ビタミンC誘導体配合化粧水のオススメな選び方を解説。

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓


ビタミンC誘導体配合の化粧水一つにしても色々なものがありますよね。値段も様々で、ピンからキリまでです。色々とありすぎてどれが良いのか非情に悩む所かと思います。





nikibi2


また、種類も豊富です。「水溶性」「油溶性」「その両方の性質を兼ね備えているもの」これだけでもどれを選べばよいのやらわかりません。例えば、化粧水やローションであれば液体になりますので、水溶性のビタミンC誘導体が配合されているケースが多いです。



ただ、もちろんですが、ビタミンC誘導体配合の化粧水全ての化粧水やローションだからといって水溶性とも限りません。中には油溶性のものもございます。



水溶性の優れている部分は、浸透効果が高いというところ、逆に油溶性、浸透の時間がゆっくりで、皮膚の表面にとどまっているため、表面からアプローチが可能になります。



両方の性質が兼ね備わっているものは、外側からも、内部からも働きかけることができます。ほかに、高濃度のものは溶解しにくくなったり、高濃度で配合が可能なものなど沢山種類がございます。そこで、こちらでは効果的な選び方についてお話ししたいと思います。

sp1

ビタミンC誘導体配合化粧水のオススメな選び方とは?


ビタミンC誘導体の効果としては、シミ、そばかすの原因であるメラニン色素の抑制、ニキビの原因である皮脂分泌の抑制、などです。ほかに美容美白効果も期待できます。詳しくはこちらへ



しかし、ビタミンC誘導体の化粧水を選ぶ際、おそらく人によって目的は大きく異なるでしょう。そばかすをなおしたい人もいれば、ニキビをなおしたい人もいます。



そういう意味で、目的に応じて、ビタミンC配合誘導体配合化粧水を選びましょう。例えば、ビタミンC誘導体配合化粧水の中には、美白効果に強く、補助成分が含まれている化粧水もあれば、ニキビに強く、ニキビ解消の補助成分が含まれている化粧水もございます。選び方の参考として、ビタミンC誘導体化粧水によく一緒に含まれている美肌についてまとめてみました。



メラニン生成の抑制を補助

アルブチン、イソフラボンが含まれているものであれば、メラニンの生成を防止しますので、シミ、そばかす、黒ずみに有効です。



メラノサイトへの情報遮断

メラノサイトに情報が伝達されメラニンがつくられるのを阻止するには、トラネキサム酸、カモミラETと呼ばれるものが有効です。これらが含まれているものは、シミ、そばかす、黒ずみに有効です。



チロシナーゼの活性化を抑制

メラニンを作るカギとなる酵素がチロシナーゼです。この酵素の活性化を抑制するのが、エラグ酸、コウジ酸と呼ばれるものです。こちらも、シミ、そばかす、黒ずみに有効です。



抗酸化物質

ビタミンC誘導体自体にも抗酸化成分はございますが、その補助としてよく含まれている抗酸化物質はビタミンE、レスベラトール、アスタキサンチン、フラーレン等です。抗酸化物質ですので、肌荒れやニキビに有効になります。



活性酸素の除去

活性酸素が増えることで、シミ、そばかす、ニキビなど肌荒れの原因になります。もちろんビタミンC誘導体にもその効果は期待できますが、補助成分として含まれているものがあります。たとえば、ユキノシタエキス、天草エキス、ローズマリーエキスといったものです。効果としては、肌荒れ全般、あとは皮膚がんの予防にもなります。



自分に合ったものを選ぶ

ビタミンC誘導体の化粧水一つにしても、これだけさまざまな種類と、補助成分が含まれているわけです。角質の奥までシミ、そばかすなどメラニン色素が沈着しているのであれば、



浸透性の高い水溶性をオススメします。ニキビが酷いのであれば、濃度や抗酸化物質についても考えましょう。そうすることで、自分に合ったビタミンC誘導体を選ぶことができます。



また、こちらの記事を参考にしておくことで、薬剤師の方や化粧品販売店の店員さんに相談もしやすくなるでしょう。症状に合わせて相談を行うと、ベストなものを提供していただけるかと思います。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  3. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  4. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  5. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  6. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  7. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  8. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  9. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  10. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る