効果的なヘアオイルの使い方!朝・夜・寝る前?頻度や注意点は?

Pocket

↓↓【TVでも話題】乳酸菌で腸内ケア!↓↓
女性向けLP

お肌やボディの保湿や美肌ケアとして多くの女性が活用している美容オイル。今では髪に使えるヘアオイルもラインナップが充実していますよね♪

そんな中、まだヘアオイルを使ったことがない方たちや、愛用中ではいるものの、「効果的なヘアオイルの使い方やタイミングが知りたい!」という声が多く寄せられている模様。

ここでは、髪と頭皮にたくさんのメリットをもたらしてくれるヘアオイルの効果的な使い方や、塗るタイミング、使用の頻度や知っておきたい注意ポイントを徹底リサーチ!

今ヘアオイルを愛用中の方、これから使うことを検討中のみなさんに役立つ情報をたっぷりとお届けしますね♡

ヘアオイルにはどんなメリットがあるの?

はじめに、ヘアオイルを活用することで得られる、頭皮と髪への効果を知っていきましょう♪

1.保湿効果

髪や頭皮は栄養やうるおいが届きにくいパーツのため、乾燥トラブルが多い性質を持ちます。

ヘアオイルを使うと、頭皮と髪にひつようなうるおいと油分、栄養を与えるため、乾燥知らずの1日を過ごすことができるんですよ♡

2.ツヤを与えてパサつきを緩和する

ヘアオイルのもっとも大きなメリットは、髪に輝くようなツヤを与えること。少しの量を髪に馴染ませるだけでツヤツヤの美肌になったり、パサつきや寝癖が気になるパーツに馴染ませるだけであっという間に美髪へと変わっていきます。

3.まとまりのある美髪に

ヘアオイルは、ボリュームが出すぎてしまった髪につけると、しっとりとまとまりのある美髪へ導きます。

湿気の多い場所にいたり、梅雨の時期でもヘアオイルを使うとすぐにしっとり♪また、パーマやヘアスタイリングなどでボリュームの出方が気になったとき、髪にサッと馴染ませるだけで理想のヘアスタイルへと整えてくれます。

4.紫外線&ドライヤーの熱から髪を守る

ヘアオイルは紫外線ダメージから髪を守る作用があったり、ドライヤーで発せられる熱から美髪のポイントとなるキューティクルを保護するはたらきがあります。

ただ、オイルのため、商品によっては紫外線のダメージに特化していない商品もあるようなので、内容をきちんと確認してみてくださいね★

ヘアオイルの効果的な使い方をマスターしよう♡

たくさんのメリットがあるヘアオイル、さらに興味を惹かれますね!ここでは、ヘアオイルの効果を最大限に活かすための効果的な方法をレクチャー!

さっそくマスターして、理想の美髪を手に入れていきましょう♪

step1.ヘアオイルを数滴手のひらに垂らし、温めます。(温めることで浸透がUP!)

step2.髪の内側から外側に向けてまんべんなくオイルを馴染ませます。手ぐしで梳かすように付けるのが◎!

sp1

step3.パサつきやダメージが気になるパーツには再度オイルを手に取り、温めてから重ね付けをしましょう。

step4.手のひらに残ったオイルを髪全体にもう一度馴染ませ、マッサージをするように頭皮を揉み解して完了です★

商品によっては、塗布する量が変わってくることもありますので、内容を良くチェックしましょう。ロングヘアの人は多めに、ショートヘアの人は気持ち少なめの量が適量となっています。

ヘアオイルでスペシャルケア♪

前項では効果的で基本的なヘアオイルの使い方をレクチャーしました。ここでは、ヘアオイルを応用したケア方法をお伝えしますね♡

シャンプーの前に、ヘアオイルを地肌にやさしく馴染ませ、摺りこませます。髪をホットタオルで巻き、シャンプーキャップをかぶり、5分放置。

その後、ぬるま湯で髪と頭皮を洗い流し、いつものようにシャンプーとトリートメントをすると、これらの有効成分が浸透しやすくなり、スピーディーな美髪効果の期待ができます。

ヘアオイルはいつ付けるといいの?注意点は?

ヘアオイルは、どんなタイミングで付けると効果的なのか、逆に付けてはいけないタイミングがあるのか、気になるところですよね。

ヘアオイルは、付けるタイミングはいつでもOKで、タブーなタイミングはないとされています。

髪や頭皮は時間帯によってコンディションに変化があるため、パサつきや紫外線が気になったときに付け、習慣にすることが美髪への近道になります。

朝であれば、パサつきや乾燥、寝癖が気になりますし、昼間は乾燥や広がりが気になるタイミング。

そして夜はドライヤーによる熱のダメージが気になるため、いつでも活用してOKなのです♪

ヘアオイルを使うときの注意ポイント!

どんなシチュエーションでも活用できるヘアオイルですが、髪が汚れていたり、皮脂や汗によってベタついているときは使うのを控えることがオススメ。

髪が清潔ではない状態にヘアオイルをつけると、余計にベタベタしたり、髪のボリュームがペタンコになってしまうことがあります。

朝やお昼にヘアオイルを使う場合は、あらかじめブラッシングをしておくと、ある程度の汚れやホコリを除去でき、ヘアオイルの効果が実感しやすくなります♪

おわりに

いかがでしたか?

ヘアオイルは、自身の髪のコンディションにあわせて正しく使うことが美髪への近道!

髪のキレイな女性はそれだけで魅力もUPしますので、今までのシャンプー&トリートメントにプラスして、ヘアオイルをぜひ活用してくださいね♡

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



おすすめ関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る