そうめんのカロリーと栄養。ダイエット中に太りにくい食べ方や具材は?

Pocket

↓↓【限定】秋~冬の敏感・乾燥肌へ!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

おそうめんの季節が到来しました。暑い夏には週に何回か食卓に上がるなんてご家庭も多いのではないでしょうか。忙しい人にとっては、具材をカットしてめんつゆを用意すれば出来てしまう、時短メニューともなりますよね。

今回はそうめんにスポットを当てまして、カロリーや栄養、ダイエット中に太りにくい食べ方や具材について深掘りしてまいります。

そうめんのカロリーは?

早速そうめんのカロリーを見て見ましょう。大体、束になって販売されていますが、1束50gのことが多くカロリーは178kcalとなります。そして、1人前は2束の100gが目安ですので356kcalです。ここでうどんのカロリーと比較してみますね。

生うどんの場合、100gが270kcal、乾麺のうどん100gでは348kcalとなっています。うどんの方がカロリーが高いイメージがありました。少しですがそうめんの方がカロリーは高いのですね。

もう1つご飯一杯分とも比較して見ます。ご飯一杯140gとして、235kcalです。やっぱり、そうめんはカロリーが高いと言えます。

そうめんの栄養成分は?

五訂日本食品標準成分表より100g中の栄養素と栄養価を抜粋してご紹介します。

  • たんぱく質  3.5g
  • 炭水化物  25.8g
  • 食物繊維  0.9g
  • ナイアシン 0.2mg
  • パントテン酸  0.25mg
  • 葉酸 2µg
  • ビタミンE 0.1mg
  • カルシウム 6mg
  • リン 24mg
  • 鉄分 0.2mg
  • マグネシウム 5mg
  • カリウム 5mg

炭水化物が主のそうめんは、主食となる役割があることが分かります。他のビタミンやミネラルもそれほどの数値ではありません。そうめんだけではバランスよく栄養を補えないので、そうめんを彩る具材がカギを握りますね。

ダイエット中に太りにくいそうめんの具材は?

そうめんをダイエット中に食べる際、そうめんとネギなどのシンプルにすれば良いのではと思いがちですが、それは違います。前記したように炭水化物の数値が突出していて、他の栄養バランスがとれません。なので、野菜などをトッピングすることでバランスを整える必要があります。以下、おすすめの具材を紹介します。

<ネギ>

そうめんと言えば薬味の中でも代表格なのがネギです。そうめんに含まれるビタミンB群の量は少ないのですが、このビタミンB群の吸収を良くする働きがネギにはあります。それがアリシンという成分です。

<ワカメ>

意外に思われる方もいらっしゃるかも知れません。そうめんとワカメは合います。そして、ワカメにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。栄養のバランスを整えるには進んで摂り入れたい具材です。

sp1

<ショウガ>

ショウガは、脂肪を燃焼して、太りにくい体づくりをしてくれる代表格です。ダイエットには欠かせない食材の1つです。生のおろしショウガがおすすめです。味もさっぱりしているので暑い夏には良いですね。

<卵>

卵は万能選手ですね。そうめんにも錦糸卵として彩ってくれます。カロリーの心配があるかも知れませんが、何個も食べる訳ではありませんから大丈夫です。糖質の代謝を良くする働きのビタミンが豊富に含まれています。

<とろろ>

ネバネバ系のものはそうめんとの相性も良いですね。とろろには食物繊維が多く入っているので、便秘解消に役立ち満腹感も得られます。

<すだち>

すだちは体を元気にしてくれるクエン酸が豊富なので、脂質の吸収を抑えてくれます。酸っぱ味が夏にぴったりで、少し絞ってそうめんを召し上がって下さいね。

<しそ>

しそには糖質や脂質の吸収を抑えてくれるポリフェノール成分が入っています。

<鶏ササミ>

お肉の中では鶏のササミがおすすめです。筋肉のもとであるたんぱく質が多く摂れます。茹でたササミでしたらカロリーはそれほど気にしなくて良い低カロリーです。

ダイエット中に太りにくいそうめんの食べ方は?

量を調整

そうめんは食べやすいのでついつい食べ過ぎてしまいます。ダイエット中は、麺を大皿に山のように盛りつけたりせず、小分けにするなどして量の調節に心がけましょう。また、具材の比率を高くするなどして、カロリーを控える工夫も必要です。

置き換えダイエットとして活用

置き換えダイエットが流行っていますが、そうめんでもその効果が期待されるようです。1日に1~2回をそうめんに替えるだけです。効果があったという口コミでは、夕食をそうめんにすると簡単で続けやすいなどの声がありました。また、そうめんダイエットと併用して夕食以降は何も食べないことを、徹底することで効果が現れたという声もありますので参考にしてみてください。

あとがき

簡単で美味しいそうめんは、その食べやすさで食が進んでしまいます。ですが、今回のことでカロリーが意外と高いことが分かりましたので、なるべく多くても2束までにして、具材に気を付けて、夏だからこそのそうめんを楽しく食べたいですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る