クロレラ青汁の健康効果や効能が凄い!副作用の危険性も?

Pocket

スポンサーリンク




青汁には様々な種類がございますよね。有名なのでいえば、ケール、ゴーヤ、大麦若葉、クロレラなどです。その中でクロレラって色々と耳にしますが、さて、これは一体どういったものなのでしょう?


aojiru

クロレラとは?


そもそも、クロレラとは何なのでしょう?よく、体に良いと言われていますので野菜の一種でしょうか?違います。野菜ではなく、淡水に生息する緑藻類(緑色)に分類されるプランクトンの一種です。

どちらかといえば、ミドリムシに近い存在で、今からおよそ5億4千年前から存在していることがわかっています。緑藻類で光合成能力と増殖能力が高く、たんぱく質、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維、葉酸、葉緑素(クロロフィル)など優れた栄養素をバランスよく含んでいるため、

昔から健康食品として注目されてきました。ですので、天然のマルチビタミンなどとも呼ばれています。青汁として使われるようになったのはここ最近の話しです。

ちなみに、名前の由来は1890年にオランダ人の学者バイリンクが、ギリシャ語でchloros(クロロス=緑)、ラテン語でella(エラ=小さいもの)と掛け合わせて、クロレラ(=小さい緑)と命名されました。


クロレラの効果効能とは?


デトックス作用

人間は生命活動を行っていく中で、例えば食事を行うと老廃物が蓄積されます。普通に生活している中でも空気中の毒素を吸い込んだりします。ダイオキシンなど毒素を体の中に溜めておくと発がんを促進したりして危険性が懸念されます。

ところが、人間の体はもともとそのような毒素を取り込んでも大丈夫なようにできておりまして、デトックスが行われます。蓄積された毒素は排出されます。

しかし、残念なことに毒素が蓄積されすぎたり、体の機能が上手い具合に働かなくなるとデトックスの流れが上手くまわらず毒素が蓄積されたままになります。そのようなことにならないために食物繊維をはじめとした栄養素が必要となります。

そこで、クロレラというものはデトックスに非常に有効で、食物繊維や葉緑素が豊富に含まれているため、腸内に蓄積された毒素もうまい具合に排泄してくれるのです。

抗酸化作用

毒素がたまるとそれに反応し、活性酸素が生成されたり、ストレス、ホルモンバランスの偏りでも生成されます。それだけではなく普段の運動。健康のためジムでがっつりとトレーニングを行う方も多いかと思いますが、

運動によっても活性酸素が生まれるということをお忘れなく!これを放置しておくと、正常な細胞まで傷つけてしまいますので老化、生活習慣病の原因になります。そこで、クロレラを摂取しましょう。クロレラには高い抗酸化作用がございますので、活性酸素を除去してくれるのです。

成長の促進

クロレラには、乳酸菌他、善玉菌や体のあらゆる菌の成長を促す栄養成分が含まれているといわれています。つまりは、腸内環境改善に有効な食品と考えられるわけです。

さらに、それだけではなく、植物、動物に対してもそのような成長促進効果があることがわかっています。よって、体の中にある菌と同時に人間の成長も期待できます。ですので、子供の発育、発達としてクロレラはオススメです。


スポンサーリンク

クロレラの栄養価の高さ


特に、アミノ酸はわれわれ人間の健康を維持する上で必要不可欠なものです。その理由としては人間の体の大半はたんぱく質でできています。タンパク質の素と言えばアミノ酸です。

もちろん、体内で合成できる非必須アミノ酸もございますが、それができない必須アミノ酸もございます。ある程度であれば若いころなら維持することは可能ですが、年齢を重ねるごとにアミノ酸も消費が目立ってきます。

最近は黒酢や香酢のサプリメントでアミノ酸を十分に摂取できるといいますが、クロレラはオススメします。その理由としては、食品としては珍しく、全ての必須アミノ酸が含まれているからです。

特に、現代人は食生活は偏りがちです。日常生活では十分なアミノ酸を摂取することができません。そんな時には、クロレラのサプリメントや青汁を飲んでアミノ酸補給するのは良いですね。

その他にクロレラの効果としてはコレステロール値の低下、発がん防止、体臭予防が期待できる葉緑素が通常の緑黄色野菜の2倍以上もあるといわれているのです。


クロレラにも副作用が?


健康な人が普通に食品としてクロレラを摂取している分にはそこまで問題はないと考えられますが、サプリメント等、クロレラを濃縮したもを摂取したことで副作用やアレルギー症状が起きたという報告がございます。

このように、濃縮型のものは体質に合わずこのようなことが起きてしまうとも考えられます。また、C型肝炎の方、抗血液凝固剤ワルファリンを服用されている方は注意しましょう。

それは、クロレラには鉄がたくさん含有さえれているため、C型肝炎の患者さんにとっては、摂取の上で注意が必要となるのと、ビタミンKも豊富なため、抗血液凝固剤ワルファリンの効果も半減してしまう可能性も考えられます。

もし、自分が通院していたり病気を抱えている場合は、一度医師に相談してからクロレラを摂取しましょう。


スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る