キウイフルーツの栄養価が凄い!ビタミンCで美白効果が期待できる?

Pocket

スポンサーリンク





たとえば、ビタミンCがたくさん含まれている食品のイメージとしてはレモン、ミカン、といったかんきつ系の果物ではありませんか?レモンはすっぱいですし、黄色で、さらに世間一般的にサプリメントやジュースに「レモン○○個分のビタミンC」などという影響もあるかもしれません。


kyu
しかし、ビタミンCがたくさん含まれている食材はなにもレモンだけではないのです。実は、キウイフルーツの中にもビタミンCはものすごい量で、さらに、それ以外にも凄い栄養素がたくさん含まれているんです。

ビタミンE、食物繊維、葉酸、カリウムと美容健康に効果的なわけですよね。そこで、今回はキュウイフルーツに含まれているこれらの栄養素と、その効果効能についてまとめてみましたのでご覧ください。


ビタミンCで美容健康効果を期待!

bihaku
まずはビタミンCですが抗酸化作用をもっているため、しみ、そばかす予防や改善に役立ちますし、抗炎症作用がありますのでにきびや肌荒れにも効果を発揮してくれるのは有名な話しです。さらに、にきびといえば、皮脂の分泌を抑制しますので毛穴が広がるのを抑えます。

そういう意味では美肌意外にも頭皮の健康維持にも役立つのです。そして、これはあまり知られていないのですが、ビタミンC、鉄、たんぱく質と一緒に摂取することによりコラーゲンの分泌を促進します。

それによりお肌はつるつるになりますので美容を気にしているのだあれば是非とも摂取していただきたい栄養成分の一つです。あとは体のあらゆる代謝に関与しているのでダイエットや健康にもオススメです。

このビタミンCの量がすごく、100gあたりみかんが32mgでその倍以上の69mgもあるんです。これだけで1日の摂取量の70%も摂取できます。ですから、ビタミンCを摂取するにはうってつけの果実なのです。


ビタミンEでお肌の健康力をアップ!

maru
こちらもお肌にサポートにオススメな栄養素です。強い抗酸化物質が含まれていますので、例えば、しみ、そばかす、しわ、肌のたるみに効果的です。さらに、ビタミンCと一緒に摂取することで効果がアップするともいわれています。

なかなかこの二つを同時に撮るとなると大変ですが、キウイフルーツを食べるだけで解決できますのでオススメです。また、ビタミンEの含有量はグレープフルーツ(0.30mg)の4.3倍で100gあたり1.3mgも含まれています。


食物繊維で腸内環境の改善!

huku
キュウイフルーツに含まれる食物繊維は不溶性と水溶性が2:1の割合です。これは他のフルーツと比べるとダントツに理想的な割合なのだとか。ですから便秘解消にはオススメです。

便秘を回収することで毒素を腸内環境を良くなり、結果的に毒がなくなり吹き出物ができにくくなります。含有量は食物繊維が豊富で便通に良いといわれるバナナ(1.5mg)のおよそ2倍の2.5mgもあります。


葉酸の含有量が凄い!

ninpu
皮膚の粘膜や新しい細胞を生成するのに必須なビタミンB群のひとつです。キュウイフルーツに含まれる葉酸の量はみかんのおよそ1.6倍もあるといわれているのです。ちなみに、みかんが(12μg)、キュウイフルーツ(30μg)、ゴールデンキューイ(50μg)となっております。


スポンサーリンク

カリウムで体循環を良くする!

mizu
むくみを解消したり、利尿作用があります。体の塩分水分調整にも役立ちますので、塩分を摂取しすぎた場合はカリウムを摂取することが推奨されています。これもグレープフルーツ(140mg)の約二倍の290mgということでかなり含有量が豊富なのです。


ぶどうの二倍のポリフェノール

budou
ポリフェノールが豊富で推奨されているぶどうのおよそ2倍のポリフェノールが含まれています。ということで、これらのことからキュウイフルーツは是非とも食べたい食品です。ではいつ食べればよいのでしょうか?


キウイフルーツを食べるタイミングとは?

kiui
おわかりかもしれませんが、当然若いキュウイフルーツよりも熟した方が良いのです。熟して柔らかくなるほどビタミンCの濃度が高くなりますので熟したものを食べるようにしましょう。


キウイフルーツとゴールデンキウイ

kiui2
スーパーなどに行くと、通常のキュウイフルーツの他にもう一種類ゴールデンキュウイというものがあります。キュウイフルーツは果肉が緑色で青々として、酸味が強いのが特徴です。それに対しゴールデンキュウイは、果肉が黄色で、甘いのが特徴です。

栄養成分においても、ビタミンC、ポリフェノール、葉酸の量はゴールデンキュウイの方が上で、食物繊維に置いては通常のグリーンキュウイの方が多いです。それぞれ、好みによってもどちらかを食べるかと思いますが、両方一緒食べるなんてのもいいですよね。

とにかく、バナナのように一年間通して比較的手に入りやすい果実ですので毎日キュウイフルーツでこれだけの栄養性を摂取してみてはいかがでしょうか?それだけでずいぶんお肌の状態が良くなるかもしれませんよ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る