ファスティングダイエットの効果的な方法!リバウンドや注意点も解説。

Pocket

スポンサーリンク





tomato

そもそもファスティングダイエットとは?


ファスティングとは、日本語に直訳すると、断食です。つまり、断食を行ってダイエットするということです。もちろん、断食とはいうものの、まったく食物を摂取しないというわけではありません。

ファスティングダイエットによって異なりますが、水、酵素ドリンク、野菜ジュース、野菜スープなど、体内を浄化する上で必要なものを摂取します。現在、一番ポピュラーに行われているものは、水もしくは、果実、野菜、ハーブなどを混ぜて発酵して作った酵素ドリンクを飲む方法です。

ただ、失敗すると逆効果で、ニキビができたり、肌荒れが酷くなったり、リバウンドを起こし太ってしまう可能性もありますのでご注意ください。そこで、今回は、ファスティングダイエットの効果的な方法と、リバウンドしない方法についてまとめてみました。


ファスティングダイエットの効果的な方法!


ファスティングダイエットを行うにしても、やり方を間違えてしまうと逆効果以外の何物でもありません。今までずっと食べていたのに翌日から何も食べないのでは間違えた方法です。しっかりとした手順を守って実践していきましょう。

1 準備期間

これまで食べていたのに翌日から突然食べなくなるのは体に負担がかかります。そこで、体を慣れさせるための準備期間というものを設けます。この準備期間はファスティングダイエットと同じ長さにします。

例えば、1日ファスティングダイエットを行うのであれば、準備も1日行ってください。準備の間は、普段よりも食べる量を減らし、腹6分目程度に抑えます。また、食べるものも、カロリーの高い油っこい食事ではなく、消化と栄養バランスの良い和食や野菜中心の食事を行いましょう。

2 ファスティングダイエット

では、ファスティングダイエットを行います。一般的には、1~3日程度の短期間で行います。1週間などの長期間のファスティングは特に方法を間違えるとリバウンドどころではなく、危険な状態に陥る可能性もございますので、専門家の指導のもと実践しましょう。

個人的に行うの出会えれば、3日程度の短期間のものをオススメします。この期間に、冒頭でもお話ししたような、水や酵素ドリンクを摂取して生活すればよいわけです。

3 往復期間

では、ファスティングの期間を経たら、次に、元の生活に戻すための方法についてお話ししたいと思います。ファスティングの間は、水や酵素といった体にほぼ負担がかからないものを摂取してきたわけです。

そこで、いきなり、固形物を摂取してしまったら、胃をはじめとした内臓もびっくりしてしまいます。つあり、初めは、固形物がない、みそ汁やスープ等の流動食から徐々に体を慣れさせていきます。

この往復期間もファスティングと同じ期間だけ行うのですが、徐々に徐々に慣らしていく分には問題はありませんので、7日間かけても大丈夫です。3日の往復であれば、具体的にはこのような感じにします。


スポンサーリンク

出典元:ファスティング(断食)の復食期の過ごし方
1日目朝:白米の重湯
1日目昼:白米のお粥、具なしの味噌汁
1日目夜:白米のお粥、具なしの味噌汁
2日目朝:手作りスムージー、生姜白湯
2日目昼:白米のお粥、豆腐の味噌汁、梅干し
2日目夜:玄米のお粥、ワカメとなめこの味噌汁、豆腐の野菜餡かけ
3日目朝:野菜たっぷりのお味噌汁
3日目昼:玄米のお粥、大根の味噌汁、納豆
3日目夜:玄米リゾット、キノコと野菜豆乳シチュー、サラダ

 

体に負担をかけないための注意点


ファスティングダイエットは短期間だけ行うとはいうものの、やはり普段と全く違う食事になるため、どうしても、胃が縮小されてしまったり、内臓には多少なりとも影響が出ます。そこで、もし、ファスティングを行うのであれば以下のことはしっかりと守りましょう。

1 体調不良のときは避ける
2 激しい運動は避ける
3 急激に戻さず必ず往復期間を設ける

ファスティングダイエットのルールをしっかりと守りさえすれば、肌の調子が良くなり、内臓が浄化されるため心身を健康に保つことができます。しかし、間違えたやり方をしてしまうと逆にリバウンドを起こしてしまいます。

往復期間はそういった意味でもあります。往復期間でしっかりと元通りになれましたら、タンパク源も沢山摂取するようにして、筋力トレーニングも行いましょう。

筋肉が減少してしまうと代謝も減りますので結果的に太りやすい体になります。そういう意味では普段から筋肉をつけることを意識するだけで基礎代謝アップになりますので、リバウンドを避けることができます。


手軽にできる簡単なファスティング


ダイエットを気にして売る方であれば意識はしているかと思いますが、眠る前は何も食べないかつ、胃に食べ物がない状態にしてから眠ることが有効です。それを考えると毎日眠る前の3~4時間はにも食べないようにします。

睡眠している間はなにも食べないので、合計、10~12時間程度はファスティングを行えます。これだけ普段行っているだけでも十分太りにくい体質を作ることができますので手軽でオススメですよ。

また、これを守ることにより、健康も向上されます。逆に守らないで、夜眠る前に胃にものを残しておくと以下のような弊害を起こしてしまいます。

1 代謝が下がっているため太りやすい
2 いびき、歯ぎしりを行って十分寝ても日中眠い
3 脂肪の蓄積を行うタンパク質が増加する
4 この時間帯は副交感神経優位で代謝が低下している

つまり、この誰でも実践できる基本的なファスティングを実行しないと体に害を与えてしまいます。ですので、これは、毎日行っていただきたいのです。ちなみに、朝食は、手作り野菜ジュースなど消化に良いものをオススメします。

10時間程度だとはいえ、その間ものを食べていないわけですから、急に、高カロリーなものを食べてしまうと胃にかかる負担が大きすぎます。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る