マグロの赤身ダイエットは高カロリーで栄養価も満点!食べ過ぎは水銀が心配?

Pocket

↓↓お得で便利な美容グッズがたくさん!↓↓

マグロといえば、日本をはじめとして世界でも漁獲されている回遊性の大型肉食魚で、テレビで築地でマグロの競りやさばいているシーンを見たことはありませんか?赤身の魚で全長は60cmほどの小さなものから3m以上の大きなものまで存在します。

さて、マグロですがお寿司屋さんや定食屋さんへ行ってもマグロはやっぱり人気の品の一つですよね。自宅でもマグロとアボカドを合わせてマグロ漬け丼なんて作るととっても美味しいうえに栄養価も満点です。そのマグロはダイエット食品として活用することができるのはご存知でしょうか?

それに、お魚ですからお肉よりも油が体になじみやすいのです。そういったことからもマグロは健康的にダイエットを行う上でもおすすめの食材の一つでもあります。そこで、今回はマグロのカロリーや栄養価、ダイエットへの活用法、そして食べ過ぎは大丈夫?など解説させていただきたいと思います。

マグロのカロリーや栄養価について。




マグロはカロリーが高いイメージが高いですね。トロになると脂が乗っているためカロリーが高いのですが、一般的にマグロと呼ばれている赤身の部分はそこまでカロリーは高くはありません。それに、脂であり糖質ではないのでカロリーは高くてもそこまで太らないと考えられますね。

では、200gあたりの三大栄養素を見てみましょう。エネルギー(250kcal)、タンパク質(52.8g)、脂質(2.8g)、炭水化物(0.2g)となっております。やはり、高たんぱくな食品ですのでダイエットに良いのも頷けます。そのほかの栄養素はどうなのでしょうか?

ビタミン

ビタミンA 166μg

ビタミンD 10μg

ビタミンE 1.6mg

ビタミンB1 0.2mg

ビタミンB2 0.1mg

ナイアシン 28.4mg

ビタミンB6 1.7mg

ビタミンB12 2.6μg

葉酸 16μg

パントテン酸 0.82mg

ビオチン 3.8μg

ビタミンC 4mg

ミネラル

ナトリウム 98mg

カリウム 760mg

カルシウム 10mg

マグネシウム 90mg

リン 540mg

鉄 2.2mg

亜鉛 0.8mg

銅 0.08mg

マンガン 0.02mg

ヨウ素 28μg

セレン 220μg

脂肪酸

飽和脂肪酸 0.5g

一価不飽和脂肪酸 0.58g

多価不飽和脂肪酸 0.38g

脂肪酸総量 1.56g

n-3系 多価不飽和 0.34g

n-6系 多価不飽和 0.06g

18:1 オレイン酸 380mg

18:2 n-6 リノール酸 16mg

18:3 n-3 α-リノレン酸 6mg

18:4 n-3 オクタデカテトラエン酸 12mg

20:2 n-6 イコサジエン酸 2mg

20:3 n-6 イコサトリエン酸 2mg

20:4 n-3 イコサテトラエン酸 8mg

20:4 n-6 アラキドン酸 32mg

20:5 n-3 イコサペンタエン酸 54mg

22:5 n-3 ドコサペンタエン酸 22mg

22:6 n-3 ドコサヘキサエン酸 240mg

アミノ酸

イソロイシン 2400mg

ロイシン 4000mg

リシン(リジン) 4600mg

含硫アミノ酸 2000mg

芳香族アミノ酸 3600mg

トレオニン(スレオニン) 2200mg

トリプトファン 600mg

バリン 2600mg

ヒスチジン 4800mg

アルギニン 2800mg

アラニン 2800mg

アスパラギン酸 4800mg

グルタミン酸 7000mg

グリシン 2200mg

プロリン 1700mg

セリン 1900mg

アミノ酸合計 50000mg

アンモニア 700mg

そのほか

食塩相当量 0.2g

参考)文部科学省 食品成分データベース

sp1

マグロダイエットは実践可能なのか?




マグロはカロリーや栄養成分を見る限りやはりダイエットに向いていると考えられます。一番簡単なやり方は普段食べている糖質の摂取量を減らしてまぐろを食べるということです。糖質制限ダイエットと置き換えダイエットに当たりますね。オススメのメニューはまぐろとアボカドです。その理由はアボカドは確かに高カロリーではありますが栄養価が高いのです。マグロで不足しがちなビタミンB群が豊富です。

マグロとアボカド和え


1 マグロを1cm角に切る

2 アボカドの皮をむき1cm角に切りレモン汁をまぶす

3 ボールに醤油、みりん、ワサビを入れて混ぜ合わせる

4 3にまぐろ、アボカドを加えて和える

5 器に青シソを敷きマグロとアボカドを盛りつけて完成



まぐろとアボカドを食卓に入れてみましょう。もちろん、マグロだけで健康を維持するのは難しいですが食べ物はバランスをそろえて初めて健康づくりができます。そういった意味ではバランスを整える栄養食品の一つとしてマグロを採用するのはオススメです。

マグロの食べ過ぎは水銀の過剰摂取になる?


マグロは魚介類の中では比較的水銀が多く含まれている魚です。妊婦がメチル水銀を摂取すれば胎児への悪影響が心配されますし、それ以外の人でも中枢神経に影響を与えます。WHOの指定した水銀の摂取量上限はPTWI(1.6μg/kg体重/week)となっております。普通の生活をしているのであれば、これを超えることはまずはあり得ないのですが、マグロのようにメチル水銀の濃度が高い魚は食べ過ぎてはいけません。特に妊婦の方は注意が必要です。

妊婦のマグロの摂取量

クロマグロ 7日間で80gまで

メバチマグロ 7日間で80gまで

ミナミマグロ 7日間で160gまで

一般人のマグロの摂取量

7日間で2回以内(合計100~200g)

となっております。確かにダイエット食品として活用することは可能ですが毎日置き換えとして活用するのは難しいわけです。そのため、一般の方であれば週に二回ほどマグロを食べる日を決めて他の日は違う食材でダイエットに励むと良いです。また、その方が栄養バランスも整えやすいです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 鮮やかなイエローのカラーと、コロンとした見た目もキュートなグレープフルーツ。 グレープフルーツ…
  2. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  3. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  4. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  5. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  6. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  7. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  8. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  9. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  10. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る