オリーブオイルで便秘が解消?効果的な飲み方も解説!

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓




abura

オリーブオイルの便秘解消効果とは?

オリーブオイルといえば、もちろん料理に使われるものですが、美容と言う視点からいえば、スキンケアのイメージが強くはありませんか?確かにスキンケア用品の一つとしてお肌に塗ることで美肌効果を得られることは広く知られていますが、



実は、最近になりましてこれが便秘の改善や解消に効果的であることがわかったのです。そこで、ここではどうしてオリーブオイルが便秘に効果的なのかお話ししていきたいと思います。



大腸までオレイン酸が届く



オリーブオイルが便通改善に効果を発揮する一番の理由はオレイン酸にあります。これは、オリーブオイルの主成分でもあり、多めに摂取(15~30ml)することで、胃や小腸で消化吸収されにくく、比較的短期間で届くといわれています。



すると、オレイン酸は大腸まで行き届き、腸管の刺激を行い、ぜんどう運動を促進します。結果的に腸の代謝が良くなり、便通も改善されるという仕組みです。



そして、オレイン酸の効果はこれだけではありません。便が固くなっていると、水を飲んでもなかなか便が外に排泄されにくいです。理由としては便が水分不足に陥り、滑らない状態なためです。



便の水分量がある程度保持できていれば、それが滑走路の役割を果たし、うまい具合に排泄してくれるのですが、あまりにも固い場合や、水分部位即な場合は苦しい便秘に悩まされるかもしれません。



そこで、このオレイン酸が効いてくれます。オレイン酸を摂取することで、水分不足な便の周りを滑らかにしてくれて、外へ排泄されやすくします。ですので、便秘で悩んでいる場合、まずはオレイン酸で便の周りを滑らかにしてみるというのはオススメです。

オリーブオイルの歴史

オリーブオイルというものは、日本ではまだ歴史が浅い食品ですが、その歴史は6000年以上も前といわれています。イタリア、スペインなどの地中海では、



日本でいう醤油や味噌と同じくらい当たり前に使用するものです。この地域で全世界のオリーブオイルの消費量の60%以上を使用しておりまして、脂と言えばオリーブオイルのことを指します。



地中海では民間薬



便秘に有効であると最近、話題になっていますが、地中海ではオリーブオイルというのは昔から便秘の特効薬として当たり前のように使用されてきました。子供はスプーン1杯、大人は大さじ2杯が便秘の解消に有効とされていました。実際に、大さじ2杯というと30mlの当たるので有効な摂取量ということで間違いないわけです。



昔は、現代のように医療技術が進歩していなく、何もわからない状態ではありましたが、どれぐらいが便秘に効いてくれるのか?これは昔からの試行錯誤によるものと言えるでしょう。



植物性油というのは便秘の解消に有効なようで、日本でもオリーブオイルではありませんが、古くからトウゴマの種子から抽出されるヒシマ油が使用されてきました。

sp1

オリーブオイルで毎日便秘予防を!

日本でも90年代にイタリアンのブームが起こり、それ以降は美容健康にも有効とされ、幅広くオリーブオイルが使われるようになりました。特に、現代の日本ではスーパーやコンビニへ行けばお手頃の価格で購入することができます。



摂取量も多いとはいうものの、大人でもスプーン大さじ2杯程度です。味噌汁に垂らしてみたり、サラダのドレッシングとして使用してみたり、色々と用法はあります。また、薬ではありませんので多めに摂取しても副作用はございません。



もちろん、油ですからあまりにも多くとりすぎてはいけませんが、調味料として使う分には何ら問題ないかと思います。ちなみに、オリーブオイルの選び方ですが、できれば少し高価になりますが、エキストラヴァージンオリーブオイルを選びましょう。



安いものですと、ピュアオリーブオイルというものになりますが、こちらは前者にくらべ、精製を行っているため品質が劣ります。そういう意味では健康効果を期待するということで、精製されていないものを選びましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

ページ上部へ戻る