ダイエットでリバウンドしない方法【防止対策を解説します!】

Pocket

↓↓【お試し価格】薄着の季節にダイエット!↓↓
バナー原稿imp






daiet


 

ダイエットに成功してもリバウンドをする人

「この夏痩せたい!」と必死に頑張っても一時的には痩せることができてもすぐにもとに戻ってしまう等、本当にダイエットに成功したとはいえない形になることも多いのではないでしょうか?



特に、普段は食べる人が無理りにカロリーだけを抑えてしまうダイエット法を行ってしまいますと、確かに我慢すれば一時的には痩せることは可能です。しかし、その我慢もずっと続けることは難しい話しです。



意思が強いと思っても、たまに友達から食事の誘いが来て、一緒に食事をしたことをきっかけに、反動でたくさんの食事をするようになった…結果的にダイエットをする前より太ってしまった等というケースもございます。



それに、食べることを我慢してしまうと精神的にも負担がかかってし、栄養も偏ってしまいますので、ダイエットだけではなく、お肌が荒れたり、抜け毛が目立ったりすることもありますのでリバウンドをしない無理なダイエット法を行いましょう。

sp1

リバウンド防止にはストレスをためないこと!

そもそも、リバウンドをしてしまう原因はなんなのでしょう?逆に、リバウンドをしなければダイエットは成功できると考えられます。つまり、ダイエットに成功したいのであればリバウンドをしないダイエット法を考えれば良いのでは?



では、リバウンドの原因は、無理な食事制限によるストレスなので、これを生じさせないダイエット法を行えば良いのです。例えば、ダイエット効果が非常に高いといわれる、

低炭水化物ダイエット、低糖質ダイエット、低インシュリンダイエットと呼ばれるものですが、このダイエット法は炭水化物の摂取を抑えてタンパク質中心の食生活にするというダイエット法です。



お肉や魚が大好きな人であればリバウンドはしにくいと考えられますが、甘いものが大好きな人であれば糖質の制限を抑制されるわけですので、我慢が切れたらケーキやドーナツなどの甘いものをガンガン食べることでしょう。



そうなってはリバウンドも時間の問題です。ですので、炭水化物が好きな人は急激な低炭水化物ダイエットはオススメできません。逆効果になる危険性が高いです。



それに、こういったダイエット法は本、雑誌、テレビで効果的なダイエット法だと話題になり、「自分もできる。」と思いこんで勢いで実践してしまうケースが多いです。例えば、



1 自分の性格を無視している

2 無理なダイエットでもできそうと思ってしまう

3 自分が一流のダイエッターと一緒だと思ってしまう



宣伝などで、「簡単」「手軽にできる」「効果的」というと、自分の適性を考えずに、勢いだけで実践してしまうこともあります。そのため、まずはそのダイエット法が効果的とか、有効な方法なのは間違いないかと思いますが、じっくりと適正と照らし合わせて考えてみましょう。



それをしないと、辛くて自分に合わないダイエット法を行うことになりますので、一時的には痩せることはできてもすぐにリバウンドしてしまうことになります。



ですので、自分に合うか合わないかチェックしながら、少しずつ実践していくことが一番良い方法です。そのためには、目標を持つこと、そしてそれを習慣化することが重要になります。



1 自分は食事制限を我慢してそれに耐え続けることができるか?

2 継続してできるか?

3 無理な目標設定をしていないか?

4 食事制限にストレスを感じないか?





特に、無理な目法設定をせず、小さい目標を設定します。例えばこれからダイエットをはじめる人がいきなり1カ月で5kg痩せるなどは難しいかもしれません。



そこで、1カ月1kgの減量を行うなど頑張れば可能である範囲内である目標を設定していきます。そういった小さい目標を作り、1つ達成したら次の目標、もう一つ達成したら次の目標と徐々に達成していくことで理想と現実のギャップに押しつぶされずに続けることができます。



要するに、リバウンドをしないかするかのポイントは、そこで辞めてしまいどか食いを避けることなのです。どか食いを避けるには常に目標を持って習慣化することです。



もちろん、たまには甘いものを食べてもよいですが、それはご褒美という意味で食べるぐらいがちょうどよいのです。まずは、徐々に習慣化し、甘いものを食べることを躊躇するぐらいになることが低炭水化物ダイエットのポイントです。



〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る