コエンザイムQ10を含む食品と美肌に効果的な摂取法とは?

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓






sapu2




コエンザイムQ10といえば、今から10年ぐらい前に、テレビで、美容や健康効果が非常に高い栄養素として注目されました。実際、コエンザイムQ10の効果は非常に高いといえます。そこで、今回は、このコエンザイムQ10の効果、摂取法、含まれている食品についてお話しいたいと思います。

コエンザイムQ10とは?

そもそも、コエンザイムQ10とは何なのでしょう?美容健康効果が高い食品?と漠然的に体に良いものだと考えている人がほとんどかと思いますので、まずはどういったものかを解説したいと思います。



コエンザイムQ10とは、ビタミンQともいわれています。本当はビタミンの一種ではありませんが、ビタミンと似たような働きをするためそのように呼ばれています。厳密にいえば、ビタミン様物質に分類されます。



また、他のビタミンと同じく生命活動を行う上で重要なものです。人間の細胞の中にはミトコンドリアというエネルギーの生成を行う。いわば、発電所のような場所があります。



コエンザイムQ10はそのミトコンドリアの中に存在する補酵素で、エネルギー生成に大きくかかわっています。つまり、コエンザイムQ10が不足すると、疲れやすくなったり、体調を崩したり、健康的に生活することが難しくなります。



効能が凄いこともあってなのか?わかりませんが、もともとは日本ではサプリメントではなく、ユビキノンという名前の医薬品でした。同時期にアメリカや他先進諸国ではコエンザイムQ10のサプリメントとして普通に市販で販売されていました。



そんなこともあり、21世紀に入ると日本でもサプリメント化され一般でも手に入るようになりました。特に、最近では手軽にサプリメントを購入することもできますので、サプリメントで補うのが無難かと思います。

sp1

なぜコエンザイムQ10は美肌に効果的なのか?

新陳代謝を正常に整える



人間はの皮膚細胞は一般的に、28日で新しいものへと生まれ変わるといわれています。しかし、ストレス、食事、生活習慣といったあらゆる因子が関連して、サイクルに狂いが生じます。



それにより、28日の間に正常な肌へと生まれ変わることができず、取り残された古い角質はシミや肌荒れの原因となります。そこで、コエンザイムQ10はこのサイクルの調整を行ってくれます。



抗酸化作用が非常に高い



ここが一番ポイントかもしれません。活性酸素が増加すると、シミを作ったりお肌に栄養がでてきます。もともと、人間の細胞を外敵から守るために備わった必要なものなのですが、あまりにも増えすぎると逆に細胞を傷つけ、お肌に影響が出たり、健康を害してしまいます。



ですから、人間も防衛反応として、当然、活性酸素を減らす働きをします。ただ、そのようにして活性酸素を減らした場合、負担になりメラニンが生成されてしまいます。



ところが、それ以前に、増えすぎた活性酸素を、コエンザイムQ10の力で減らすことができたらどうでしょう?人間の防衛システムに頼ることがないので、メラニン生成には発展しません。つまり、これで、活性酸素を減らし、シミの予防を行うことが可能なのです。



また、もともと、コエンザイムQ10というものは、細胞に点在するのミトコンドリアの一部です。ミトコンドリアはエネルギーの生成を行いますが、それと同時に活性酸素も発生させます。



そのまま、活性酸素が増え続けたら、少なからず体に影響は出ますよね。しかし、大丈夫な理由は、コエンザイムQ10がしっかりと働いてくれているから細胞も傷つかずに健康な状態でいられるわけです。ですから、非常に抗酸化作用の高い栄養素と言えますね。



ビタミンEの補助にオススメ



ビタミンの中でも非常に抗酸化作用が高いビタミンE、これ単体でも十分効果を発揮してくれますが、コエンザイムQ10と一緒に摂取することでその効果をサポートしてくれます。

コエンザイムQ10は食品にも含まれている

コエンザイムQ10はサプリメントが有名で、食品はあまり取り上げられませんが、実は食品にもコエンザイムQ10はしっかりと含まれております。そこで、コエンザイムQ10を含む食品の一例を掲載しておきます。



野菜



ホウレン草、ブロッコリー、キャベツ、ジャガイモ、他



肉類



肉類全般(牛肉、豚肉、鶏肉、他)



魚介類



サバ、イワシ、サケ、マス、ウナギ、アンコウ、イカ、他



豆類



ピーナッツ、大豆、豆腐、他



食品でいえば、これらの食材に含まれております。では、以上の食材から摂取すれば良いのかといえば、それはなかなか難しい話しです。例えば、イワシの場合、1日26尾食べないとコエンザイムQ10を十分に摂取できませんし、牛肉の場合は3キロです。これを1日で食べるのは無理ですよね。



というか、美容健康を求めて食べるのに、逆に体に悪くなります。ですので、悪魔でもこれは、健康食品の一つとして覚えておき、コエンザイムQ10は基本的に、栄養補助食品であるサプリメントで摂取するのが効率が良いのです。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る