寒天ダイエットの効果的な方法【注意点や成功レシピを解説!】

Pocket

スポンサーリンク





kanten

 

そもそも寒天ダイエットってなに?


食べる順番ダイエットの記事でもお話ししたように、ダイエットのコツは、カロリー摂取を抑えることと、食事制限を行う。そして適度な運動をしっかりと行う。です。これを守っていればダイエットは成功しやすいです。

実際、痩せることができない人はこの3つの一つも守れていないことが多いです。運動は無しにしても、肥満気味の方であれば、食事制限と血糖値上昇の抑制ができればそれなりの結果は見込めるかと思うのですが、できていないわけです。

もちろん、普段どか食いする人がいきなり食事制限を行ってください。といわれてもなかなかできるものではございません。そこで、カロリーが控えめの食品、

満腹感のある食品という条件を満たした、寒天での置き換えダイエットをオススメします。それだけで、摂取カロリーを自然と減らすことができます。


寒天ダイエットの効果的な方法とは?


寒天は腹もちがよいのにもかかわらず、カロリーがゼロキロカロリーなため、置き換えダイエットとしては有効な食品です。寒天ダイエットをダイエットとして役立てるにはやはり置き換えダイエットになるわけですが、そのやり方は二通りございます。

1 1日3食のうち1食を寒天に置き変える方法
2 食事に寒天を取り入れてカサ増しを行う方法

この二つの方法がございます。ただ、1はカロリーの摂取不足になってしまったり、反動で他の二食をどか食いしてしまう可能性も考えられますので、すこし面倒かもしれませんが、2をおすすめします。

普段の食事の一部に寒天の粉末を入れて、満腹感を得るということですので、寒天の他、カロリーのある食品も摂取できますので、そこまで空腹感に襲われず、どか食いするという危険リスクも避けられます。

それに、寒天を色々なレシピに使えるので、飽きずに実践していくことができます。

 

寒天ダイエットの注意点とは?

chui

スポンサーリンク


寒天ダイエットを行う上で注意しなくてはいけないことがございます。寒天はエネルギー摂取には向いておりませんので、それをメインの食品としてはいけません。

人間はしっかりと栄養を摂取しないと生きては行けず、カロリーも摂取しなくては代謝が落ちますので逆効果になります。それに、五大栄養素(脂質、炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラル)といった人間には必要不可欠な栄養成分を寒天では補えません。

特に、人間の肉体は水とタンパク質で構成されているようなものですから、摂取を怠ると、お肌はカサカサ、筋肉は痩せ細り隠れ肥満の危険性も懸念されます。

あくまでも、一部の置き換えとして取り入れることを目的とし、それをメインにしてはいけません。普段豆乳を飲むのであればそこに寒天の粉末を入れてみたり、ご飯をたくさいに寒天の粉末を入れてみるなどそういった活用をしていきます。


寒天の過剰摂取は危険?


なぜ、寒天は過剰摂取をしてはいけないのでしょうか?その理由は、寒天が海藻から作られているため、過剰摂取するとヨードの過剰摂取になるため、パセドウ病を招くリスクがあるからとのこと。

この話しですが、間違えております。もちろん、寒天の減量は海藻類なのですが、減量が海草だからといってヨードがそこまでたくさん含まれていないから問題ないというのが結論です。

他の海藻類。たとえば、100gあたりの計算ですと、わかめ/8mg、干しひじき/47000μg、寒天/0.07mgと極めて含有量が少ないです。ですから過剰摂取でパセドウ病になるのではないかと心配するほどではございません。


寒天ダイエットの成功レシピ

wasyoku


ダイエットレシピで一番よいのは、やはりシンプルに手軽にできるということではないでしょうか。もちろん、凝った料理を行うのも良いかもしれませんが、それを毎日のように行うというのはとても大変なことです。そこで、シンプルな寒天ダイエットのやり方をお話しします。

まず、寒天の一日当たりの摂取目安は6gです。たくさん摂取する場合も15g程度に抑えておきましょう。酷い過剰摂取はないと思いますが、食物繊維が多く、100gあたりの角寒天/74mg、下痢を起こす可能性がございます。

やり方は簡単で、毎食2gの寒天をカサ増しとして使用すればよいのです。ですから、1日分の白米に6gの寒天を入れて炊き込む、毎食飲む飲み物を食前に飲み、それに寒天を入れてカサ増しを行い、どか食いを抑える。

このように、レシピというほどのことでなくても簡単なやり方を行うだけで、過食防止、カロリー摂取抑制が可能になります。もちろん、寒天はカサ増しのために利用するもので、いつもと同じカロリー摂取をしては意味がありません。

また、食事中に食べると血糖値の上昇が緩やかになるため、食事中の飲み物と混ぜて飲むというのでも効果的です。毎食の摂取カロリーを抑えつつ、寒天でカサ増しを行いましょう。これで、無理な食事制限を避けることができますね。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る