ギョーザ1個、1人前のカロリーは?ダイエットに効果的な食べ方は?

Pocket

↓↓【限定】冬の敏感肌・乾燥肌対策に!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

ギョーザが嫌いという方とお目にかかったことがないのですが、皆さまはどうですか?本格的に作ると面倒だったり、時間がかかるというイメージのあるギョーザですが、今は冷凍食品でも人気ですし、スーパーでの総菜コーナーでもお馴染みです。外食でも中華店、ラーメン店に行きますと、必ずと言って良いほど注文してしまう、魅力的なギョーザのことをどれだけご存知ですか?そこで今回は、ギョーザのカロリーやダイエットを考えての食べ方を取り挙げて、ご紹介してまいります。

ギョーザ1個、1人前のカロリーは?

さて、早速ですがギョーザ1個や1人前のカロリーはどのくらいなのかを見てまいりましょう。ギョーザというとカロリーは高いというイメージがありますが、果たしてどうでしょうか。ごく普通にご家庭で作るギョーザとして、ひき肉、キャベツ、ニラなどが入って100g197kcal(食品成分表による)となっています。

このような表記ですとピンと来ないかと思いますが、1個当たりが25gぐらいとして、ギョーザ1個は、約49kcalを目安にすると良いでしょう。また、油分やたれなどが加わることで、50kcalを少し超えることになります。お店によっては、ギョーザの大きさはさまざまですし、1人前が何個入りかということもそれぞれのお店で違ってきます。

ネットなどで調べてみますと、小さいギョーザから大きいギョーザまでのほとんどが、大体40~80kcalの幅の中に入ります。1人前としても、大きいサイズが4個だったり、普通サイズだけでも5~6個、小さいサイズで6~8個とすると1個分×個数としてカロリー計算された方が良いでしょう。



ギョーザはダイエット食になるの!?

ギョーザというと高カロリーでダイエットなんてとても無理と思いますよね。ですが、ギョーザの具材を見直すという方法があります。ギョーザにはいろいろな材料が入りますよね。カロリーを高くしようと思えば、いくらでも出来ます。ということは、逆にカロリーを低く抑える工夫をすればよいという事になりますよね。ですからギョーザはダイエット食になります。餃子ダイエットなるものが、巷では人気になっているほどです。

ダイエットに効果的な食べ方は?

前記したように、ギョーザの中味を代えて食べるという方法が、効果的なダイエットへの近道となりますのでいくつかの方法をお届けしてまいります。

ギョーザの具材

ギョーザと言えば、豚ミンチ、合い挽きミンチなどを使っていることが真っ先に浮かびます。そのことが美味しさアップに繋がっていると、そこをダイエット食にするための一工夫で、脂質を抑えた赤身のミンチに代えるというご提案です。どうしてもお肉は使いたいけどもっとカロリーを抑えたい方は、ササミ肉を使いますとよりヘルシーなギョーザとなります。

sp1

また、野菜ですが、ギョーザはキャベツのみじん切りを使うこと多いですよね。そこをよりカロリーの低い白菜のみじん切りに代えるという、代替え方法があります。そして、お肉と野菜の割合を野菜多めとすることで、ダイエット効果を期待出来ます。

そして、もう1つ意外にもギョーザの皮はそれだけでカロリー高めです。1枚、約17kcalですので、ミンチよりも高いです。そこでギョーザの皮は薄皮を使用しましょう。少しでもカロリーは減ります。

焼きギョーザか水餃子か

焼きギョーザで食べたいけど、ダイエット中だからと気になる方には水餃子がおすすめです。焼きギョーザですとどうしても油が欠かせません。油を少なめにするという手もありますが、その油分のカロリーを抑えるには水餃子が最適です。

食べる時間

ギョーザを食べる時間も気を付けることでダイエット効果の一助となります。就寝前に食べるのはNGですよ。どうしても食事をしてから横になりますと、カロリーが燃焼されません。溜まる一方となり、ダイエットにもなりませんが、胸やけなどの体調不良にも繋がってしまいます。せめて寝る3、4時間前には食事を済ませて置く必要があります。

アルコールとの相性

ギョーザとアルコールは相性が良いですよね。分かってはいるけれど、ついついアルコールがすすんで飲み過ぎてしまうなんて方は多いのではないでしょうか。ギョーザの食べ過ぎにも通じることなので、ダイエット中の方はアルコールを控えて摂るようにしましょう。

気になる方は今、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルも種類豊富に揃っていますから、ノンアルコールの中から選ばれてはいかがでしょうか。飲んだ気持には多少なりとなれるはずです。どうしてもアルコールと一緒にいう方は糖質ゼロ、プリン体ゼロなどのアルコールも続々登場していますから、そちらから選んで下さいね。

あとがき

ギョーザは、ギョーザ1個にお肉と野菜が凝縮されています。油っこくしない、ギョーザの中味を代えるなど、美味しいギョーザをよりダイエット効果の高い食事とするためには、今回ご紹介したことをご参考にして頂ければ幸せます。ダイエットのためには、ご自分でギョーザを作った方が安心ですね。ちょっとした工夫でカロリーは抑えられますから、お試しになって見て下さい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



おすすめ関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る