甘栗の栄養素と効果。ダイエット中に取り入れるためのコツは?

Pocket

↓↓【限定】秋~冬の敏感・乾燥肌へ!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

甘栗はほんのりとした甘さがとてもおいしいですね。では甘くておいしい甘栗にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?また甘栗を食べるとどのような効果が期待できるかを紹介します。さらにダイエットに甘栗を取り入れるときのコツを考えてみましょう。

甘栗とは?

甘栗は中国産の小粒の栗を小石が混じった砂で攪拌しながら水飴などの糖分を入れてこんがりと焼き上げたものです。中国栗は日本産の栗よりも甘みが強く、渋皮がすぐにむけるのが特徴です。渋皮がむけにくい日本栗は、甘栗にはむかない品種です。

甘栗のカロリーはどれくらい?

甘栗の甘さは、栗自体の甘さで自然のものです。砂糖などを使っていないのですがカロリーは少し高めです。甘栗100gあたり222kcalです。一粒あたり約5gなので11kcalになります。

甘栗は想像以上に栄養豊富

甘栗には多くの栄養素が含まれています。とくに女性にうれしい食物繊維や葉酸などのビタミン、カリウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれています。

食物繊維

食物繊維の多い食物としてすぐに浮かぶのがサツマイモやゴボウですね。サツマイモやゴボウに含まれる食物繊維はサツマイモ(焼き芋)3,5g、ゴボウ5,7gです。甘栗は8,5gなので食物繊維はサツマイモやゴボウよりも多く含まれていることになります。

葉酸

葉酸は100gあたり100μg含まれています。これは葉酸が多いといわれているほうれん草や春菊などとほぼ同じ量になります。

カリウム

甘栗はミネラルを多く含む食品です。その中でもとくにカリウムが多く、甘栗には100gあたり560mgのカリウムが含まれています。これは里芋や明日葉などに含まれている量と同じくらいになります。

甘栗の効果は?

甘栗には多くの栄養素が含まれていますが、ここでは甘栗の持つ驚くべき効果を紹介しましょう。

便秘の解消

良質の食物繊維を多く含むので便秘の解消につながります。

整腸作用

甘栗の主成分は炭水化物ですが、大変細かく消化がよく、さらに多くの食物繊維を含んでおり胃腸の調子を整えてくれます。

高血圧予防

甘栗に多く含まれるカリウムはナトリウムを体外に排出することができます。そのため体内に余分なナトリウムが蓄積しにくくなるので高血圧を抑制する働きがあります。

むくみの解消

カリウムの利尿作用で、体内の余分な水分を排出することができます。女性にとって気になるむくみを解消することができます。

疲労回復・脂肪燃焼効果

甘栗に含まれるマグネシウムには疲労回復や脂肪燃焼効果が期待できます。このほかホルモンバランスを整えるなど女性にはうれしい作用ですね。

貧血予防

甘栗には鉄分も含まれています。さらに多くのビタミンが含まれているので貧血予防効果を期待できます。

神経管欠損症(NTD)など胎児の先天性奇形の予防

多くの葉酸を含む甘栗は妊娠中に不足しがちな葉酸を補うことができます。葉酸が不足すると健康な赤ちゃんの発育に影響があるといわれています。それは葉酸が細胞分裂を助け造血などに関わる重要なビタミンだからです。

sp1

食べ過ぎには注意ですが、甘栗は葉酸を自然の形で摂取できるので妊婦さんにはとくにおすすめです。

ダイエット中に甘栗を取り入れるコツは?

甘栗には多くの栄養素が含まれ、健康にもいいことを紹介しました。でも甘栗はカロリーが高いことも確かですね。ここでは甘栗をダイエット中に上手に取り入れるコツを紹介しましょう。

甘くておいしい甘栗をおやつとして食べよう

ダイエット中はどうしてもカロリー制限がありケーキやクッキーなどの甘いものを控えてしまいます。でもやはり甘いものは食べたくなりますよね。

ダイエットに大敵なのはストレス。甘いものを制限してストレスを感じてはせっかくのダイエットも成功することが難しくなります。

甘栗はとても甘いですよね。でもそれは砂糖の甘さではなく栗本来の甘さなのでダイエット中のおやつには最適なのです。

また甘栗の主成分は炭水化物なので御飯や麺類などほかの炭水化物と食べるとカロリーが高くなってしまいます。ダイエット中は食事と食事の間に少し食べることで体が栄養をため込んでしまうという悪循環を防ぐこともできるのでおやつとして食べるといいですね。

ダイエット中に不足しがちな栄養素を補給できる

甘栗には多くの栄養素が含まれているためダイエット中に不足しがちなミネラルやビタミンなどを補ってくれます。免疫力などもアップするので適量を食べるようにしましょう。

カロリーが高いので食べすぎには注意。1日5個くらいがおすすめ

甘栗のカロリーはケーキやクッキーなどに比べると確かに低いのですが、それでも食べ過ぎると摂取カロリーが高くなってしまいます。

ダイエット中ということを考えると1日5個くらいを目安に食べるようにしましょう。

ゆっくり噛んで食べよう

甘いものを制限しているとどうしても一気に食べてしまいたくなるもの。でも一気に食べてしまうと5個くらいの甘栗では満足できないかもしれませんね。そこで甘栗を食べるときは、ゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。よく噛むことで満腹感を感じることができますよ。

まとめ

甘栗には本当に想像以上の栄養素が含まれていますね。甘栗を積極的に食べたいものですが、やはり食べすぎは禁物。とくにダイエット中は適正な量を食べることでダイエットを成功させたいものですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る