オルニチンダイエットの効果的な摂取方法や量について。

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓




daiet

アルコールの解毒剤としてシジミのみそ汁が有効?

血中の中に点在するアミノ酸の一つでもあるオルニチン。これは代謝を高める効果があり、ダイエットに有効とされているのですが、それだけではなく、体の毒を取り除いてくれますので健康のサポーターとしてもオススメです。たとえば…

アルコールを飲んだ後や二日酔い対策に、シジミのみそ汁を飲むと良いといわれていますが、実はこれは、根拠のないただの迷信ではなく、しっかりとした理由があるのですね。

シジミは、実を言うとオルニチンの含有量が高く、アンモニアの分解の補助を行ってくれますので、現代社会でお付き合いの多い仕事をしている人は、お酒を飲まざる得ない場合があります。

大して飲みたくもないのに、上司の前だから頑張らないといけないと思って、沢山のお酒を飲んでしまうこともあるでしょう。しかし、肝臓に負担がかかったり、翌朝二日酔いで頭が痛くなるなど体に悪いことです。

そこで、シジミのオルニチンが効いてくれます。他にも、アルコールだけではなく、普段の食事、特に現代の偏った食事だとどうしても毒素も摂取してしまいます。毒素を処理する上で肝臓の役割は重要になります。

毒素を処理するため、肝臓には毒が貯まりやすいとも考えられます。それが溜まると同時に体の疲れも蓄積されていきます。良くわからないけど疲れがとれないという場合は肝臓に毒素がたまっているからなのかもしれません。

そこで、オルニチンを摂取することで毒素を除去してくれるだけのみならず、疲労回復にも有効というわけです。現在はシジミではなく、サプリメントとしても販売されていますので気軽に取り入れてみてはいかがでしょう?

今回は、そんな、肝臓の活動をサポートしてくれるオルニチンのダイエット効果をメインに解説していきたいと思います。オルニチンを摂取して健康的に痩せましょう。

オルチニンがダイエットに効果的とされる理由

sp1

オルチニンは冒頭でもお伝えしたように、脂肪の代謝を促進するためダイエットに効果的とされているだけではなく、筋肉の強化も行ってくれる素晴らしいアミノ酸なのです。

脂肪の代謝を促進するのにはやはり筋肉が必要になります。なぜなら、脂肪をエネルギーとして燃焼するのはやはり筋肉だからです。しかし、当然ながら摂取するだけでは毒素を取り除くことはできても、痩せることはできません。

オルチニンだけではなく、BCAAなどのアミノ酸は筋肉を強化したり、脂肪の燃焼を行ってくれます。ただ、悪魔でもそれは運動を行うという条件の素です。有酸素運動を行う前に摂取しておくことで効率よく脂肪を燃焼できるのがアミノ酸の力です。

なので、運動とアミノ酸をうまく組み合わせていくことがアミノ酸ダイエット成功のポイントとなります。ところが、オルチニンの場合、もちろん脂肪燃焼効果は期待できるとされているのですが、研究がまだ浅いためはっきりとした効果がわからないのです。

ですから、本当の有効活用法がまだはっきりとしていない段階です。これからもオルチニンの研究は行われていくため、後々、どのように使えば有効なのか、また新しい健康効果なども見つかってくるかもしれません。ここは期待したい所ですね。

ただ、アミノ酸の一種ですので、たんぱく質の材料になるのは間違いわけで、実際肝臓の代謝の補助にもなりますし、筋肉を強化する効果もあるわけで、脂肪燃焼には有効といえます。

しかし、筋肉の増強に関していうと、直接オルチニンが作用しているわけではなく、オルチニンが成長ホルモンの分泌を促進するため筋肉が増強されるわけです。すなわち、間接的な効果を得られるという仕組みです。

では、オルチニンのダイエットにおいてどのような摂取方法で、摂取量はどのぐらいであれば有効なのでしょうか?まず1日の摂取量の目安としては、肝臓の健康を向上するのであれば、1000~1500mg、ダイエットであれば2000~3000mg程度といわれています。

ダイエットであれば、摂取方法は二通りありまして、成長ホルモンが分泌される就寝中のことを考えて眠る前が非常に有効であると考えられます。特に、筋力トレーニングを行っている方であれば、筋肉増強の効果も期待できます。

けれども、この方法の場合、夕食後6時間以降に寝る人でなければいけません。理由としては、そうでないと血糖値の上昇が行われているので、結局成長ホルモンの分泌が妨げられてしまいます。ですので、そのときにオルチニンを摂取しても効率が悪いのです。

夕食を7時に済ませても、深夜1時に寝なければダメなのでもしかしたら、食後6時間を空けないで就寝してしまう方も多いかもしれません。そういう場合は、朝食の前に摂取しましょう。

この時間帯は血糖値の上昇が穏やかなため、オルチニンが脳下垂体へ保存されます。保存されたオルチニンは就寝時に使用され、成長ホルモンの分泌促進に働くという仕組みです。

このように、ダイエット目的で成長ホルモンの分泌を高く期待したいのであれば、同じアミノ酸であるアルギニンと一緒に摂取することで効果が高まりますので、オルチニンの健康ダイエットを実践してみましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る