誰だって不安・・・不安なのは当たり前!すぐ出来るシンプルな解消方法は?

Pocket

↓↓【限定】秋~冬の敏感・乾燥肌へ!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

不安をどうやって解消すればいいのか、という話を、産業医としての立場からよくお伺いすることがあります。

そもそも、不安というものは、動物としてのDNAに含まれているものであり、例えば、狩に出かけたとして、何にも不安を想定しないで行くのか、それとも、不安があるから色々と準備して行くのか、どっちの動物が生き残っているのか、と考えると、「不安」は優秀遺伝子、ともいえます。

不安はあって当たり前。ただ、それを過度に思うかどうか、がポイントかもしれないですね。たとえば、「電話がかかって来たらどうしよう」とか。実際には、電話がかかって来たら上手に応対されていることがほとんどで、「かかって来たらどうしよう」と思う必要なんかないのに、思ってしまう。なんてことはありませんか?

おすすめの解消法は?

これを解消する方法として、「自分がどういうシチュエーションで」「自分はこう思った」というのを、日記として書いておいて、三週間後ぐらいに見直す、という方法があります。見直してみると、なあんだ、こんなこと起こってないじゃない、ということがほとんどなのです。これは、一見めんどくさいのですが、慣れればかなり楽になります。そして、起こっていなかったことに関しては、ぐちゃぐちゃに消してしまいましょう。すっきりしますし、不安が「まさに」無くなってしまう、ということになりますよ。

ちなみに、例えば嫌な上司がいる、とか、原因がはっきりしていたりして、その人が前にいるときに、嫌な気分になる、ドキドキする、緊張する、というのは、そんなに心配することはありません。誰だって、嫌なものは嫌です。私も、目の前に蛇がいて、仕事しろ!と言われたら、やっぱりその動きに一喜一憂するでしょうし、とても仕事に集中できるとは思えません。

でも、例えば休日。あなたは好きなことをしています。それなのに、「どうしよう、彼が見ているかもしれない」と思ったりするようになったら、それはもう病院で治療してもらった方がいいです。かなりあなたは追い詰められています。心療内科、精神科のドアを迷わず叩いてください。

sp1

誰かが、「そんなことないよ、大丈夫だよ」と言ってくれる、または自分の悩みを聞いてくれる、そして、そっかーと頷いてくれる。それだけでも、楽になることは証明されています。90%以上の人が、「問題は解決しなかったけれど、楽になった」というデータもあります。しかし、いつもいつも自分の気持ちが吐き出せるかというと、相手も選ぶでしょうし、誰もいないこともあるかもしれません。そのためには、自分の心の中の心配の面積を減らすこと!楽しいことをたくさん増やしましょう。これをやっていれば忘れられる、ということが、インドア、アウトドア、人と一緒に、一人で、いろんなシチュエーションでできることがあれば、嫌なことを忘れる瞬間が増えます。

本当は、環境や相手を変えるべき、なのでしょうが、それはとても難しい。人が変わらない、環境が変わらなければ、自分を変えるしかない、もしくは逃げるのも、全く悪いことではありません。自分を変える、というのは、「性格を変える」のではなく「自分はこういう人間と分かった上で、行動でできる範囲で変えていく」ぐらいに思えばいいと思います。それも五年、10年計画です。

あなたのことをわかってくれる人は、きっとたくさんいます。

 

ライター:有限会社ウエストフィールド・コンサルティング野尻紀代美

内科医(呼吸器)、産業医、労働衛生コンサルタント、日本ストレスチェック協会ファシリテーター

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る