スキー・スノーボードの消費カロリーは1時間いくら?ダイエットに効果的な方法は?

Pocket

↓↓【限定】冬の敏感肌・乾燥肌対策に!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

寒い季節になり、雪が降っている地域も増えてきている中、この記事はスキーやスノーボードなどのウインタースポーツが思いっきり楽しめるときですよね!

スキーやスノーボードを毎冬楽しんでいるみなさんは、ダイエットにこのスポーツを役立てたいと思うことも多いのではないでしょうか?

今回は、スキーやスノーボードを1時間行ったときに消費されるカロリーや、気になるダイエットに効果のある方法を徹底リサーチ!

スキーヤー&スノーボーダーで、このスポーツを楽しみながらダイエットをしたいみなさん、要必見です!

スキー・スノーボードの1時間の消費カロリーは?

さっそく、スキーまたはスノーボードを1時間行うことで消費されるカロリーを理解しましょう!

①スキー1時間の消費カロリー

はじめにスキーを1時間行った場合の消費カロリーをお知らせすると、体重が50kgの場合では約400kcalものエネルギーを消費できます。

これは、7~8メートルをジョギングすることとほぼ同じ消費エネルギーになるんです。

スキーを合計で3時間滑ったとすると、1200kcalもの消費が可能になるため、話題の置き換えダイエットなんかよりもストレスが溜まらず、楽しいダイエットが叶いますよね★

スキーという運動であれば、一般的な運動を行い続ける難しさもなく、楽しい気分でモチベーションもキープできるため、疲れを感じることのない効率的な運動であることがわかります。

スキーを1時間行うだけでも消費カロリーが大きいため、冬場の運動不足も解消できますね!

②スノーボード1時間の消費カロリー

では、スノーボードの1時間の消費カロリーはどれくらいになるのでしょうか…?スノーボード1時間では、体重が50kgの人の場合、約430ものエネルギーが消費できます。

スキーよりも少し消費カロリーが多いのは、スノーボード特有の滑り方や、カラダを捻りながら滑る動作が多いからなのです。

この消費カロリーは、テニスやフットサルなどの球技と同じくらいの消費量となり、ハードなランニングやスイミングにも匹敵することが明らかになっています。

スキーやスノーボードをしながらダイエット!効果的な方法は?

スキーやスノーボードの消費カロリー、意外に大きくてダイエットへの効果も期待できそうです♪

ここでは、スキーヤー・スノーボーダーのみなさんがもっとも気になるポイントである、このスポーツをダイエットに活かすノウハウをお知らせしていきますね!

①なるべく長時間滑ること!

スキーやスノーボードは、お知らせしたように、1時間行うだけでもたくさんのカロリーを消費できます。

そのため、休み休みでもOKですので、滑っている時間を徐々に延ばしていくことがポイントになります。

自身で無理のかからない程度の時間を調整しながら長く滑り続けることで、消費されるカロリーがさらにUPし、翌日にはカラダのサイズダウンなどのメリットが実感できるでしょう。

②自身に合ったウェアー選び!

スキーやスノーボードを長く続け、楽しみながらダイエットをするためには、着心地がよく、動きやすいウェアー選びも大切なポイントになります。

sp1

特にトレンドだけを意識して選んだウェアーは、見た目はカッコイイものの、着心地や動きやすさにウィークポイントがあることも…。

スキーやスノーボードでダイエットを成功させるためには、身につけるウェアーが長時間着ていても負担にならないものがベストなのです★

③ホットプロテインを摂取しよう!

寒いゲレンデでは、温かな飲み物が必須のアイテム。そんな中、スキーやスノーボードによる運動効率を高めるため、プロテインの摂取をしてみましょう。

ダイエットにも効果的なプロテインの摂取は、スキーやスノーボードをしながら、しなやかで丈夫な筋肉を育成させるサポートをしてくれます。

また、プロテインには、BCAAという必須アミノ酸が配合されており、スキーやスノーボードが終わったときの疲労感を緩和してくれたり、滑っている際の集中力をキープしてくれるメリットがあります。

スキー・スノーボードでダイエット!驚くべきその効果とは♪

スキーやスノーボードをすることで得られるダイエット効果って本当にたくさんなんです!ここで驚きの情報をご紹介していきますね★

①ダイエット中のストレスがない!

スキーやスノーボードを行うと、普段はなかなか見られない雪山のキレイな景色や開放感などちょっぴり非現実的な空間に気持ちが前向きになります。

さらに、スキーやスノーボードが終わった後の温泉では身も心もリフレッシュされ、ダイエットにありがちなストレスを感じることがなくなります。

②代謝UPで痩せ体質に!

スキーやスノーボードって、中腰の姿勢で滑ることが多いですよね。この動きは、太ももやお尻、ふくらはぎなど下半身全体の筋肉を使うため、筋力がつくことで代謝がUPしていきます。

スキーやスノーボードでは基本的な体勢をキープするテクニックが必要となるため、体幹を鍛えながら全身のインナーマッスルにアプローチができ、メリハリのある体質へと変わっていくことが期待できます。

おわりに

スキーやスノーボードは、効果的なダイエット方法をマスターしていれば効果テキメンなんですね!事故やケガをしないよう、自分の体調と相談しながら取り組むとよいと思います。

消費されたカロリーが多い分、ついつい食べ過ぎてしまうことに注意して、この冬はスキーやスノーボードでのダイエットを成功させましょう!

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



おすすめ関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る