メロンの種類別カロリー・糖質は1玉いくら?ダイエット中の食べ方は?

Pocket

↓↓【限定】秋~冬の敏感・乾燥肌へ!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

メロンというと高級フルーツ、フルーツの王様という言葉が浮かんできます。昔は病気をした時にお見舞いにとか、特別な記念日に食べられる特別な果物という位置づけでした。中々口にすることの出来なかったメロンですが、品質改良もされ手に入りやすくなりましたよね。

そこで今回は、メロンにはどのような種類があるのか、そのカロリーや糖質は?また、ダイエット中の食べ方はどうすれば良いのかなどをご紹介してまいります。

メロンの種類には何がある?

メロンは大きくネット系の青肉種、赤肉種メロン、ノーネット系メロンの3つに分かれます。

有名な種類でみていくと、

  • アンデスメロン→ネット系メロン青肉種
  • 夕張メロン→ネット系メロン赤肉種
  • プリンスメロン→ノーネット系メロン

という感じですね。他にもご当地ものなどの種類がありますが、外皮が網状になっているかどうかと実の色で判断すれば、大体どれかに当てはまると思います。

ミニ情報ですが、マスクメロンとよく言われますが、これは品種名ではありません。Muskの香りがするメロンの総称のことをマスクマロンと呼びます。

メロンのカロリーや糖質は1玉いくら?

メロン1玉の重さは1㎏前後あるのですが、食べられる部分、可食部はその半分くらいになります。食品成分表をもとにしますと、100gが42kcalとなっているので、大体メロン1玉で210kcalくらいを目安にされると良いでしょう。

それでは気になるメロンの糖質はどのくらいあるのでしょうか。甘いイメージの強いメロンですから、糖質も相当かなと予想がつきます。糖質は、炭水化物量から食物繊維量を引くことで求められます。食品成分表で見ますと、メロン100gで炭水化物量は10.4g、食物繊維量は0.5gですので、10.3-0.5=9.8gとなります。

そして、メロン1玉を考えますと可食部はその半分くらいとなりますから、糖質は49gとなります。1玉の重量次第で少し上下しますが、やはり糖質は高いということがわかります。

では、メロンの種類によって、カロリーや糖質はそんなに変わるものでしょうか。品種によって見ましても、メロン1玉約42kcalと表示されますので、このカロリー数や糖質数が大きな括りとして捉えて良いようです。

メロンの栄養成分には何がある?

ここでメロンの栄養を食品成分表と照らし合わせて見てまいりましょう。メロンの栄養って考えたことがなかったのですが、果たして栄養価はあるのでしょうか。

sp1

  • 水分   87.7g
  • たんぱく質  1.1g
  • 炭水化物  10.3g
  • カリウム 340mg
  • カルシウム 8mg
  • リン 21mg
  • ビタミンA(βカロテン)  33μg
  • ビタミンC  18mg
  • 食物繊維(ペクチン)0.5g  

※数字は全て食品成分表を参考にしています。

メロンには、カリウムが豊富に含まれています。ビタミンCなどのビタミン類や食物繊維も多いんですね。スイカのカリウムが210㎎ですから、メロンのカリウムの含有量はスイカよりも多いことになります。主な成分の働きをご紹介します。

カリウム

カリウムは、体内の塩分を排出させて、バランスを整え利尿を促します。むくみなどの改善に効果があるとされています。また、腎臓病や高血圧の予防にもなります。

ペクチン

食物繊維であるペクチンは、腸内を活性化させて便秘を解消してくれます。美肌にも効果が期待されています。

ダイエット中のメロンの食べ方は?

こんなに栄養のあるメロンですが、甘いイメージが強いので食べると太るイメージがありました。メロンのカロリーは42kcalと低く、バナナは100gで80kcalなので、比べますと歴然ですね。

朝バナナダイエットは聞いたことがあったのですが、朝メロンダイエットも推奨されています。先ほどもありましたように、カリウムと食物繊維の働きによって必要な栄養を摂りつつ、むくみや便秘の改善をしてくれるというのがダイエットに向いているのです。

昔から果物は、「朝は金に値し、昼は銀に値し、夜は銅に値する」と言われています。メロンも夜遅い時間に食べるのは避けた方が良いでしょう。果物の糖分は果糖と呼ばれるものです。この果糖は糖分の中でも脂肪になりやすい性質を持っています。なので、夜食べてしまうとそのまま脂肪へと変わる可能性がある訳です。

また、メロンは約90%が水分ですので、すぐに空腹感が出てしまいます。腹持ちが悪い点は注意しなければなりません。結局他の物を多く食べ過ぎたということにならないようにしましょう。

あとがき

こんなにも栄養価の高いメロン。特に高級なメロンでなくても良いのですから、お手頃なメロンからメロンダイエットを始めて見ませんか?朝からメロンは何だか贅沢感があって、心にも優雅さを与えてくれるのではないでしょうか。いかがですか?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る