セラミド配合化粧水の正しい選び方と効果的な使い方とは?

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

保湿力がすごいといわれる、セラミドですが、その美容液や配合化粧水はどのようなものを使用すれば良いのか悩まれるかもしれません。こういった商品は販売店舗に行くと沢山のものが売られています。







bihada




また、実際効果があるとはいえ、どのようにして使用していけばよいのでしょうか?選び方、使用方法によって随分効果も異なってきますので、こちらではセラミド配合化粧水の正しい選び方と効果的な使い方についてお話ししていきます。

セラミド配合化粧水の正しい選び方とは?

さて、セラミドを選ぶ基本的な基準としては、タイプ、含有量、そして質感です。この3つを考えて選んでいく必要があります。では、まずは、セラミドのタイプは一般的に、植物性セラミド、バイオセラミド、ミルクセラミド、疑似セラミドと大きく分けるとこの4つのタイプがございます。



この中で選ぶべきものは、バイオセラミドです。人型セラミドともよばれ、人間と一番適合しやすく、肌への刺激のリスクも減らすことができますので、荒れることも少ないです。特に、肌が弱い人は、バイオセラミドを使用しましょう。



さらに、バイオセラミドは、最近の研究により、粒子がナノ化され随分細かくなっております。そのため浸透力も高く、お肌に浸透しやすいのです。潤いを作るにはやはり浸透力が重要になります。



そして、含有量です。もちろん、セラミド配合化粧水とはいえ、中にほんの少ししか含まれていないようであれば、正直あまり意味がありません。特に、セラミドは化粧品の中でも高価なものですので、安いものにはほとんど含まれていないと考えてもよいです。



ですから、選ぶ際は、それなりに高額なもの、そして、含有量が一体どれぐらいなのかをチェックしてから購入すると良いでしょう。わからない場合は店員さんにの辺を聞いてみると良いかと思います。



3番目の質感ですが、これは、クリーム、ジェル、水溶液なのか、自分の体質にあったものを選ぶと良いです。肌が弱い場合は浸透力が高すぎると逆にダメージを受ける危険性もございますので、



そういった場合はクリームやジェルタイプのものを選ぶと良いかと思います。肌が弱くないのであれば、浸透力を考え、ローションや化粧水などの水溶液を選ぶといいですね。



最後に、選ぶうえでのもう一つのポイントですが、セラミド化粧水の中では色々なものがあります。その中で、これまで説明した条件を満たしているもの、



そして、保水性の高いセラミドプラスα、シワの改善に効果を発揮してくれるヒアルロン酸、酸化防止に効果的なビタミンC、浸透力を考えビタミンC誘導体が含まれているものであればなおよいですね。

sp1

セラミド配合化粧水の効果的な使い方とは?

では、実際にセラミド配合化粧水ってどうやって使用すれば良いのでしょう?美容液をコットンなどにしみこませて顔に塗る方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの化粧水を浸透させるために、



まずは、一度、手に化粧水をしっかりとなじませ、顔の中心から外側へ向けて、全体へなじませていく形です。最後に約30秒間、手のひらをつかい、顔全体を温めると化粧水も浸透しやすくなります。



しかし、顔の中心から外側へ向けてなじませる際に注意していただきたいことが、肌を強く擦ってしまわないようにするというところです。ここで、肌を擦ると逆効果になります。



悪魔でも優しく浸透させる感じでなじませましょう。また、セラミドはとくに高級化粧品の部類に入ります。そのためか、少量しか使用しない人もいます。



しかし、それでは効果を得られませんので、あくまでも、説明書に書いてある、量を守って使いましょう。やはり、潤いのあるお肌を作りたいのであれば、それなりの量を使っていきましょう。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る