鼻の黒ずみや角栓の基本的なケア方法を公開します。

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

鼻の黒ずみや角栓の悩みも非常に深いかと思います。特に油っこい食べ物を頻繁に食べる人は鼻の部分に黒ずみができやすくなります。特に鼻は、皮脂が豊富に分泌される顔の中でもさらに皮脂が多いため黒ずみもできやすくなります。

hana




さらに、場所が場所で非常に目立ちます。顔の真ん中ですので、人にどうしても見られるところです。人によっては目を合わせるのが苦手なため鼻や口元を見て話す人もいます。



そんなとき、黒ずみが多かったら…特に人と良く接する接客業の人はなおさら気になる悩みかと思います。普通に顔を洗っただけでは毛穴の奥にある黒ずみまでなかなか洗い流すこともできませんし、



お化粧で隠そうと思っても黒の上に白い粉をかぶせる形になりますので逆に目立って仕方が無くなります。ですので、鼻の黒ずみはとても面倒なものです。なんとか改善したいものですが、巷でいわれているケア法の中で逆効果もありますので注意しましょう。



今回、こちらの記事では、鼻の黒ずみを改善するための正しいケア法について紹介いたしますので是非参考にしてください。

sp1

毎日行う角栓と黒ずみのケア法

黒ずみを改善するには、食生活の改善も重要ですが、やはり洗顔など毎日のケアも重要になります。洗顔に置いても、黒ずみや角栓を取り除くことが大切になるわけですが、



毎朝1回、毎晩1回の合計1日2回行うことでしっかりと皮脂の汚れを取り除き酸化の防止を行うことができます。黒ずみを防止しておくことでニキビも予防することができます。



ところが、この洗顔でよくいわれているのがスクラブ洗顔です。スクラブ系の洗顔法は塩など様々なものがありますが、角ばっている粒子を肌に擦りつけることで角質や黒ずみを取り除くことができるので良いといわれているのです。



もちろん、一週間に1~2回程度ならスクラブ洗顔法を行ってもいいのですが、毎日やってはいけません。毎日やってしまうと肌が荒れてしまい逆効果に他なりません。ですので、雑誌などでもしも、「毎日スクラブ洗顔を行う。」などと書かれていても避けておきましょう。では、実際にどんな洗顔法をおこなえば良いのか?オススメするのはこちらです。



1 乳液を鼻にしみこませる→蒸しタオルを顔に乗せるもしくは入浴中であれば蒸気で肌を温める。この工程を行うことで自然と毛穴が開いてくれますので、奥に詰まった毛穴を浮き上がらせることができます。



2 ぬるま湯で石鹸を思いっきり泡立て多くの泡で顔を洗います。擦るというイメージではなく指の腹で泡を転がします。既に半分黒ずみが浮き上がっていますので強くこすらずとも洗い流すことができます。



3 洗顔が終わったら、ぬるま湯でしっかりと泡を洗い流します。流し終えたら水でもう一度流すことで毛穴を引き締めることができます。



4 クリーム、ジェルなどはできるだけ油の少ないものをえらびましょう、乳液や黒ずみ系のジェルなんかオススメです。

寝る前に行う角栓と黒ずみのケア法

黒ずみやニキビ用の化粧水や美容液、ローションをコットンにしみこませ顔に浸透させるのもいいですし、手をしっかりと洗い、綺麗な状態であれば、既にそれらをつけて、それを顔に直接しみこませるのも有効です。



面倒なことかもしれませんが毎日これを行っていることで黒ずみやニキビの改善だけではなく、顔へ水分を潤わせることができるのでもち肌を手に入れることもできます。黒ずみに有効な美容化粧水の簡単な選び方としては、ビタミンC誘導体が入っているかどうかです。



ビタミンC誘導体は色々な美容効果がありまして、例えばメラニンの生成を防止し美肌を作ったり、皮脂の過剰分泌を抑制などの美白美容効果が期待できます。できれば、ビタミンC誘導体の化粧品の中でも浸透性の高いものを選びましょう。そうでない場合は、イオン導入器を使用するなど工夫を凝らします。とにかく肌への浸透を考えることです。ビタミンC誘導体を浸透させれば大きな効果が期待できます。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る