悩まない!秋のスキンケアで押さえておくべきポイント3つ

Pocket

↓↓【お試し価格】薄着の季節にダイエット!↓↓
バナー原稿imp

秋は夏の強い紫外線が和らぎ、気温もだんだん低くなるのでとても過ごしやすい季節ですよね。そのため夏に頑張ってきたスキンケアも少し手を抜いてしまいがち。でも秋は、夏のダメージが肌に残っている季節です。これから迎える冬の乾燥した季節にできるだけダメージを受けることがないように秋のスキンケアのポイントを紹介しましょう。

秋の肌は夏のダメージが残っている

夏の強い紫外線のダメージ

夏は強い紫外線から肌を守るためにメラニン色素を多く生成します。健康な肌なら夏に生成されたメラニン色素は紫外線が弱まると同時にターンオーバー(新陳代謝)によって体外に排出されます。そのためシミやソバカスになりにくくなっています。

夏の強い紫外線は肌に大きなダメージを与えます。肌にこのダメージが残っている場合はターンオーバーがうまくいかずメラニン色素が沈着し、シミやソバカスとして残ってしまいます。

乾燥しやすい肌

夏のダメージは保湿機能やバリア機能を低下させてしまいます。これは夏の紫外線が表皮細胞に悪影響を及ぼし、角質層の細胞の多くが正常に機能しなくなるからです。そのため角質層の保湿・バリア機能が低下し、9、10月頃になると肌がごわごわしたりかさついた感じになってしまいます。


また季節の変わり目である秋は、外界の変化に体が対応していく季節です。体調が変化し、体が緊張状態になっています。それがストレスとなり外界からの刺激に反応しやすく、肌がとても敏感になっています。

加えて、気温が低下してくるに従って皮脂量と発汗量が減少します。空気はますます乾燥するので肌はつねに乾燥した状態になってしまいます。

夏のダメージを秋のスキンケアで回復を

夏に受けたダメージを肌にとって過酷な冬になる前に健康な状態にしておくことがとても大切になってきます。

秋のスキンケアは肌のトラブルや老化を防ぐためにはとても重要であるといえます。

秋のスキンケアの最大のポイントは?

秋のスキンケアでとくに気をつけたいことは肌の保湿機能・バリア機能を健康な状態に戻す、または保つことになります。

とくに注意したいのは肌の最も外側にあるわずか0.02mmほどの角質層の状態です。夏の間に紫外線や日焼け止め、ファンデーションなどによるダメージなどいろいろな原因で角質層が薄なる、剥がれ落ちるなどでその機能が低下してきます。

角質層の機能低下は肌の保湿機能・バリア機能の低下につながります。そのため健全なターンオーバーが期待できなくなります。この角質層の機能回復が秋のスキンケアの重要なポイントです。

秋のスキンケアの3つのポイント

sp1

丁寧なクレンジングと洗顔

秋のスキンケアで最も大切なのは皮膚の老廃物や刺激物をしっかりと落とすということでしょう。そのためクレンジングと洗顔がとても大切になります。

クレンジングで油性のファンデーションなどの汚れをしっかり落とします。あまり強いクレンジングは逆に肌を傷める可能性があるので注意しましょう。

洗顔はよく泡立てて肌を泡で優しく包み込むように洗いましょう。肌の汚れを落とすのだからとゴシゴシ擦ってしまうと逆に肌を傷めてしまいます。また洗顔料をすすぐときには38℃くらいのぬるま湯でしっかりと落とします。お湯が熱すぎると皮脂が多く流れ落ちてしまうので気をつけましょう。

乾燥がとくに気になるときは、乾燥肌用のクレンジングと洗顔を使うようにしましょう。

保湿を考えたスキンケア

クレンジングと洗顔のあとは、保湿を考えたスキンケアが大切です。クレンジングと洗顔したあとは肌から皮脂などが流れ落ちてしまっているので健康な肌でもその保湿機能は低下しています。そこで化粧水やクリーム、美容液を十分に与えることで肌に水分を蓄えさせることが大切になります。

化粧水で水分や保湿成分を補い、肌を柔らかくします。肌が柔らかくなることで次に使う乳液やクリームの浸透がスムーズになります。

次は肌に皮脂膜にかわるベールを作ってあげます。化粧水を使ったあと乳液やクリームを使うことで肌に人工のベールをつくります。このベールで水分の蒸発を防ぐことができます。

さらに美容液を使うことで潤いを保つことができます。美容液は、化粧水に比べると高い保湿成分が含まれています。そのため角質層の保水効果を高め、潤いを保つことができます。肌が乾燥気味と感じたときはいつものスキンケアに保湿用の美容液を加えてあげるといいですね。

紫外線対策を忘れずに

夏に比べると秋の紫外線はかなり弱くなっています。でもここで油断は禁物です。9月・10月の紫外線はまだまだ強いのでしっかりとした紫外線対策を忘れないようにしましょう。

まとめ

秋は暑い夏から寒い冬へと向かう季節の変わり目になります。秋のスキンケアは、肌にとって最も過酷といえる冬をできるだけダメージ少なく過ごすためにとても大切です。夏のダメージは秋の間にしっかり回復させてあげましょう。また気温が低くなる11月頃にはスキンケア商品も保湿性の高い冬用のものに衣更えしてあげるといいですね。

【保存版】乾燥肌の人のための保湿美容液おすすめ5選

乾燥肌の人のためのファンデーションおすすめ5選

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る