生姜が風邪予防に効く!【効果的なタイミングや摂取法を解説】

Pocket

スポンサーリンク





syouga

生の生姜を食べるのは違う?


生姜と言えば、漢方の一つでもあり、美容健康に良い野菜として古くから親しまれていいた食材です。健康を気をつけている方や美容を意識されている方の中でも毎日食べているという人も多い食品です。

特に、冬といった寒い季節は身体を冷やし、免疫力を低下させてしまう危険性がございますので風邪をひきやすくなります。そこで、身体を温め免疫力を高める効果が期待できる生姜を意識して食べる人も多いかもしれませんね。

しかし、基本的に野菜や果物は生で食べるべきという常識から考えればあの辛い生姜を無理して生で食べてはいませんか?確かに、カツオの刺身などには生の生姜をすりおろして食べると美味しいですが、基本的にそれを常食するのは難しいですよね。

スムージーやオリジナルフルーツドリンクに生姜のすりつぶしを混ぜるというのも無しではありません。それにより生の生姜の栄養成分を摂取することができるからです。

ただ、基本的に食べ物は生で食べるべきということなのですが、問題なのは生姜の殺菌力です。生姜の殺菌力は非常に強いため、そのまま飲んでしまうと、胃腸を痛めたり、必要な菌まで殺してしまう危険性があります。

ですから、生生姜をすりおろし、それをお湯に混ぜたり、ジュースに入れて飲むことを常飲するのはあまりオススメできる健康法ではございません。逆に健康を害する危険性すら懸念されます。

実際、その影響か、多くの方々は生生姜を摂取しようと考えているようです。しかし、以上の考えからやはり、生生姜を摂取しすぎるのは身体に毒なのです。こえれは、専門家もあまりオススメしていない摂取法なので、生摂取をしているのであれば今すぐやめましょう。

では、どのようにして摂取すれば良いのでしょうか?それは、加熱して摂取するのです。生姜は本来、風邪の症状を緩和させるなどの効果があるため、風邪の初期症状の改善や、頭痛や鼻づまりに効果的です。さらには身体にたまった毒を排泄させるなどの効果も期待できます。

生姜湯が風邪に効くといいますが、それは生生姜を飲むのではなく、千切りもしくは切干にした生姜をお湯で煮出しを行ってから飲むという意味なのです。このようにして生姜を摂取することで風邪に効いてくれます。

ちなみに、風邪に効果的と言われている生姜の分量ですが、ひとかけら程度です。生姜1個100円程度で売っていますのでそれを使用して飲むことで風邪対策になりますね。

生姜湯そのまま飲んでもいいのですが、やはり味気ないかと思いますのでそこにはちみつや黒砂糖を入れて飲むことで甘くておいしくいただくことができます。

ダイエット法としてもすすめられている、生姜紅茶というものがございます。あれも、紅茶の中に生生姜のすりおろしを入れるパターンがございますが、それもすりおろしではなく、乾燥させてつくった粉末もしくは、生姜の煮出しを使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

起床時に飲むのがオススメ


健康効果のある食品はタイミングも重要です。栄養素が高いとはいえ、それを有効に発揮する場合時間も重要だったりします。その点で考えると生姜は朝にに摂取するのがベストタイミングと言えます。

生姜の効能としては、冷えを解消するなど身体を温める効果です。これから身体が動き出すといえる朝に飲むことでその効果を効率よく発揮することができると言えるのです。

逆に、夜に飲むとどうなのでしょう?夜に飲んでもあまり効果が発揮されない上、最悪は逆効果になるケースも考えられます。その理由は、夜はこれから寝静まる時間帯です。

それなのに、血流を活発にすることはあまりオススメできるとはいえません。特に、脂性肌やニキビで悩んでいる方は夜に生姜湯を飲むと、朝起きたらニキビが悪化してしまうなんてことも考えられますので避けましょう。

ところが、普段の健康維持に置いては、以上の説明からも朝飲むことをオススメしていますが、風邪をひいてしまった場合は、朝飲んでもよいですが、夜もオススメです。

眠るときに身体を冷やすと治りにくくなりますので、身体をしっかりと温めて、免疫力を強化しましょう。その上で、十分な睡眠をとることで風邪の治りが早くなります。

そして、生姜湯を作るなら、生の生姜の場合は水から煮出すこと。もしくは生姜パウダーを使用して生姜湯を作るようにしましょう。それでないと生姜の殺菌作用が強すぎて身体を壊すことになります。

季節の変わり目の揺らぎには 大正製薬「密-hisoca-生姜」

バナー原稿imp

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る