アルギニンを活用したダイエット方法!効果的な摂取量とは?

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

アルギニンとはアミノ酸の一つで、成長ホルモンの分泌を促進することで脂肪燃焼の効果が得られます。ここでは、アルギニンを活用することでそのようなダイエット効果が得られるのか解説していきたいと思います。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進する

sapuri


アルギニンは、非必須アミノ酸で体内での合成が可能なものですが、そこまでたくさん合成することができないため、準必須アミノ酸に分類されています。



ですから、意識的な摂取が必要です。食品でいえば、大豆製品や鶏肉に含まれているため、これらを心がけて食べれば摂取自体は難しくありませんが、ダイエットとして考えるのであればやはりサプリメントが効率的です。



アミノ酸の中には、肌を作る、筋肉を作る、脂肪の燃焼を行うなど色々とございますが、アルギニンは特に脂肪の燃焼が期待できます。その一番の理由は成長ホルモンの合成をおこなうアミノ酸であるためです。



成長ホルモンの分泌は脂肪の燃焼で重要な役割を担っておりまして、もしこれが減少してしまうと脂肪の燃焼効率が悪くなります。軽い筋力トレーニングを行ってからの方が脂肪燃焼効果が高くなると言われるのも成長ホルモンの分泌が良くなるためです。



肥満の方に、アルギニンを投与したところ1時間後には体脂肪の分解が行われたという結果が報告されております。すなわち、成長ホルモンは体脂肪の分解を行うことができる素晴らしいアミノ酸ということになります。



その他、成長ホルモンが分泌されることにより、脂肪の代謝を促進、食欲の抑制、筋肉量を増やすなどといった効果が期待できます。これら全てダイエットよいと思われますので、減量中の方は、食事ももちろんですが、ジムでトレーニングをする前などアルギニンを活用するとよいですね。

sp1

アルギニンはリパーゼを活性化する

daiet


リパーゼとは、脂肪燃焼酵素とも呼ばれておりまして、脂肪を分解し血中に流す作用がございます。アルギニンを摂取することでそのリパーゼの活性化を促せます。



つまり、体脂肪の分解もスムーズに行われ、有酸素運動を行えば脂肪が燃焼しやすい状態へと導いてくれるのです。はい。有酸素運動が必要です。ランニング、ウォーキング、自転車、お好きな有酸素運動を行ってください。



ここで、もし、有酸素運動を行わないというのであれば、アルギニンを摂取する意味がありませんというよりも、逆効果になるので辞めてください。なぜかというと、分解された脂肪は血中に流れている状態です。



ここで、有酸素運動を行えば燃焼しやすいのですが、放置してしまうと、これが体脂肪として体中に蓄積されてしまうからです。もちろん、アスリートの方であれば、とてつもない運動量かと思いますが、



ビギナー向けに軽くウォーキングを行う程度でも燃焼効果は得られるので摂取したらとりあえず気軽に歩く程度で良いので有酸素運動を行ってみてください。

ビタミンB群でアルギニンの吸収を高める。

mizu


ビタミンB群は、糖質、脂質、タンパク質の代謝を行うためプロテインや他のサプリメントと一緒に摂取するのも良いのですが、実はアルギニンとも相性が良く、その吸収率を高めてくれます。



もし、アルギニンのサプリメントを購入する場合、ビタミンB群が含有されているものもしくは、一緒に購入すると良いですね。ちなみに、摂取量ですが、1日に2000~4000mg以上が目安です。



サプリメントを活用すればクリアできるかと思います。食品だとどうしても高カロリーなものになってしまうため、やはりダイエットのことを考えるのであればサプリメントをオススメします。運動量が多い方は、1日あたり10,000mg以上をオススメします。



〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  3. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  4. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  5. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  6. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  7. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  8. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  9. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  10. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る