りんごダイエットの効果的な方法!「3日間の断食にもオススメ」

Pocket

スポンサーリンク





ringo

りんごダイエットの効果的な方法とは?


りんごダイエットといえば、最近朝に行うとか、夜に行うとか改良型のものがございますが、もともとは断食のダイエット法として利用されてきました。

断食ダイエットに関しては、「ファスティングダイエットの効果的な方法!リバウンドや注意点も解説。」でしっかりと解説してありますのでご覧ください。

ここでも詳しく解説させていただきましたが、断食といってもなにも食べないわけではございません。本格的に行う場合水や酵素ドリンクを飲んで過ごすわけですが、

りんごダイエットの場合は、3日間だけ水とリンゴだけで過ごすといういたってシンプルな方法です。コーヒーやゼロカロリージュースでもよいとされていますが、コーヒーのカフェインは空腹時に飲むと胃に負担をかけるためオススメできません。

ゼロカロリー飲料に関しても、人工甘味料など身体にあまりよろしくないものも含まれているケースがございますのでできれば、ミネラルウォーターなどにしましょう。

さすがに、いきなり3日間水とリンゴのみで過ごすのは苦しいという場合は、3日の間、3食のうち2食だけをリンゴに置き変える置き換えダイエットとしても有効です。

しかし、他の果物ダイエットと同様にいくらでもリンゴを食べてよいというわけではありません。リンゴを食べると甘いですよね。大きさにもよりますが、大体一般的に売られているリンゴで、およそ150kcalもあるといわれているのです。

ですから、そりゃ何個も食べてはいけませんが、これだけですと1食当たりのカロリーとしては不十分なので、リンゴは毎食2個食べるようにしましょう。

一生懸命になりすぎて、長期間断食を続けるのもオススメしません。せめて3日までにしましょう。また、栄養摂取が不十分なため激しい運動を行うのはオススメしません。どうしても運動を行いたいのであれば、ウォーキング程度にしておきましょう。


スポンサーリンク

りんごダイエット終了後のケアについて。


リンゴダイエットを終了した直後、がっつりとご飯を食べたくなる方もいらっしゃるかと思います。しかし、それはリバウンドの原因にもなりますし、これまで内臓は少量の食物で対応していたのに、

大量の食物がいきなりがっつりと入ってきたら驚いてしまいますし、負担が大きすぎます。ですので、徐々に徐々に通常の食品に戻していくことがファスティングのポイントです。

まずは、リンゴダイエットを終了したら、お粥といった消化の良いものを食べて消化器官を整えていくことが大切です。また、いまも少しお話ししたように、このようなダイエット法はリバウンドに気をつけないといけません。

わずか3日間行うだけで、実践前と体重が大きく変わっているという経験をするかもしれません。しかし、それは脂肪を燃焼することができる本当のダイエットに成功しているわけではありません。

体重自体は減っていますが、成人の身体の60%は水でできています。そのため、水分が少し排泄されるだけで体重が大きく変わるのです。つまりは、リンゴに含まれるカリウムが水とナトリウムをまとめて排出しているだけでダイエットには成功したとはいえないのです。

ただ、毒素は排泄できるので、痩せやすい身体を作る上では有効な手段と言えるでしょう。ファスティングで失敗する人の多くは、終了後一気に通常の食事に戻してしまうことです。

ですから、終了後も身体に優しい消化の良いものを食べると良いです。また、断食(ファスティング)のデメリットとして、ビタミン、ミネラルは野菜、果物から摂取できるも、たんぱく質が欠乏してしまうところです。

つまり、失敗例はリバウンドだけではなく、筋肉を減らしてしまうことも考えられます。よって、このような断食系のダイエットは、どちらかというと、普段から行うのではなく、

食べ放題へ行った直後、飲み会が多く内臓を痛めていると感じた場合に利用すると調整が効くのでそういった意味で活用していくと良いかと思います。


りんごダイエットの注意点


りんごダイエットはだれでもできるものではありません。りんごダイエットはもともと、病気の治療なんかに利用されてきました。特に糖尿病にはりんごダイエットは改善効果があるとされています。

特に、りんごを皮ごと丸かじりすることにより、あらゆる栄養成分、特に食物繊維を摂取できるので血糖値の上昇も抑えることができます。結果的に糖尿病治療に役立つといえるのです。

ただ、このように治療法としても使うことができる素晴らしいダイエット法ではあるものの、ヘルペスに感染している方はりんごダイエットを行ってはいけません。

理由としては、りんごにはヘルペスウィルスを刺激する作用があるとされています。その他、ヘルペス患者は絶対にりんごは含まれている加工食品は食べてはいけません。ヘルペスであれば、現在は、薬物投与で解決するので、治療を行ってからりんごダイエットを行うと良いでしょう。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る