間食がやめられない・・ダイエット中のおすすめ間食は?

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

ダイエット中で食事を控えめにしていると、「食間にお腹が空いてしまってつい間食を」「お菓子がやめられない」というのは、とてもよくあることです。そんな時に無理に我慢をするとストレスが溜まってしまいます。ストレスを溜めてしまうと、ダイエットも挫折しやすくなるため、無理はしない方がいいでしょう。

今回は、ダイエット中のおすすめ間食をご紹介します。

ダイエット中にピッタリのおやつ

almonds-768699_640

アーモンド(無塩で素焼きのもの)

アーモンドに含まれるビタミンEはシミ・シワ・たるみ、などを引き起こす老化を防ぐ抗酸化作用を持ちます。 他にも、ビタミンB2、食物繊維、オレイン酸、リノール酸など体に良い栄養素が豊富です。 加えて良質の脂肪を含むため、お腹が満足しやすく、ダイエットのリバウンドを防いでくれます。 1日20粒を目安に食べましょう。

ヨーグルト

1カップ食べても100kcal程度と比較的低カロリーで、日本人の食生活に不足しがちなカルシウムを手軽に補給することもできるヨーグルト。ほどよい甘みもあってヘルシー、おやつには最適です。プレーンヨーグルトにフルーツを入れて食べるのもおすすめです。

スープ類

小腹がすいたかな、という時におすすめなのはスープやお味噌汁です。インスタントやカップのものでもOK。 具が入ったスープ、カップの春雨スープを選べば、お腹に溜まって体も温まるので、満足度と代謝の両面で効果的です。

ポタージュ系などクリームが入っているスープはカロリーが高いので要注意。カロリーを確かめてから100kcalを目安に選びましょう

フルーツ

りんごやバナナなどのフルーツはお腹に溜まりやすく、カロリーも控えめなのでおすすめです。例えばバナナなら、剥くだけで食べやすく1本で80~100kcal程度とお手軽です。甘さもあるので、甘いものが食べたいときにも満足しやすいフルーツです

お菓子を食べすぎないためには

lemon-tea-937245_640

sp1

温かい飲み物と一緒に食べる

お菓子は温かい飲み物と一緒に食べましょう。冷たい飲み物より、温かいほうがゆっくり飲むことができるので空腹感が収まり、食べすぎを予防できます。コーヒー、紅茶、ハーブティーなどお好みのもので。

お菓子と飲み物を交互に

お菓子をひと口食べたら、飲み物をひと口飲む、というように交互に食べると、少量でも満足を得ることができます。甘いものを食べるときは、飲み物はノンシュガーにしましょう。

ながら食べはしない

テレビを見たり、雑誌を読みながら食べると、ダラダラと食べ続けてしまいがち。おやつに限らず、ご飯のときもながら食べはNG。食事に集中し、ゆっくり味わいながらいただきましょう。

ダイエット中のお菓子との付き合い方

oyatsu

間食は150Kcal以下のものを

間食は1日の摂取エネルギーの10%くらいが適正なので、通常は200kcalくらいが目安。でもダイエット中はやっぱりちょっと控えめにして、1日150kcal以内にコントロールしましょう。

150kcalのお菓子は、クッキーなら2枚、板チョコなら1/4枚、ミニカップのアイスクリームなら半分程度です。高カロリーのお菓子を食べた場合は、3日間ぐらいで、調整するようにしましょう。

1日1回、時間を決めて

ダラダラ食べ続けるのはやめて、昼食と夕食の間に1回「おやつの時間」を作りましょう。また寝る前に食べると体脂肪になりやすいので、夕食後の間食は控えめに。

間食しても物足りない、なんだか口寂しいというときは、紅茶やウーロン茶、コーヒーなどノンカロリーの飲み物で落ち着かせましょう。また食べたあとにすぐ歯を磨くと、口の中がさっぱりして、間食を予防できます。食べる量とタイミングに気をつけて、甘いものを楽しんでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

食間に手軽に甘いモノがほしいという時は、ガムを噛むのもおすすめです。フレーバーがたくさんあるので好きなものを選び、ほとんどが1粒10kcal以下なのでカロリーも気にしなくて大丈夫です。できるだけ無理をせず自分のペースで、上手に食材やアイテムを使って、気楽に続けて成果を出してくださいね。

 

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る