お酒と内服薬・サプリメントは一緒に飲んで大丈夫?飲むタイミングや間隔は?

Pocket

スポンサーリンク




cure-1006828_640

忘年会の季節が始まると、お酒の機会も増えますよね。内服薬やサプリを日常的に飲んでいる人の中には、飲むタイミングに悩む人も多いですよね。今日はお酒と内服薬やサプリを一緒に飲んでもいいかどうか?また注意点などを紹介したいと思います。

内服薬とお酒は一緒に飲んではいけない!

ng

内服薬はお水かぬるま湯で飲むようにと指示されますよね。言うまでもなく水かぬるま湯で飲んでください。日常的に水ではなくペットボトルのお茶を飲んでいるので、分かっていながらもついお茶で飲んでしまうことが多々ありました。しかし自分の子どもが誕生し、水で飲む理由をきちんと把握してからはその考えを改めたものです。

水で飲まなければならない主な理由は、

  1. 内服薬の周りにコップ1杯(180cc程度)の水分があると、有効成分が溶け出しやすい
  2. 薬だけを飲みこむのもNG!食道や胃への刺激となり、粘膜が傷つくことも
  3. 水以外の飲み物と一緒に摂取すると、例えばお茶の場合はカフェインを含むので咳止め等の効 果が強く出過ぎてしまい、不眠や震えの症状を引き起こす可能性もあり

といったものが挙げられます。製薬メーカーも水と一緒に服用することを想定して開発しているので、必ず水で飲む必要があったのですね・・・。また3.についてはお茶以外の牛乳やジュース・コーヒー等も同様で、効果が強すぎるだけでなく、効果が半減することもあります。

お酒の場合は特に注意が必要です。寝つきが悪く就寝前のお酒と催眠導入剤を欠かさず飲んでいる場合、両者を一緒に服用すると作用が増強され、意識障害に至ることもありえるんです。花粉症などで服用する人が多い抗アレルギー薬でも同様で、強い眠気から意識障害の危険があり、その他の薬でも薬とアルコールの相互作用により頭痛・嘔吐等の恐れがあるので、薬をお酒で飲むのは絶対に避けましょう。

お酒と内服薬の間隔はどれくらい空ける?

joshikai

上記でも触れましたが、お酒とサプリを一緒に飲むのは大変危険です。抗酒薬、睡眠薬、抗生剤、精神安定剤、解熱鎮痛剤などは様々な障害を引き起こします。どうしても飲まないと行けないときは、前日はお酒を飲まないなどの体調管理が求められます。

それでも飲まないといけない場合、間隔を空けることで対処する必要があります。ビール1本、日本酒1合、チューハイ1杯くらいであれば、3時間程度で分解してくれますので、前後3時間の間隔を空けましょう。乾杯で一杯だけ飲めば失礼にもならないので、現実的に対処可能だと思います。

お酒とサプリメントは一緒に飲んでも大丈夫?

itadakimasu

スポンサーリンク

医薬品である内服薬と違い、サプリは定期的に毎日飲んでいる人も多いですよね。様々な種類のサプリがあり、栄養を補う・健康改善・美容効果といったものを期待できるので、複数飲んでいることも珍しくありません。サプリは医薬品ではなく「栄養補助食品」に分類されます。そのため薬ほどの即効性はなく効果は緩やかなものですが、継続することで効き目が現れるもの。このサプリについても飲み方に決まりがあるのか、気になるところです。

結論から言えば、やはり水と一緒に服用するのが望ましいでしょう。栄養素の吸収は水と飲むのが最も効果的です。お酒と一緒に飲むと栄養素の吸収が早くなり、すぐに消化されてしまい効果が薄くなってしまうのです。サプリによってはお酒と一緒に飲むことを禁じているケースもあるので、くれぐれも表記の用法を守るようにしましょう。

お酒とサプリの間隔はどれくらい空ける?

meglis3

しかしサプリの中には決まった時間ではなく、1日の内の好きな時間に飲んでよいタイプのサプリもありますよね。ダイエット用のカロリーカットを目的としたものや、ウコンのように二日酔い防止のために飲むサプリです。カロリーカットのサプリは糖分の吸収を抑制する効果があるので、お酒を飲む前に服用することでお酒に含まれる糖質が吸収されにくくなります。効果は大体2時間程度とされるので、お酒を飲む前がベストタイミングと言えます。

お酒を飲むとつい糖質の多い揚げものも食べてしまいがちなので、忘年会や新年会シーズンには欠かせないですよね。ダイエット中でも避けられないお付合いには必携です!

ウコンやすっぽんのサプリも、アルコールを分解する手助けをしてくれるもの。こちらもお酒を飲む前、そして飲んだ後に服用すると効果があります。二日酔い解消に効き目がありますが、過度に期待して飲み過ぎるのは控えて下さいね。

これとは逆にアルコールとは一緒に摂取するのはNGなサプリも。肌がプルプルになる!と人気の高いプラセンタもその1つで、アルコールと一緒に摂取してしまうと稀にアレルギー反応を起こしてしまうケースもあるので、お酒を飲むと分かっている場合は朝や昼までに飲んでおきたいですね。妊活サプリとして用いられることの多い葉酸サプリも、アルコールを飲む際にはオススメできません。一時的に体調が悪化する場合があるので、お酒を飲む前も飲んだ後も摂取しないようにしてましょう。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る