ささみダイエットの効果的なやり方と正しい方法について。

Pocket

スポンサーリンク




ささみダイエットってなに?

sasami
肉だけを食べる肉食ダイエットとおいうものがございますが、その中でもささみを食べるささみダイエットというものがあります。広く肉となると、豚肉、牛肉など脂身が多いものもございますので、失敗すると太ったり、肌荒れ、脂性肌の原因にもなります。

カロリーに置いても、豚のもも肉は100g/183kcal、牛のもも肉は100g/246kcalとなっております。それに対してささみは、100g/105kcalですので低カロリーに抑えることが可能です。もちろん、ささみダイエットにも正しいやり方があり、間違えたやり方を行ってしまうと、健康に害を及ぼします。そこで、ここではささみダイエットを成功させるための注意点なども交えながら解説したいと思います。

とは、いうものの、やはり肉食ダイエットの中でもささみダイエットはオススメします。その理由は脂身が少なく、低カロリーでおまけに高たんぱくな食品だからです。特に、日ごろから運動を行って、ダイエットを心がけている方であれば鶏肉は是非とも取り入れたい食品ではありませんか。ただ、鶏肉となると、おいしい皮があります。

ただ、あれは脂身が凄いので、本格的なダイエットを行うのであれば皮を捨てることをオススメします。そういった意味ではささみは皮がついていないことからもダイエットにはバッチリなのです。

では、実際、ささみのダイエットはどのような調理法で行えば良いのでしょうか?例えば、煮込んだものをサラダにしてみたり、バンバンジーとして食べてみたり、調理法は様々あります。それに、新鮮なものであれば生食もしくはレアができるのがささみの素晴らしい所ですよね。

完全に過熱を行ってぱさぱさにしたものよりも、酵素を摂取するという意味では生のものが良いでしょう。ただ、生食をする場合、少し高い新鮮なものにしましょう。安いものは、安全面を考えると加熱処理すべきです。


スポンサーリンク

ささみダイエットの注意点とは?


ささみダイエットを行う上でまず注意しなくてはならないのが、ささみには脂肪燃焼を行う上で重要なL-カルチニンが含まれていないため、これだけを食べるとなるとそれはオススメできません。

逆に、脂身が多い牛肉、豚肉にはL-カルチニンが含まれていますので、脂肪燃焼を期待するという意味では牛肉や豚肉の方が優れているかもしれません。ただ、L-カルチニンは何も牛肉だけではなく、マグロなどの赤身魚にも含まれていますので、脂を気にするのであれば、ささみと一緒に赤身魚を摂取するようにしましょう。

このように、ささみには、脂肪燃焼効果の高いL-カルチニンが含まれていないだけで、高タンパク、低カロリーな食材なので、トレーニング中の蛋白源の補給には有効な食品です。筋肉をつけることも脂肪燃焼効果を高めることになるので、ささみダイエット中は、欠けているL-カルチニンを他から補えばよいだけです。それはマグロでも、サプリメントでも摂取が可能ですので、是非実践してみてください。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る