納豆ダイエットの効果的な方法!「痩せた口コミが多数の理由とは?」

Pocket

↓↓【お試し価格】薄着の季節にダイエット!↓↓
バナー原稿imp




nattou

 

納豆はダイエット効果が高い食品

納豆といえば、日本を代表する発酵食品の一つでありまして、どうしてもあの独特な香りが苦手という方も多いかとおもいます。しかし、古くから日本人の間で親しまれている食品で、平成24年の総務省の当家データによると一世帯当たりの年間消費量がおよそ3333円という結果です。



お手頃の値段で購入できる納豆にしては消費量は全国的にみても高いのではないでしょうか。昭和56年 (1981)に納豆の日まで制定されているほど、日本にはなくてはならない食品といえます。



その、納豆ですが、納豆に含まれる納豆菌は、腸内環境を良好にする善玉菌の仲間で腸内環境の改善に効いてくれます。そして、ナットウキナーゼは血栓を溶かすということで一時期は話題になりましたよね。くわしくはこちらをご覧ください「ナットウキナーゼの効果や効能!生活習慣病を予防するって本当?



その納豆にはこれら以外にも様々な美容健康効果が期待できるわけですが、実はダイエットにも有効であるということがわかっております。そのダイエット効果についてお話しいたします。

納豆に含まれる健康成分がダイエットに!

実は、納豆菌やナットウキナーゼをはじめとした納豆に含まれている健康成分はダイエットにも効果的だったのです。つまり、納豆を食べることにより、健康的に痩せることができるともいえるわけです。その健康成分をまとめてみました。



納豆菌は腸内環境を整える

納豆に含まれている納豆菌は善玉菌の仲間ですので、腸内環境改善には有効です。腸内環境の改善とダイエットが深い関係があるのか?とおもわれるかもしれませんが、



腸内に毒素がたまっている状態ですと代謝が悪くいなります。基本的に人間というのは本当に頭の先から脚の指先まで機能していれば少し食べたぐらいでは太らないようになっているのです。



しかし、腸内に毒がたまるとそれを排泄するためにエネルギーを使ってしまうため、痩せるための機能がうまく働いてくれないのですね。ですから、まずは腸内環境を改善し、毒を完全に排出することで、自然と腸の働きもよくなり代謝もアップします。



ナットウキナーゼに代謝アップの効果がある

ナットウキナーゼといえば、血栓を溶かすイメージが強いのではないでしょうか?厳密にいえば、ウロキナーゼという別な血栓溶解効果のある酵素を活性化して血栓溶解を行うのです。



しかし、血栓を溶解するということは、逆にいえば血液をサラサラにするということにもなります。血液をサラサラにするということは血の巡りが良くなるため、自然と代謝が上がります。結果的に痩せやすい体を手に入れることができるわけです。



その上、コレステロール値を下げることもできますので、体に脂肪が蓄積されにくくなります。そういう意味ではナットウキナーゼはダイエットに有効といえる優れた栄養成分です。



大豆イソフラボンが効く

大豆イソフラボンといえば、豆腐や豆乳にたくさん含まれているイメージですよね。つるつるなお肌をつくったり、抗酸化効果やコレステロール値を下げる効果が期待できますので、生活習慣病を予防してくれます。



コレステロール値をさげるということは、脂肪も蓄積しにくくしてくれるともいえます。そして、女性の場合は、ホルモンバランスが崩れる時期がございます。月経時、妊娠中、更年期など、



そういう時期は情緒不安定になり、それを解消しようと暴飲暴食に働く場合がございます。ですが、イソフラボンはエストロゲンの代用にもなりますので摂取することで、情緒を安定させ、過食や暴飲暴食を防ぐことができます。



大豆サポニンは脂質・糖質の吸収抑制

sp1

大豆の美容健康成分と言えば、イソフラボンが代表的ですが、大豆サポニンも忘れてはいけません。これは大豆の苦味成分で、イソフラボンと同じく高い抗酸化効果がございまして、老化防止や生活習慣の予防に有効です。



そして、大豆サポニンは直接小腸へ働きかけ、脂質や糖質の吸収を抑制してくれます。油っこいものや甘いものを食べる場合もサポニンの脂質糖質吸収抑制が有効ですので、ダイエットにはオススメな栄養素の一つでもあります。



大豆たんぱく質が代謝を高める

大豆のたんぱく質で吸収率が高いのは豆腐や豆乳で、原形である大豆はあまり吸収率が良くないといわれますが、納豆はどうでしょう?実は納豆も、豆腐や豆乳と並ぶぐらい吸収率が高く、9割以上の吸収率が期待できるといわれています。



その理由は、大豆であれば吸収率が落ちるも、納豆の場合、発酵菌により分解されているため吸収率が高くなると考えられています。さらに、発酵しているからといって栄養成分が失われることもなく、有効に働いてくれます。



吸収率がよいということは筋肉を作ることにもなりますので、それだけでも代謝をあげる効果が期待できますが、大豆のたんぱく質の中には、アディネポネクチンという独自の栄養成分が含まれています。これは、脂肪燃焼効果が高く、とくに運動と併用して摂取することでその効果が大きく得られます。



ビタミンKが骨を強化

ダイエットを行う上で骨の強さは重要です。特に女性の場合、ホルモンの状態が不安定となりカルシウムが使われてしまうことがあります。そうなると、骨が弱くなりますよね。



定期的な運動で骨を刺激してあげることは骨密度の強化につながりますが、やはり、栄養成分がなければ密度は高くても細い骨になります。それでは、年齢を重ねた場合少し転んでしまっただけで骨折してしまうリスクが避けられません。



そこで、健康的に痩せるためにはやはり骨の強化が重要だと考えられるわけです。ですが、骨と言えばカルシウムやミネラルを摂取して強くするものではないのでしょうか?



実は、それは表面的な見方で、ビタミンKというものも骨の強化を行う上で重要な働きをしてくれます。ビタミンKは摂取したカルシウムを骨に吸収されやすいように促してくれます。



以上のように、納豆には痩せるために必要な栄養成分がしっかりとそろっています。納豆ダイエットで実際に痩せたという口コミもあるのは、納豆好きであるのは前提ですが、



その上で運動を行っているケースが多いかと考えられます。運動を行えば、大豆に含まれるカルシウム、ビタミンKが骨を作り、さらに運動で骨を強化してくれます。

その上、大豆たんぱく質のアディネポネクチンやナットウキナーゼ、サポニンが脂肪の燃焼をサポートしてくれます。まさに、食品から得られるサプリメントといえます。



納豆好きであればぜひ納豆ダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょう。運動や健康的な食事は必要になりますが、それをサポートするだけの優秀な成分が勢ぞろいしています。

納豆ダイエットの効果的な方法!

さて、では肝心の納豆ダイエットの方法ですが、やり方はいたってシンプルです。納豆を毎日2パック2~3回に分けて食べます。1日3食であれば、3回に分けて食べれば良いかと思います。



コツとしては、納豆菌が多い方が良いらしいので買いこんでおき賞味期限ぎりぎりになったら食べることだそうです。しかし、毎回そんな賞味期限ぎりぎりのものばかり用意できないかと思いますので、そういう場合は普通に食べても問題ありません。



また、キムチ+納豆、わかめ+納豆、大根おろし+納豆、などアレンジしても良いかと思います。毎回納豆ばかり食べていて飽きる場合はこのようにアレンジを加えるとよいです。



キムチには乳酸菌が含まれていますのでプラスアルファで効果が期待できますし、わかめにはミネラルやカルシウムが豊富、大根おろしには酵素がたくさん含まれています。



(注意!)現在治療中で、ワーファリンなどのお薬を飲んでいる方は、納豆を禁じられています。お薬を飲んでいる方は、きちんと薬剤師さんに相談しましょう。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る