お風呂で入浴ダイエット!「脂肪燃焼を効果的に行う方法」

Pocket

スポンサーリンク






ofuro

お風呂の入浴はなぜダイエットに効果的なのか?


特に、現代社会は多忙な生活なためお風呂には入らず、シャワーを済ませて身体を洗って終わる人が多いです。しかし、入浴は日本でも古くからおこなわれてきている健康法です。

その健康効果は立証されていまいて、美肌や内臓の健康効果やダイエット効果が期待できるとされています。では、お風呂に入ることでどのようなダイエット効果が期待できるのか説明させていただきたいと思います。

第一に入浴を行い健康効果を得られる仕組みは、お湯に入ることで温熱効果を得ることができるとされているからなのです。病は冷えからといいますが、身体を冷やすと免疫力が低下しますので風邪にかかりやすくなります。

逆に身体を温めることで免疫細胞も活性化されますので病気に強い身体を作ることができます。さらに、身体を温めるということは脂肪燃焼の効果があるともいえます。

ちなみに、脂肪を分解するうえで一番理想的とされている温度は42度ですので、これぐらいの温度で入浴を行うと高いダイエット効果が得られると考えられます。

ただ、もしかすると、42度という水温は若干熱く感じるかもしれません。熱いお風呂に入るのは、内臓に負担をかけることにもなりますので、もし熱いと感じるのであれば無理して入浴せずに、少しぬるい温度で入浴しましょう。

その方が内臓に負担をかけないうえ、内部まで水温をじっくりと浸透させることができるので良いですね。また、ぬるま湯に入る場合は半身浴かつ湯船のふたを閉めて行うと効果的です。

特に、女性の場合、下半身に女性器官があるため、身体を冷やすとそれを守ろうと作用して、脂肪がつきやすくなります。そのため、普段から身体を温めておくことで脂肪がつきにくくなります。

さらに、お風呂の入浴で一番効果を得られるのは血行促進での代謝アップです。入浴を行うことにより血管が拡張される上、入浴による水圧が静脈の血流を補助するため、血行が良くなりエネルギー代謝を促進しダイエットに効果的といえるのです。


スポンサーリンク

入浴ダイエットの方法とは?


目安の温度は、39度~42度ぐらいとみてください。熱すぎると感じるのであれば、39度が良いかと思います。また、急激に湯船に入ると内臓が驚くため、必ず入浴前に準備運動を行うとか、ストレッチを行いましょう。

その後、シャワーでお湯に慣れてから、入浴を行うと身体の負担を軽減できますので良いですね。入浴時間はあまり長時間行うと、内臓に負担がかかってしまったり、身体に良くありませんので、

30分程度の入浴を行います。また、入浴中は必ず脱水しますので、ペットボトルに水を入れてお風呂にもっていくなどいつでも水分補給ができる状態にしておくと良いです。

入浴剤を入れることで発汗作用を高めることもできますので、あまりお肌に刺激を与えないナチュラルな入浴剤や、入浴用のソルトを使用すると良いかと思います。

そういった意味では着色料がたっぷりと使用されている入浴剤はあまりお勧めできません。以上、基本的な入浴法を抑えていただいたうえで、ステップ形式にダイエット効果が期待できる入浴法を紹介したいと思います。

1 かかり湯(準備)

銭湯や温泉などでよく、湯船のお湯を洗面器にとり、肩から掛けるかと思いますが、それだと熱すぎるので身体が驚いてしまいます。そこで、洗面器には半分程度のお湯をいれ、冷水で薄めます。

すると、お湯になれるという意味では丁度良い水温になります。これを左肩、右肩、下半身2回と合計4回のかかり湯を行います。

2 入浴を行う

湯船に入ったらそのままくつろぐのではなく、まず直立します。直立して3秒間呼吸を整えます。そしたら、腰をゆっくりと落し、みぞおちの少し下まできたら、一分程度キープします。

3 約3分間浸る

次に、肩までお湯に入り、3分間くつろぎましょう。3分というと長いように思えますが、今日一日あったことを色々と考えたりしていると、あっという間に三分ぐらい経過します。

4 湯船から上がる

そうしましたら、ゆっくりと湯船からあがり、5分間休憩を行いましょう。このときに、髪の毛をあらったり、身体を洗ったりすると有効的に時間をつかえます。

5 3~4繰り返す

湯船に三分間浸ったら、お風呂からあがるをもう一度行います。そうすることで血管の拡張を行うことができますのでオススメです。次の休憩時間には顔を洗ってみましょう。最後に、もう一度3分間浸って入浴ダイエットは終了です。


お風呂ダイエットの注意点


いかがでしょうか。これらのステップを行えばお風呂ダイエットは簡単に行うことができます。ただ、動かないため、動くことが大好きなアクティブな人だとちょっと物足りないかもしれませんね。

ですが、これは、入浴するだけで代謝のよい身体を作ることができます。そう言う意味では非常に簡単なダイエット法ではないでしょうか。しかし、注意していただきたいのは一生懸命入浴を行いすぎてしまうことです。

長時間の入浴を行うと、身体に不安がかかりますし、脱水しているのにもかかわらず水を飲まないことはそれこそ身体が悲鳴をあげてしまいます。必ず、10分に1回は水分補給を行いましょう。

よく、水分補給を行うのは、喉が渇いてからと考える方もいるのですが、それでは実は遅いのです。危険信号のサインで喉が渇くので、できれば入浴前に、たくさんの水分を補給しておき、あとはこまめにとるのが理想的な水分補給ですね。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る