マヨネーズの大さじ一杯カロリーは?ダイエット中の使い方のおすすめは?

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

マヨネーズが大好きな方って多いですよね。マヨネーズはどのような料理にも合う万能調味料です。でもマヨネーズは高カロリーといわれていますよね。マヨネーズ=太ると思っている人も多いでしょう。しかし最近ではダイエット中にマヨネーズをうまく使うことで痩せるともいわれています。ここではマヨネーズのカロリーとダイエット中の使い方について詳しく解説します。

マヨネーズ大さじ1杯のカロリーは84kcal

マヨネーズ大さじ1杯のカロリーは84kcalです。この数字だけを見ると確かに高カロリーですよね。そのためマヨネーズをダイエット中に食べると太ると思っている人も多いでしょう。

ただカロリーが高いということは、腹持ちがいいということでもあります。消化スピードがゆっくりで腹持ちがよいため間食が少なくなり1日の総摂取カロリーが押さえられることになります。

マヨネーズの原料

マヨネーズの原料は実にシンプルです。

油・卵・食酢・塩で作られています。添加物として化学調味料であるアミノ酸が含まれていますが、人体に影響があるほどの量は含まれていません。ただ市販の安価なマヨネーズの中にはこれらの原料以外にも砂糖を少量使っているものもあります。ダイエット中は砂糖を使っているマヨネーズは避ける方がいいので原材料をしっかり確認して購入しましょう。

最近「コレステロール0」「カロリー ハーフ」などのマヨネーズが販売されていますよね。イメージ的にはこれらのマヨネーズを使った方がダイエットには効果がありそうです。でもこれらのマヨネーズは、カロリーを減らすために油を減少させている反面、増粘多糖類、たん白加水分解物、砂糖類が含まれています。添加物や砂糖が含まれているので健康的なダイエットには不向きといえるでしょう。

マヨネーズは低GI食品

GI値とは、血糖値を上昇させるスピードを表しています。基本はブドウ糖摂取時の血糖値上昇率100を基準として換算されています。このGI値が低いほど血糖値の上昇が緩やかということになります。そのためインシュリンの分泌が抑えられダイエットに効果的とされています。

マヨネーズはほとんど糖質が含まれていないので低GI値食品なのです。糖質が少ないので上手にマヨネーズを使うことはダイエット成功にも役立ちます。

【保存版】GI値の低い食品・高い食品一覧

ダイエット中のおすすめの使い方

マヨネーズは高カロリーであることを意識しよう

マヨネーズは、大さじ1杯84kcalある高カロリー食品であることを意識しておきましょう。意識することによって何にでもマヨネーズかけて食べないように注意することができます。

sp1

マヨネーズの摂取量は1日大さじ1杯を上限とすることを覚えておくといいでしょう。低GI食品とはいえ高カロリーで脂質が70%含まれています。やはりとりすぎは太る原因になります。

油の代わりにマヨネーズを使う

マヨネーズは油の代わりとしても使うことができます。油は大さじ1杯で120kcalあります。マヨネーズは84kcalなのでマヨネーズは油よりカロリーが低いことになります。

チャーハンを作るときに油の代わりにマヨネーズを使うことができます。マヨネーズを使うことによってコクが出て、パラパラに仕上がります。また豚肉のショウガ焼きのときにマヨネーズを油の代わりに使うとまろやかさがでてお肉も柔らかくなります。

ほかの食材の代わりに使う

卵焼きやオムレツを作るときにマヨネーズを入れるとフワフワに仕上がり、冷めてもフワフワのままです。卵の個数を減らしマヨネーズを入れることで腹持ちが良くなります。

またエビフライなどの揚げ物を作るときに卵の代わりにマヨネーズを使うのもいいですね。小麦粉と卵を使わず油で揚げる必要もありません。使い方は簡単。エビなどにマヨネーズをまんべんなく塗りパン粉をまぶすだけです。パン粉は細かい乾燥したものがおすすめですね。パン粉をまぶしたあとはアルミホイルを敷いたオーブントースターで焼くだけです。

オーブントースター内の熱でマヨネーズの油が分離し揚げ油の代わりになります。油で揚げない分だけカロリーを押さえることができます。

炭水化物と一緒にマヨネーズを食べない

マヨネーズが大好きな人は太っているというイメージがありますよね。確かにマヨネーズが好きな人は御飯に掛けるなど多くのものにマヨネーズを使っています。問題なのは、マヨネーズを炭水化物と一緒に食べることです。

マヨネーズに多く含まれている油分は栄養の吸収をよくする作用があります。炭水化物と一緒にマヨネーズを食べると糖質の吸収がよくなってしまい太る原因になるといえます。

またポテトサラダやマカロニサラダなどはサラダとはいえ炭水化物が多く含まれています。ダイエット中はこれらのサラダには注意しましょう。

野菜を食べるときはマヨネーズを使いすぎないように小皿に小分けし野菜につけながら食べるといいですね。

ほかの調味料を加える

野菜を食べるときでもマヨネーズだけではついつい使う量が多くなってしまうかもしれませんね。そこでマヨネーズにほかの調味料を加えてかさましをすると摂りすぎずにすみます。

マヨネーズと味噌を1:1で混ぜ合わせる、豆乳やヨーグルトなどを混ぜ香辛料で味付けをすると新しいドレッシングができあがりです。しかも健康的ですよね。工夫次第でいろいろアレンジができるので自分流のマヨネーズドレッシングを作ってみましょう。

まとめ

マヨネーズを食べるから太るのではなくその摂取量と食べ方に問題があるといえます。マヨネーズの特性を理解した上で上手に使うとダイエットもストレスなく続けることができますね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  3. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  4. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  5. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  6. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  7. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  8. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  9. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  10. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る