まつ毛美容液と効果と注意点。

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

green-1215328_640

メイクは目元が大きなポイント!。

マスカラは当然のこと、今やつけまつ毛も年代関係なく利用する人が多くなりました。定期的にエクステを利用している人もいますよね。こういった方法によって、くっきりした印象的な目元になりますが、まつ毛に負担をかけているのも事実。まつ毛もケアしてあげないと、抜け毛が増えたりハリがなくなってしまいます。

また、元々まつ毛が短い・量が少ないことがコンプレックスな人もいるでしょう。



そういった人の心強い味方になるのが、まつ毛美容液です。興味はあっても「本当に効き目があるのか」気になりますよね。そんなまつ毛美容液の効果と注意点、さらにおすすめの人気商品を紹介していきます。

まつ毛美容液にはどんな効果がある?

question
まつ毛美容液はまつげやまぶたに栄養を与えることで、まつ毛にハリやコシを与えるもの。抜けにくく、強く長いまつ毛を望む人にはうってつけの商品です。



日本人のまつ毛は欧米人より短く、少ないと言われています。実際に日本人のまつ毛の平均の長さは約6.8mmに対し、欧米人では約8.1mm。本数も約100本と約120本と日本人の方が少なく、角度も欧米人より下向きに生えているんです。まつ毛美容液によって長さが伸び、濃くハリが出て欧米人のようなまつ毛を目指したいですね!

まつ毛の周期と効果が実感できる時期の関係

kagami


まつ毛の周期は髪の毛や体毛と同様に、3つの周期に分けられます。成長期・退行期・休止期があり、現在生えているまつ毛は成長期と退行期に入ったまつ毛。

退行期に入ると約15日間の間に抜けてしまい、その後新たな毛が生えるまで約2~3か月の休止期に入します。

まつ毛美容液は、成長期のまつ毛を長く維持させることで全体の量を増やし、新しく生えてくるまつ毛にも、ハリやコシのある強いまつ毛が生えてくるよう働きかけます。



こうしたまつ毛のサイクルもあり、個人差もありますが大体約1~2か月程度で効果を実感する人が多いようです。商品が合っていればもっと早く効果を感じますし、逆に言えばその時期を過ぎても効果が得られない場合は、他の商品に切り替えた方が良いでしょう。

sp1

まつ毛美容液の成分と使用する際の注意点

check
まつ毛美容液に含まれる成分は、大きく分けて2つあります。


・ハリやコシを与える成分・・・オクタペプチド、オタネニンジンエキス(高麗人参)、こんぶエキス

・まつげの修復や補修をする成分・・・アロエベラエキス、ヒアルロン酸・セラミド、パンテノール


肌や髪の毛と同じように、栄養を与え保湿がとても大切なことが分かる成分です。



注意したいのは成分の中に「ビマトプロスト」が含まれている商品。

国内メーカー製造の商品には含まれていませんが、海外メーカーのものを購入する際にはチェックしてください。副作用として目の充血・眼圧低下等が報告されています。



また目に近い場所に使用する商品なので、まずはまつ毛以外の皮膚でバッチテストを行うことをおすすめします。目に入ってしまった場合も、すぐに洗い流しすようにしてください。



まつ毛美容液は、洗顔後の清潔な状態で朝・晩の2回塗布しましょう。まつ毛とまつ毛の根元に塗るので、最初は鏡で良く見ながら塗ると良いでしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る