アイススケートの消費カロリーは1時間いくら?運動効果とダイエットに取り入れるコツは?

Pocket

↓↓【お試し1480円】冬の乾燥スキンケア!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

ウィンタースポーツといえば、スキーやスノーボードに加え、アイススケートを楽しむ人も多いですよね♪

アイススケートは、自分のペースで取り入れることができ、スキーやスノーボードなどの高度なテクニックを必要としない気楽なウインタースポーツです。

ここでは、アイススケートを行うことで消費されるカロリーの詳細や、気になる運動効果、ダイエットに取り入れる際のコツなど、知っておきたいお役立ち情報を一挙大公開していきます!

アイススケートで消費されるカロリーが気になる!

アイススケートを趣味としている人や、最近はじめたみなさんにとっても、消費されるカロリーは気になるポイントですよね!

アイススケートの消費カロリーをリサーチしてみると、体重50kgの場合、1時間滑ることで345kcalもの消費がされることが判明!

スキーやスノーボードなど、ハードなウィンタースポーツでも消費されるカロリーは同じくらいなので、カラダに無理のかからないスケートなら、カンタン手軽に消費カロリーをUPすることができそうですね♪

アイススケートの運動効果をチェック!

アイススケートをすると、運動不足の解消にもなりますし、解放感がプラスされて、ストレスやイライラなど、ココロの疲れも一緒になくすことがOK!

そこでアイススケートの運動効果にフォーカスを当てて、気になる詳細をリサーチしてみました★

1.運動能力がグンとUPする!

アイススケートを行うと、カラダ全体の筋肉がバランス良く活動され、滑るほどに運動能力がUPします。

運動能力がUPすると、アイススケートによる高度なテクニックも難なくクリアできるようになり、さらに楽しい気持ちで滑ることができます。

2.腹筋・背筋が鍛えられる!

全身の筋力トレーニングをしているのと同じようなメリットをもたらしてくれるアイススケート。滑ることで適度に筋肉を緊張させ、刺激を与えることで腹筋と背筋が鍛えられます。

3.ハムストリング(太ももの内側)が鍛えられる!

脂肪が付きやすく、なかなかシェイプアップやサイズダウンが難しいとされているハムストリング。

アイススケートを行うと、両足のハムストリングにチカラが入るため、自然と筋肉が鍛えられ、シェイプアップやサイズダウン、引きしめの効果が得られていきます。

ハムストリングをアイススケートで鍛えておくと、脂肪が付きにくいメリットもあるので運動とダイエットの両方の効果が実感できるでしょう。

アイススケートでダイエットがしたい!減量のコツって?

sp1

カラダ全体を動かすアイススケートを、ダイエットに活かしたいと思う人、男女ともに多いのではないでしょうか?

消費されるカロリーも高いアイススケートなら、ダイエットが成功しやすい期待が持てますよね!

さっそく、アイススケートでダイエットをするポイントについてチェックしていきましょう★

1.「ハ」の動きを繰り返す!

アイススケートでダイエットに成功するコツは、滑り方にちょっとした工夫をしてみること!

アイススケートを滑るときに、はじめに肩幅くらいに足を広げて立ち、少しだけ膝をゆっくりと曲げます。

そこからつま先をまたゆっくりと徐々に広げ、「ハ」の字を描くようにします。

足を開ききってから、今度はまたゆっくりとつま先を徐々に閉じる滑り方を繰り返してみましょう。

アイススケートで「ハ」の字を意識して滑ると、気になる下半身のシェイプアップやサイズダウンにつながり、ダイエット効果が実感できるようになります。

2.時間を徐々に長くして滑る!

ダイエットの効果が出やすいといわれている有酸素運動の一種であるアイススケート。有酸素運動は、20分行うだけでもどんどん脂肪が燃焼されるといわれているんです。

そのため、ある程度の時間をかけて長く滑ることがダイエット成功の秘訣!はじめは20分、徐々に5分ずつ長くするなど、無理のかからない程度に滑る時間を長くして、カロリーを消費していきましょう♪

3.プロテインの摂取をして滑る!

ダイエットや健康食品の代表であるプロテインは、世界中で愛飲されているアイテムのひとつ。

ダイエットに特化されて製法されたプロテインを、アイススケートの前に摂取しておくと、有効成分のはたらきによって滑りながらの脂肪燃焼をサポートしてくれます。

プロテインには、メリハリのあるボディスタイルを叶えるための高品質なタンパク質が高含有されています。

アイススケートとプロテインを併用することで、適度な筋肉を育成でき、メリハリのあるボディスタイルへと整えることができるでしょう。

アイススケートで運動能力&ダイエット効果がUP!おわりに

滑る感覚がクセになるアイススケートは、運動能力を高めながら、ダイエットにもたくさんのメリットをもたらしてくれることがわかりましたね!

ハードなトレーニングとは違い、無理なく続けられるアイススケートなら、楽しみながらダイエットができ、ストレスも解消できるとっておきの方法となっています♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



おすすめ関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る