腸内の善玉菌を増やす食べ物を摂取して腸内環境を改善する!

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

「お肌をきれいにしたい!」「健康的な体になりたい!」など体のことを考えて、日々食生活を気にされている方も多いかと思います。活性酸素の活動や分泌量を抑えるポリフェノールを摂取する等、されている方も多いのでは?





hachi


もちろん、それも大切なことではございますが美肌や健康を作る上で重要になるのはやはり腸内環境を整えることです。腸内環境が悪いとそれが他の病気に発展したり、活性酸素を増やす。老廃物が排出できない。この結果毒がたまり肌荒れ、ニキビ、シミ、そばかす、しわなど肌にも影響が出ます。



つまりは、色々なことを考える前にまずは自分の腸内環境を良好にしておく必要があります。そこで、今回は身の回りにある食品から手軽に善玉菌を増やす食品についてお話しいたいます。

sp1

腸内の善玉菌を増やす食べ物をまとめてみました

便というものは毎日排泄されるものです。排泄されなければ逆に腸内環境が悪化しますのでまずいことになるのです。では、便が毎日排泄されるということは、大量の腸内菌も排泄されます。



そこには、善玉菌、悪玉菌、などあらゆる腸内菌全てが含まれています。ですので、毎日善玉菌を摂取して腸内環境を善玉菌優位にし、健康的な生活を送れるようにしていきましょう。



そこで、ここでは、食べることで腸内の善玉菌を増やしてくれる食品をまとめてみましたので参考までにご覧ください。



良質な善玉菌ヨーグルト



善玉菌が沢山含有されている食品と言えばヨーグルトは外せません。近頃は、スーパーに行けば、腸内まで届くビフィズス菌や善玉菌が含まれているヨーグルトも沢山売られています。



また、ヨーグルトによっても種類が様々なものがございます。免疫力を高める乳酸菌シロタ株や、ビフィズス菌だけでも、ビフィダム菌、ロングム菌、アドレスセンティス菌、フレーベ菌といったものがあります。



他に代表的なものでいいますと、BE80株、ガセリ菌SP株、LG21乳酸菌、ラブレ菌などなど、種類が沢山ありすぎます。免疫力を高めたい、アトピーやアレルギー対策、腸内環境の改善など自分の目的に合わせて善玉菌ヨーグルトを選べばよいかと思います。



ヨーグルトでの摂取は毎日500g以上の摂取が望ましいとのことです。それが可能なのであればぜひヨーグルトで摂取するもの良いでしょう。難しいと思うのであればサプリメントでの摂取をオススメします。



食物繊維が豊富な穀類、いも類、海草類を摂取



直接、腸内に善玉菌を届けることは腸内環境の改善を行う上で重要な摂取法になります。しかし、善玉菌の供給を行うだけが善玉菌を増やすことではありません。



これは、どういうことかといいますと、善玉菌も生物なわけで、餌となるものが必要です。そこで、食物繊維が豊富である、玄米、蕎麦、麦、といった穀類、さつま芋、ジャガイモ、さつま芋などのいも類、



わかめ、もずく、めかぶなどの海藻類や根菜類、キノコなどの食品から食物繊維を摂取し腸内の善玉菌を育てていくことで、増殖も行ってくれますので結果的に、善玉菌が少ない状態から量を沢山増やすくことができますのでオススメです。



また、、ビタミンCも善玉菌を増やすうえで有効なので、キャベツなんかも摂取すれば、食物繊維と同時にビタミンCが摂取できますのでお得ですね。



オリゴ糖が沢山含まれている大豆、バナナ、牛乳、他



オリゴ糖も食物繊維と同じく、摂取した善玉菌、腸内にもとから存在している善玉菌の両方を増やすことができます。オリゴ糖はボトルでも売られていますよね。あれをパンに塗って食べるのも有効であります。



もしくは、ヨーグルトにいれて食べるのも美味しいです。その他、ごぼう、アスパラガス、玉ねぎ、大豆、バナナ、牛乳、はちみつといった食品にも含まれていますので、



ヨーグルトにオリゴ糖ではなく、はちみつを入れてみたり、牛乳とバナナをミックスして飲んでみたり、毎日美容のために豆腐を食べるという方はそれでもOKなわけです。



こうしてみると、オリゴ糖が豊富な食品は沢山ございますので、そこまで意識をしなくても自然と摂取できますので、オリゴ糖に関して言えばそこまで心配はないかと思います。特に、ごぼうは、食物繊維も同時に摂取できるのでこれも二度お得です。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る