょう。夜勤の時は普通の食事では消化しにくく胃腸の不調につながるので軽めの食事にすることをおすすめします。

また食事の時は温かいものから食べるようにすると胃・腸の働きが良くなりますよ。

まとめ

勤務が不規則でも生活リズムや食事に気を配るだけでダイエットはできるといえます。ダイエットをすると頑張るのではなく毎日自分が取り組むことができるものからはじめてみましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  3. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  4. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  5. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  6. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  7. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  8. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  9. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  10. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る