鰻(うなぎ)のカロリー・糖質は1匹いくら?ダイエット中の食べ方は?

Pocket

↓↓【お試し価格】薄着の季節にダイエット!↓↓
バナー原稿imp

ジューシーで肉厚、食べ応え満点の鰻(うなぎ)は、スタミナをつけるために食べるもの、というイメージが多いですよね。

ここでは、意外と知られていない鰻(うなぎ)のカロリーと糖質を知り、ダイエット中でも安心して食べられるとっておきの秘策をご紹介していきます!

鰻(うなぎ)のカロリーと糖質はやっぱり高い?

鰻(うなぎ)って、カロリーも高いし糖質も多い…。という認識がある中、詳細を調べてみると…!?

鰻(うなぎ)のカロリーは100gで293kcal

イメージの通り、鰻(うなぎ)のカロリーはやっぱり高いですね。鰻(うなぎ)の白焼きだと100gあたりで331kcal。

さらにうな丼のカロリーは、ご飯がプラスされるので700kcal程度。ただ、鰻(うなぎ)とご飯の量を半分ずつに調整すると、350kcal程度になり、ダイエット中でも食べられそうですね♪

鰻(うなぎ)の糖質は!?

カロリーの次に鰻(うなぎ)の糖質をリサーチしてみると…。うな重1人前の約353gで80.9g、鰻(うなぎ)の蒲焼き約100gでおよそ3.1gの糖質を含んでいます。

この数字を見てみると、鰻(うなぎ)そのものの糖質はそこまで高くないことがわかり、糖質制限のダイエット中にも食べることができそうですね。ご飯がプラスされることでカロリーと糖質が高くなることがわかりました。

鰻(うなぎ)にはダイエットにも役立つ栄養素が!

ダイエット中にはNGと思われがちな鰻(うなぎ)ですが、実はシェイプアップにアプローチできる栄養素が豊富に含まれているんです!気になる詳細をチェックしていきましょう。

タンパク質

鰻(うなぎ)には、筋肉を育成することで基礎代謝を高めてくれる高品質なタンパク質が豊富に含まれています。

筋肉の生成に深いかかわりのあるタンパク質は、筋肉をつけながらダイエットをするためにもっとも効果的な栄養素。

筋肉をつけながらダイエットをすると、メリハリのある体型になれたり、基礎代謝が上がることで1日に消費されるカロリーを増やすことができます。

すると、痩せやすい体質になったり、ダイエット後のリバウンドを防ぐメリットがあるのです。

DHA・EPA

ここ何年かで、DHA・EPAを配合したダイエットサプリメントが多くラインナップされるようになっています。

鰻(うなぎ)に含まれているDHAとEPAは、身体の中性脂肪や皮下脂肪を減らしたり、食事から摂取されるコレステロールの吸収を抑える働きを持ちます。

また、血液をサラサラにして健康な血をつくるメリットもあるため、ダイエットをしながら健康にも気を配れる成分となっています。

ビタミンB1

鰻(うなぎ)には、ダイエットに役立つビタミンB1も配合されています。このビタミンB1は、食事から摂取された糖質を消費されるエネルギーへと変える作用を持ちます。

糖質が身体の中に吸収されると、ダイレクトに脂肪に変換されてしまい、太る原因を作ってしまいますので注意が必要です。

sp1

ビタミンB1は、糖質が脂肪に変わってしまう前に消費エネルギーに変換し、脂肪の蓄積を予防する効果があります。

ダイエット中でもOK!安心して鰻(うなぎ)を食べるためには!?

鰻(うなぎ)には、意外に知られていなかったダイエットサポート成分が配合されているため、食べ方を気をつければ、ダイエット中でも◎!ここで、ダイエット中の食べ方を知っていきましょう。

鰻(うなぎ)をサラダにしよう♪

ダイエット中は、うな丼やうな重など、糖質もカロリーも高い食べ方はガマン!鰻(うなぎ)をヘルシーに食べるためには、生野菜と組み合わせたサラダにすることです。

鰻(うなぎ)の蒲焼にキュウリやレタスなどの水分が多く、さっぱりとした食感が美味しい野菜に春雨をプラスし、豊富なアミノ酸で脂肪燃焼をサポートするお酢をかけると、鰻(うなぎ)の味が消されることなく食べ応えのあるレシピに変身します。

これらを組み合わせたレシピは、満腹感も得られるので主食として食べることもオススメです♪

山椒をかけるとダイエット効果がUPする!

ダイエット中に鰻(うなぎ)を食べるときには、風味が増す山椒をかけましょう。山椒は、鰻(うなぎ)をさらに美味しくさせるだけではなく、ダイエット効果もあります。

気になるその理由は、山椒に含まれているサンショオール!この辛み成分によって、カラダの血流やめぐりを良くしてくれる働きがあり、身体が芯から温まります。

サンショオールの作用で適度に体温が上がると、身体の細胞や内臓の活動が活性化し、新陳代謝が上がることでその日の消費カロリーをさらに多くすることができ、ダイエットにつながります。

この食べ方はNG!太ってしまう鰻(うなぎ)の食べ方

最後に、太ってしまう鰻(うなぎ)の食べ方を知っておきましょう。

①鰻(うなぎ)ばかりを食べてダイエット

②鰻(うなぎ)を食べながら運動をまったくしない

③カロリーの高い鰻(うなぎ)の白焼きを食べること

鰻(うなぎ)はダイエット中にも◎!おわりに

鰻(うなぎ)は、食べ方のポイントを抑えておくと、ダイエット中でも安心して食べられることがわかり、嬉しい情報でしたね!

ご紹介した方法を正しく守り、美味しい鰻(うなぎ)をみなさんのダイエットにお役立てくださいね♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る