美肌効果のある野菜!食べ方と選び方について。

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

美肌を作るポイントの一つとしてしっかりとした食事を行うことが重要になります。当然ですが、加工食品や、脂、油の多い食べ物ばかり摂取していては、皮脂の分泌が多くなったり肌荒れを起こしたり、お肌に良いとは言えないです。







yasai




そこで、美肌を考えるのであれば、避けては通れないのが野菜です。ビタミン、ミネラル、食物繊維をしっかりと摂取することで体全体を生き生きと健康体へと変えることもできます。



お肌も体の一部で、内臓が良くなれば、自然と綺麗になるもの本当の話し。スキンケアで直接潤いを与えたり、有効成分を浸透させたりするのも重要ですが、やはり、根本的に綺麗になるには普段の食生活で野菜を取り入れていくことが大切になります。



とはいっても、野菜の中でどんなものがお肌に効果的なのか?また、どんな食べ方が良いのか?悩む所ですよね。基本的にはほとんどの野菜がお肌に効果的といえますが、その中で外せないもの、そしてオススメな食事法について解説していきたいと思います。

美肌作りに必要な野菜とは?

特に、摂取していただきたい野菜は緑黄色野菜です。β-カロテン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEといったビタミン類や、ミネラル、食物繊維を摂取することが重要になります。こういった野菜は手軽に購入できるので是非こちらを参考にして食卓にとりいれてみてください。



かぼちゃ



かぼちゃはお肌に良いと言われる抗酸化物質が豊富に含まれております。ビタミンA(β-カロテン)、C、Eを一度に摂取することができますので美容には非常にオススメな野菜です。



まず、β-カロテンが沢山含まれていますので、カサカサ肌を改善したり、お肌の健康を保ってくれます。ビタミンCは抗酸化作用がありシミや色素沈着の予防、改善。ビタミンEは高い抗酸化作用が期待できます。



これにより、お肌も体も健康にしてくれる食品なので摂取しましょう。調理法は、皮は剥かずにそのまま調理して食いださい。油と一緒に炒めたり、薄切りにして鉄板の上で焼いたり、肉類と一緒に煮込む等、このような調理法をオススメします。理由としては、β-カロテンの吸収率を高めるには、油や脂質と一緒に摂取した方が高まるからです。



パセリ



パセリは、抗酸化系のビタミン(β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE)が野菜の中でもトップクラスに高いです。しかも、鉄分も多く含まれているため、ビタミンCの吸収を高くしてくれます。β-カロテンの吸収率も高めることを考えると、ドレッシングをかけるサラダなど、油を使った調理法を行うとよいですね。ビタミンEに関しても、ビタミンCと同時に摂取できますので吸収率が高い優れた食品です。



アボカド



アボカドは、新陳代謝を促進するビタミンB2、B6、お肌の生成をになう葉酸、高い抗酸化作用を持つビタミンEが沢山含まれています。食べ方としては、薄切りにしてサラダの具材として、レモン汁を振りかけることをオススメします。そうすることでビタミンCがビタミンEの吸収を助けます。また、食物繊維も沢山含まれておりますので、腸内環境の改善にはオススメな食品です。



ニンジン



ニンジンは、野菜の中でも1本数十円程度で随分安価で購入することができますが、β-カロテンを摂取するなら一番いい野菜ともいえます。このβ-カロテンは体内に入ると、ビタミンAに変わりますので、目や鼻の粘膜が菌やウィルスにやられると風邪をひいてしまいます。



しかし、ビタミンAはそういった粘膜を強くしてくれますので、風邪を治療したり、予防に役立ちます。さらに、粘膜を強化してくれるということですので、乾燥肌を改善し、美肌にも効果的です。



また、アボカドと同じく食物繊維が豊富なので、腸内環境の調整に役立ちます。腸内環境を調整することで間接的に肌にも有効になります。これも、そのままスティックで食べるよりも、マヨネーズをつけて食べたり、サラダであればドレッシングをかけるなど、とにかく油や脂質を使った調理法で食べるようにしましょう。

sp1

生野菜と温野菜

オススメな食べ方はやはり生野菜です。理由としてはビタミンや生きた酵素を摂取することができるからです。過熱を行うと酵素が崩れてしまいます。ですので、基本は生野菜でドレッシングをかけるなどして吸収率を上げる形にしましょう。



ただ、全ての野菜を生野菜で食べることは不可能かと思います。ですので、当然、煮る、炒める、などの調理法で温野菜を摂取するのもいいでしょう。実際、加熱したからと言って酵素が無くなるわけではなく、



生野菜よりも少ないですが摂取することは可能です。また、ミネラルも摂取できますので、温野菜も食べましょう。ですが、やはり一番良いのは生野菜ですので、生野菜を中心に、鍋、炒め物などの温野菜を食べればよいかと思います。

野菜ジュースもオススメ

特に、野菜はある程度量を食べないとあまり意味がないです。しかし、大量の野菜を調理で食べるのは少し効率が悪いかもしれません。そんなときに、野菜ジュースです。

店頭で販売されている、紙パック、缶、ペットボトルの野菜ジュースはやめましょう。添加物など、色々オススメできないものが含まれています。そこで、野菜ばかり食べていると飽きるかと思いますので、ミキサーでオリジナルの野菜ジュースを作って毎朝飲むのは健康的です。



オススメなジュースは、β-カロテンが沢山含まれているニンジン、鉄が豊富なパセリです。これらだけだと味気ないような気もしますので、ビタミンCが方に含まれているかんきつ類、ミネラルが豊富の黒砂糖で味付けをするとおいしいジュースが出来上がります。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る