亜鉛は育毛や発毛に効果的!【摂取量・方法・他】

Pocket

スポンサーリンク





髪の毛をはやすために一生懸命ワカメや海草を食べればよいと思っている方います?確かに、ワカメなどの海藻類って髪の毛に似ていますが、髪の毛の生えるとされている理由は亜鉛に隠されています。



kami

しかし、髪の毛は何でできているかを考えると、亜鉛だけを摂取しても効果は得られません。もう一つ重要なのはたんぱく質です。亜鉛とタンパク質の摂取により、

髪の毛で悩んでいる人は育毛、発毛の効果を期待してみると良いかと思います。そこで、こちらでは、亜鉛とタンパク質がなぜ髪の毛によいかを解説したいと思います。


亜鉛を摂取することで強い髪の毛を作る!


ただ、髪の毛だけ生えていてもそれが弱かったり、すぐに抜けてしまうような髪の毛ではいけませんよね。まず、第一前提として、人間の髪の毛はたんぱく質が主成分なため、必ず、たんぱく質を摂取しましょう。

その上で、亜鉛を摂取することで、髪の毛の質を高くし、強い髪の毛を作ることができます。その理由に、亜鉛というミネラルは細胞分裂を促すため、当然人間の身体を作る上で重要になります。

その一部に髪の毛がありますので、発毛や育毛を行うには亜鉛の摂取が有効といえます。そして、髪の毛が生成される工程として、ケラチンというたんぱく質が合成されて髪の毛になるのですが、

このケラチンの合成をおこなう上で、亜鉛というミネラルはなくてはならない存在なのです。主成分はたんぱく質といえども、その合成をおこなうための亜鉛が欠乏してしまっては、

髪の毛がしっかりと作られなかったり、できたとしてもすぐに抜けてしまうような弱い髪毛ができてしまいます。それでは健康的な髪の毛とはいえませんよね。ですから、育毛や発毛を目的とするのであれば、亜鉛とタンパク質は意識して摂取する必要がございます。

また、それだけではないのです。髪の毛の表面にはキューティクルというタンパク質でできたうろこ状のものがございます。


md
このように、髪の毛の表面にあるうろこ状のものが重なっている部分があるのですが、この場所をキューティクルといいます。その中にコルテックスがあり、中心をとおっているメデュラがございます。

表面にあるキューティクルがしっかりとしていれば、摩擦、紫外線などの外部刺激から髪の毛を保護してくれます。ところが、キューティクルがはがれてしまいますと、

髪の毛の中からたんぱく質や水分が漏れてしまい、髪の毛が傷んでしまいます。亜鉛を摂取することでキューティクルを守るコラーゲンを生成できるため、髪の毛にとっては無くてはならない存在と言えますね。


スポンサーリンク

亜鉛は日常生活で消費しやすい


亜鉛は日常生活で非常に消費しやすいミネラルです。そこで、亜鉛の消費を避けるためどのような生活習慣を送っていると亜鉛を消費してしまうのか、あらかじめ把握しておきましょう。

1 喫煙

喫煙を行うということは、有害な煙を体内に取り込むということになります。すると身体はその毒素から身を守るため、大量の活性酸素を生成します。そこで、亜鉛はその活性酸素を除去しようと、活性酸素の分解酵素の活動を促進します。すると亜鉛が一気に消耗してしまいます。

2 アルコール

お酒やたばこはビタミンやミネラルを減らすといいますが、その中で亜鉛も大量に消耗します。その理由は、アルコールの分解に置いて亜鉛を使用するためです。

3 ストレス

ストレスホルモンが分泌されるとそれを抑制しようと亜鉛を使用します。

4 インスタント食品やファーストフード

インスタント食品、ファーストフード、そして加工食品と言われるものの中には食品添加物や合成調味料などが含まれています。これらを摂取するとせっかく亜鉛を体内に取り入れても吸収されにくくなりますのでオススメできません。また、高タンパク、高カロリー、高脂質の食生活を送ることも亜鉛の吸収を阻害しますので健康的でバランスの良い食生活を送ることが重要になります。


亜鉛の摂取量や摂取法とは?


では、亜鉛の摂取量ですが、成人男性12mg/日、成人女性9mg/日となっております。沢山含まれている食品は、牛肉、牡蠣、玄米、ひじき、海草類、ゴマ、アーモンド、大豆、わかめ、ひじき、玄米などです。

クエン酸やビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が高まりますので、調理する場合はレモンなどと一緒に調理するとよいですね。ただ、やはり、日常生活で消耗しやすいミネラルですので、サプリメントを利用するのもありかと思います。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る