急性胃腸炎はストレスが原因って本当ですか?【症状・食事・治療】

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

急性胃腸炎の原因って?

huku

ウイルスが原因

何気なく日常を送っていると何の前触れもなく突然激しい腹痛に襲われるという経験はございませんでしょうか?中には腹痛といえども休んでいればすぐに解消するものもございますが、もしこれが急性胃腸炎であればかなり危ないので放置はいけません。



急性胃腸炎とは、大半がウイルスが感染することにより発症する胃腸炎です。ごく稀に細菌性のものもございます。感染経路は質の悪い食品、ウイルスが繁殖している食べ物を摂取することで食中毒が発症します。



また、ニュースなどでよく取り上げられる黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンが原因で発症する食中毒は症状がウイルス性腸炎にそっくりなため医療機関では急性胃腸炎と診断されるケースも少なくはありません。



もちろん、日本国内でも古くなってウイルスが繁殖したような食品を食べれば感染する可能性は高いといえますし、海外、特に発展途上の国へ行くと衛生面は極めて悪いです。そこから感染することも多いわけです。

ストレスが原因

また、急性胃腸炎の定義は、「急性に発症する胃腸炎」ですので必ずしもウイルスが原因とも限りません。どういうことかというと、ストレスが原因でもあったりするのです。特に現代人はストレスをためやすい環境下にいます。



ただでさえ、仕事でトラブルが生じたり、人間関係がややこしかったり...仕事以外でも友人同士の関係がこじれそれが周囲に影響してしまいストレスをためる...このようにストレスを感じると自律神経が過剰に働き、胃液が大量に分泌されます。結果的に胃の粘膜が少なくなるのため、それが原因で激痛に襲われることもあります。

生活習慣が原因

実は食生活も原因でもあったりします。普段から油っこい食事やアルコールの多い食生活を送っているとこれも胃の粘膜を消費する原因になります。もちろん、付き合いなどでたまに食生活がいけない状態になるのはそこまで問題はないのですが、こういった生活を日常化してしまいますとある日突然激痛に襲われることがあります。

急性胃腸炎の症状ってどんなもの?

daiet


このように、ウイルス、細菌、ストレス、日常生活が原因で生じる急性胃腸炎というものを発症すると激痛におそわれるといいますが、そのほかの症状はどんなものがあるのでしょうか?それは、腹痛、下痢、嘔吐、発熱、倦怠感といったものです。



この症状だけをみると、風邪やインフルエンザにも思えます。しかし、風邪に関してはそこまで激しい下痢に襲われることは少ないのではないでしょうか。たとえば、ウイルスが感染して発症する急性胃腸炎の場合、水のような下痢が続くことがあります。



しかも、ご飯を食べてもすぐに下痢が出ます。水を飲んでも下痢が出ます。栄養や水分を摂取しないと行けないのに...辛い症状がしばらく続きます。ですから、ウイルスに感染したのであればすぐに風邪との違いは判断できます。まだ、酷いケースになると血液低下、意識障害まで招くことがございますので要注意です。

sp1

急性胃腸炎を食事だけで治療する!

kajitu


もちろん、食事がが取れないような場合、痛みが非常に激しい場合は、他の病気の可能性もありますので、ぜひ病院に行くべきです。ただ、一般的な症状で当てはまる場合、また、水分が取れる場合は、基本的には休息をとって体力を回復して治療することが重要になります。ウイルス性、ストレス、食生活など原因は様々ありますが食事と休息だけで解消することができます。

十分な睡眠をとる

睡眠をとるということは脳と体を休ませる最高のリラックス法です。つまりは、ウイルスやストレスによって侵された体を癒すうえではこれが最適です。特に眠る時間が少ないという人は、せめて病気になったときぐらいはぐっすりと眠って体力回復に努めてください。

入浴を行う

風邪をひいたときは入浴を行うことは行けないなどともいわれていますが、実は入浴を行うと体中の血流の循環を良くしてくれるため内臓の働きが良くなります。特に病は腸からです。腸をはじめとした内臓たちを活性化させ免疫力を向上させることで治療を早めることができます。

水分をしっかりととる

人間の60%は水でできています。ですのでその水がきれいなものであれば健康な体を作れるというのはもっともです。特に病気にかかったときはできるだけ体循環を行い体の水分を良質な水へ入れ替えましょう。毒や老廃物、疲労物を排出し、新しいきれいな水を入れることで治療を早めることができます。



ただ、水分もなんでも良いわけではなく、基本は水にしましょう。スポーツドリンクは砂糖がたっぷりと使われている他添加物もたくさん入っているのでそれを浄化するためにエネルギーを消耗します。では、栄養素はどこから摂取すればよいのか?

寝込んだときこそサプリメントを!

寝込んでなかなか固形物が食べにくくなっているときこそ、サプリメントやプロテインを活用しましょう。特に人間の体の20%はタンパク質でできています。免疫細胞もタンパク質でできております。そのため、病気を治すときはタンパク質の摂取は非常に重要なのです。そのうえ、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルスなどが含まれた良質なマルチビタミンを摂取することで治療を早めることができます。ただし、サプリメントは粒が大きいものもありますので、飲めるときに注意して飲んでください。

もちろん食事もしっかりと!

まさか、具合の悪いときにカップ麺やコンビニ食、ファーストフードなど消化の悪いものを食べる人はなかなかいないと思いますが、基本的に寝込んでいるときは消化が良くて栄養価の高いものを中心に食べるようにしてください。まずはおかゆや重湯などで体調を整えてください。



その後、食欲が出てきていろいろと食べられそうになってきたら、玄米、野菜、豆腐など栄養価が高い食べ物を食べていきます。このようにして体力をつけることがウイルス、ストレス、荒れた胃のケアと全てにつながります。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

サボテン丸

サボテン丸あっとえんざいむ編集部の一員

投稿者プロフィール

あっとえんざいむでは主に病気カテゴリーを中心に書いております。
サボテン丸ってあだ名は適当に命名されました笑

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

ページ上部へ戻る