中性脂肪を減らす方法。食事や運動、サプリはどう摂る?

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

thick-373064_640

健康診断の結果で中性脂肪の値が要注意・または基準値を超えていると、「値を下げないとどうなるの?」と不安になりますよね。

ちまたには「中性脂肪を下げる」と謳った商品も多数販売されていますが、中性脂肪を下げるにはその種の商品のサポートも借りつつ、まずは生活習慣を見直し、食事や運動で改善するのが重要です。



そもそも中性脂肪とは?増えてしまった場合の問題点を説明してから、中性脂肪値を下げる方法をご紹介していきますね。

中性脂肪とは?

悪役のように思われがちな中性脂肪ですが、どんな役割があるものなのでしょうか。

第一に体を動かすエネルギー源になります。エネルギー源として最初に利用されるのは血中の糖分で、なくなると蓄えられていた中性脂肪が使われます。

また、外気から体を守る・体温を一定に保つ・骨や内臓を防護する大事な役割も果たしています。

つまり中性脂肪は体にとって、必要不可欠なものなのです。

では何故問題視されるのでしょうか?

中性脂肪は食事から摂取した炭水化物や脂質・糖質によって作られるもの。

適切な量の食事や運動をしていれば、その多くをエネルギー源として消費されるのですが、余ると肝臓や皮下脂肪に蓄えられてしまいます。

この余剰分が多いことが問題で、それによって様々な病気を引き起こす原因となってしまうのです。

中性脂肪を増加する原因・影響

エネルギー源として最も優先されるのはたんぱく質です。しかしそのたんぱく質も余れば糖質に分解され、中性脂肪に。

糖質と脂質は後回しになる上、手軽で美味しく感じられることもあり、つい食べ過ぎてしまいがちですよね。こうした糖質や脂質の過剰摂取が中性脂肪増加の大きな原因です。



これが引き金になる怖い病気が動脈硬化症。動脈硬化症は糖尿病と同様に、自覚症状がないまま進行してしまいます。その結果、酷い場合には脳梗塞や脳出血、狭心症、心筋梗塞などを発症してしまうのです。

中性脂肪の基準値。男女年代別の平均は?高いとどうなる?

中性脂肪を減らす方法

road-749528_640

中性脂肪を減らすには生活習慣の見直しが必要で、値によっては改善までに長期を要することもあります。しかし努力しなければ”死に至る病気”を引き起こす可能性もあるので、単なるメタボと考えず取り組んでいきましょう。

ここでは食事・運動・サプリの3つのアプローチからみていきますね。

sp1

食事

①アルコール量を減らす

食事の最初がアルコールになってしまいましたが、これは最も影響の大きいものです。

完全に止めることは不可能でも、出来るだけ減らすようにしてください。またアルコールを飲むと塩分の強いものを欲する、食欲が増進されるタイプなら尚更控える必要があります。

②青魚を食べる

イワシやサバ、アジ、カツオ、ブリといった青魚には、中性脂肪値を下げるDHAやEPAが豊富に含まれています。たんぱく質は出来るだけ青魚を中心に摂取するようにしましょう。

魚の脂派酸化しやすいので、刺身で食べるのがベストとも言われています。

③肉類は脂肪の少ない部位を!

赤身肉や鶏のささみ・むね肉といった脂肪分の少ない部位を選び、脂肪分の多い肉はなるべく避けてくださいね。とんかつではロース、焼肉ではカルビを好んでしまう人は要注意!

④野菜・海藻類を食べる

野菜やキノコは中性脂肪を下げる働きがあり、特に玉ねぎは血液をサラサラにする効果も高いもの。積極的に食べましょう。

若布や昆布の成分であるアルギン酸は、血糖値やコレステロール値の抑制作用もあります。

⑤納豆

納豆キナーゼは血栓を溶かしやすくする作用があり、脳梗塞や心筋梗塞等の血栓症の予防になります。この他にもアマニ油、エゴマ油等に多く含まれている、αリノレン酸や黒酢も中性脂肪対策にオススメです。

運動

有酸素運動を毎日30分以上行いましょう。水泳・ウォーキング・ランニング等が効果的ですが、時間が無ければ通勤時に1駅分余計に歩く等の工夫をし、少しでも運動の機会を作ることが大切です。

サプリ

毎日の食事や運動が、どうしても不規則になってしまうこともありますよね。そういった時を含め、サプリメントで必要な栄養素を摂取することもオススメです。

EPAやDHA成分の含まれたものや、これに納豆キナーゼが含まれた等、様々な種類のサプリメントが販売されています。予算や期待する効果に合わせて選んでください。こちらも継続することによって効果が実感されます。

ニッスイのイマークS、初回限定で10本1,000円+送料無料!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る