目の下のくまの原因とおすすめ解消法9つ

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

me

目の下のくまに悩む女性は多く、3人に1人はくまに悩んでいるとも言われています。

しかしくまには3つのタイプがあり、自分がどれに該当するのかを見極めないと対処できません。まずはくまのタイプとその原因を知り、解消法を実践していきましょう。

目の下のくまは3タイプ!

くまのタイプは3つに分けられ、それぞれ青くま・茶くま・黒くまと呼ばれています。

①青くま

目の下の皮膚を横に軽く引っ張ると、薄くなるタイプのくま。普段はくまがないのに、突発的にくまが表れる人はこのタイプがほとんど。年齢が若い人にも見られます。



青くまの原因は睡眠不足や疲労、PCやスマホによる目の疲れも現代では大きな要因になっています。血行不良が根本にあり、冷え症の人は青くまになりやすくなっています。乾燥と冷えの厳しい冬にも起こりやすいものです。

②茶くま

目の下を引っ張っても、上を向いても薄くならないのが茶くま。日焼けや摩擦による刺激で、メラニン色素が増加し色素沈着してしまったものです。

特に目をこする動作など、摩擦によるものが大きな原因とされており、クレンジングの際に力を入れすぎていたり、目をこする癖があると出来てしまう可能性が高くなります。

③黒くま

上目づかいで鏡を見ると薄くなる、ライトで光を当てると消えてしまうのが黒くまです。他のくまと違い皮膚の色に変化はなく、加齢によるたるみや皮膚が痩せてしまうことで影ができ、くまのように見えるのです。 元々涙袋が大きかったり、目鼻立ちがはっきりしている人ほど目立つ傾向にあり、顔がむくむとさらに目立つことも!



このようにくまには3つのタイプがあり、解消法もタイプに合った方法を行わないと効果がありません。


また、くまが2種類以上同時に発生することも無いとは言えないので、効果が感じられない時は、該当しそうな別のタイプの解消法も試してみましょう。

くまのタイプ別・おすすめ解消法!

kagami

<青くまの解消>

青くまは生活習慣の見直しによって薄くすることが出来ます。突発的にできるケースが多いことからも分かるように、目の周りだけでなく、体全体の血行が悪化しているのがその理由です。

①目の周辺を温める

応急処置にもなるもので、蒸しタオルやホットアイマスクで目の周辺を温め、血行を改善します。

②目元のマッサージ

目の周辺を優しくマッサージします。ツボ押しも効果あり。どちらも強い力で行うのはNG、茶くまにならないよう、弱めの力を心がけて!

sp1

③適度な運動

血行を良くするには適度な運動が必須。ウォーキングなどを日常生活に取り入れましょう。

④食生活の改善

体を温める食事を意識することも大切。冷たいものを避け、生姜などの体の内部から温めるものを摂りましょう。血行を促す鉄分を摂ることも効果があります。

<茶くまの解消法>

茶クマの解消=色素沈着を薄くすることになります。

⑤摩擦となる行為を避ける

目をこする、強い力でのクレンジングを止めることを意識しましょう。乾燥するとかゆくなるので、保湿にプラスして目元美容液を使用することもオススメです。

⑥ターンオーバーを促す

出来てしまったメラニン色素を薄くするには、ターンオーバーを促すことが必要。古い角質を剥がし、肌の新陳代謝を促すピーリングも効果的ですが、目の周りは皮膚が薄いので刺激の強いものは避けて下さいね。抗酸化食品を食べたり、ビタミンCを摂取するなど、体の内部から促すことも大切です。

⑦紫外線対策の徹底

これ以上悪化させない為に、紫外線対策は徹底しましょう。シミ対策に使う美白化粧品でケアするのも効果がありますよ。

<黒くまの解消法>

加齢によって現れるものなのでエイジングケアは欠かせません。またむくみ対策も必要!

⑧アイクリームによる保湿

エイジングケアの基本は何と言っても保湿です。保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドが配合されたアイクリームの使用がオススメ。

⑨むくみ対策

塩分を控える、リンパマッサージを行う、キャベツやほうれん草などの葉物野菜はむくみの解消のサポートになります。



茶くまと黒くまは短期間で解消するのは難しいかもしれません。

ただ諦めてしまえば悪化するだけです。地道に継続していきましょう!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  3. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  4. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  5. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  6. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  7. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  8. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  9. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  10. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る