【痩せた!】温野菜ダイエットの効果と方法。簡単な成功レシピは?

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

ダイエットは本当にたくさんの種類がありますが、最近「温野菜ダイエット」という方法が注目されています。

温野菜といえば、生のまま野菜を食べるより食べやすいイメージですよね!野菜がちょっと苦手・・・といった人も、温野菜にすると食べやすいのではないでしょうか。温野菜は自宅で簡単に調理することが出来るので、もし本当にダイエット効果があるならぜひ取り入れていきたいですよね!

そこで、温野菜ダイエットの効果や方法について詳しくまとめてみました。

  • 温野菜ダイエットの効果
  • 温野菜ダイエットの方法
  • 簡単な成功レシピ

まずは、温野菜ダイエットにどのような効果があるのか見ていきましょう。

温野菜ダイエットの効果について

温野菜ダイエットには、このような効果があります。

①低カロリーである

温野菜は野菜の種類にもよりますが・・・かなり低カロリーなので、たくさん食べても太りにくいです。温野菜によく使われる野菜で、100gあたりのカロリーがこちらです。生の状態でのカロリーなので、温野菜にした場合は1~2kcal前後する可能性があります。

  • かぼちゃ・・・・・91kcal
  • にんじん・・・・・37kcal
  • ブロッコリー・・・33kcal
  • キャベツ・・・・・23kca

②便通が良くなる

食物繊維が豊富に含まれている野菜を温野菜にすると、便通が良くなりますよ!便通を良くするためにおすすめの野菜がこちらです。

  • ごぼう・・・・・・100gあたり6.1g
  • かぼちゃ・・・・・100gあたり3.6g
  • ブロッコリー・・・100gあたり3.7g
  • ほうれん草・・・・100gあたり3.6g

③体を冷やさない

生のまま野菜を食べると、野菜に含まれている水分で体を冷やしてしまいますが・・・温野菜にすると体を温めてくれる効果がありますよ!体が温まると代謝が良くなるので、脂肪が燃えやすくダイエットにつながります。



では実際に、温野菜ダイエットはどのように行えば良いのでしょうか?続いて温野菜ダイエットの方法について、説明していきたいと思います。

温野菜ダイエットの方法とは?

温野菜ダイエットの方法ですが、低カロリーだからといって食事を温野菜に置き換えるのはやめましょう!食事を温野菜に置き換えると摂取カロリーを抑えられますが、栄養バランスが乱れてしまい健康的なダイエットにはなりません。体調を崩してしまったり、リバウンドしやすくなってしまうので注意しましょう。



おすすめなのは、毎日の食事の前に温野菜を食べる方法です!ちゃんとカロリー計算されているメニューなら、特に変更する必要はありません。食事の前に温野菜を食べると満腹になりやすく、食べすぎてしまうのを防げます。また、温野菜を食事の前に食べると体の血糖値がゆるやかに上がるので、体に脂肪が付きにくいです。



そんな温野菜ダイエットですが、簡単に出来るレシピを紹介したいと思います!

簡単に温野菜ダイエットが出来るレシピとは?

sp1

温野菜は茹でて調理すると、水溶性のビタミンが水に溶けてしまうのでもったいないです!なるべく栄養素を残すためには、蒸し器や電子レンジで調理することをおすすめします。茹でないので、水溶性のビタミンや他の栄養素が野菜に残りやすいですよ。蒸し器と電子レンジだと、電子レンジを持っている人の方が多いと思うので、電子レンジで温野菜を作る方法について紹介したいと思います。

電子レンジで温野菜を作る方法

①野菜をカットする

野菜はなるべく同じ大きさにカットするようにしましょう。野菜の大きさがバラバラだと、加熱した際にムラが出来てしまいます。

②野菜を水洗いする

野菜を水洗いした後は、水分を切りすぎないように気を付けましょう。水分を完全に切ってしまうと、加熱した際に野菜が干からびてしまいます。

③野菜を器に入れて電子レンジで加熱する

野菜を器に入れたら軽くラップをします。器を完全にラップで塞いでしまうと、加熱した際に野菜が爆発してしまうので注意しましょう。電子レンジの加熱時間ですが、野菜にもよりますが大体2~3分位でOKです!

電子レンジの機能に「ゆで野菜」がある場合は、ぜひ利用して下さい。



このように、電子レンジだと温野菜が簡単に作れるのでおすすめですよ!調理時間もほとんどかからないので、毎日継続しやすいのではないでしょうか。



温野菜の味付けですが、カロリーを抑えるためにポン酢を使う人が多いです。しかし、野菜には水溶性と脂溶性のビタミンが含まれており、脂溶性のビタミンは油と一緒に摂らないと摂取出来ません。そのため、温野菜はポン酢よりもドレッシングをかけて食べるのがおすすめですよ!

ドレッシングもノンオイルでは意味がありませんから、必ず油が使われているものを選ぶようにしましょう。ちなみにポン酢と油を使用したドレッシングのカロリーがこちらです。


たしかにドレッシングの方がカロリーは高めですが、他の食事で調整すれば問題ないでしょう。

  • ポン酢・・・・・・10gあたり5.6kcal
  • ドレッシング・・・10gあたり20~50kcal前後

まとめ

  • 温野菜は低カロリーなので、たくさん食べても太りにくい
  • 食事を温野菜に置き換えないで、食事の前に温野菜を食べるのがおすすめ
  • 温野菜は電子レンジで簡単に調理することが出来る

基本的に温野菜は低カロリーなので、ついたくさん食べてしまいがちですよね!しかし、にんじんやじゃがいもといった野菜は、あまり食べ過ぎないようにしましょう。にんじんには糖質が、じゃがいもには炭水化物が多く含まれていますから、食べ過ぎると逆に太ってしまう可能性がありますよ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  3. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  4. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  5. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  6. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  7. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  8. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  9. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  10. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る