夏のお風呂上がりのボディケアのコツ6つ。快適な肌を保つには?

Pocket

↓↓【限定】秋~冬の敏感・乾燥肌へ!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

日本の夏はジメジメとして湿度が高いので肌は冬よりも潤っているようなイメージがありますよね。

実際冬は肌が乾燥するからとボディケアをしていても夏になると暑いし面倒、汗をかくからなどの理由でボディケアをサボっていませんか?実は夏は冬と同様にボディケアが必要なのです。

とくにお風呂上がりは想像以上に肌が乾燥するもの。そこで夏のお風呂上がりのボディケアのコツを6つ紹介しましょう。

夏の肌は乾燥しやすくダメージを受けやすい

夏は薄着になりタンクトップにショートパンツなど肌が露出することが多くなりますよね。そのため夏の肌は想像以上に外界からの刺激を受けやすく肌ダメージが大きくなりやすいといえます。

肌の露出が多くなるためむだ毛処理の回数が増える

むだ毛処理をすると肌には大きなダメージが残ります。とくに入浴中にむだ毛処理をする方が多いので入浴後のボディケアが大切です。

日焼けによる肌ダメージ

日焼けをしていないつもりでも四方からやってくる紫外線を完全に防ぐことはとても難しいでしょう。紫外線によるダメージをそのまま放置しておくと肌の乾燥ななどの肌トラブルの原因になります。

日焼け止めクリームによるダメージ

紫外線から肌を守るために日焼け止めクリームを使用することが多くなります。市販のほとんどの日焼け止めクリームには紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が使用されています。これらの成分は肌を傷める原因になるといわれています。

夏こそお風呂上がりのボディケアが必要

多くの肌ダメージが考えられる夏こそ本当は保湿などのボディケアが不可欠なのです。では夏のお風呂上がりのボディケアはいつするのが効果的なのでしょうか?

日焼け止めクリームなどをしっかり体から落としたお風呂上がりにボディケアすることをおすすめします。

お風呂上がりのボディケアのコツ

夏のお風呂上がりのボディケアのコツを6つ紹介しましょう。

1,お風呂上がり5分以内にボディケアをする

入浴をしている間は肌が潤っているように感じます。でも実は入浴することで肌の保湿因子が流れ出ているのです。そのため入浴後の肌は乾燥しやすく柔らかいのでダメージを受けやすい状態になっています。

入浴後はできるだけ早くボディケアする必要があります。入浴後5分以内にボディケアをするように心がけましょう。

2,肌の水分を拭き取る前にボディクリームやオイルを塗るのがポイント

肌の保湿効果を最も引き出すには、ボディクリームやオイルを塗るタイミングがとても大切です。

お風呂から上がってすぐに浴室や脱衣所で体が濡れている状態でボディクリームやオイルを全身に塗りましょう。肌から水分が蒸発し乾燥する前にボディケアをすることがポイントです。

体が濡れているのでクリームやオイルと水分が適度に混ざるので塗りやすく肌馴染みがいいでしょう。

sp1

3,ボディクリームやオイルを塗るときは優しくなでるように塗る

お風呂上がりは肌の保湿成分が流れ落ち柔らかくなっているためとてもダメージを受けやすい状態です。ボディクリームやオイルを塗るときは、優しくなでるように塗りましょう。肌が乾燥しているので驚くほど早く肌になじみますよ。

4,肌の水分を摂るときはタオルで擦らず軽くたたくようにして余分な水分を摂る

ボディクリームやオイルを塗ったあとにまだ肌に水分が残っているときは、タオルで水分をとります。このときタオルでゴシゴシ拭いてしまうと肌を傷める原因になります。水分をとるときは肌を軽くたたくようにしましょう。

5,毎日続けることが大切

ボディケアは肌の状態が悪化したときだけしても効果がありません。毎日コツコツと続けることが大切です。

6,自分にあったボディケア製品を見つけること

ボディケア製品にはクリーム、ローション、オイルなどいろいろあります。この中から自分の肌の状態にあったものを選びましょう。

自分の肌の乾燥状態を確かめてみるといいですね。どの製品がいいのか迷ったときは、片腕だけにミルクやローションなどを塗ってみましょう。

快適な肌を保つためには?

湯温は38℃くらいのぬるめ

快適な肌を保つために入浴の仕方も大切です。お風呂の湯温が熱いのが好きな方もいますが夏場は38℃くらいのぬるめのお湯が肌には最適です。湯温が高すぎると肌から保湿因子が多く流れてしまいますよ。

また湯船には10分以上つかるといいでしょう。ただしあまり長くつかるのも良くないので注意しましょうね。

ナイロン製のボディタオルで強く擦らない

ナイロン製のボディタオルはとても摩擦力が強いので夏の傷みやすい肌をゴシゴシ擦ってしまうと摩擦で肌が傷んでしまいます。シルク製のタオルや手で優しく洗いましょう。

入浴剤もおすすめ

保湿効果のある入浴剤を使うのもいいですね。入浴剤を使う場合はお風呂から上がるときにシャワーなどで洗い流さないようにしましょう。

まとめ

夏の肌はいろいろなトラブルが起きやすい状態です。また肌の露出が多い季節でもありますね。毎日のボディケアで夏でもツルツルのウルルン肌を手に入れましょう。

【保存版】乾燥肌の人のための保湿美容液おすすめ5選

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る