ケール青汁の効果効能が凄い!栄養価が高くビタミン摂取にオススメ!

Pocket

スポンサーリンク




健康通販番組でも、「ケールの青汁が凄いんです!」「ケールの栄養価が凄いんです!」などと語られているものですから少し大袈裟なような気もします。しかし、青汁の栄養素の一つとしてケールが頻繁に使用されることが多いほど、栄養価が非常に高く、緑黄色野菜の王様なんて風にもいわれているのです。


keil

スポンサーリンク

ケールの栄養価や効果効能について


そもそもケールとは?

現在では、日本でもポピュラーになっていますが、見るからにわかるかと思いますが、日本原産の野菜ではございません。原種はヨーロッパで、主に地中海沿岸がケールの産地でした。それが、渡来したのが江戸時代といわれています。

アブラナ科の野菜で、ものすごい生命力が高いのが特徴です。われわれが普段から食べている、キャベツ、ブロッコリー、芽キャベツ、大根などの野菜もアブラナ科の野菜ですが、これらの野菜というのは、ケールを品種改良して開発された野菜たちなのです。

そういう意味ではケールは色々な野菜の起源となる野菜です。また、その生命力の高さから摂取することで様々な栄養素を確保できますし、高い効果効能を得ることができます。

ケールの栄養価が非常に高い理由

ケールというとものすごく濃厚な緑色をした葉野菜です。スーパーに売られているキャベツのいちばん外側はケールみたいに緑色をしていますよね?とても固く、渋くて食べられる場所ではないということから皆さん捨てていますが、実はあそこが一番栄養価が高いのです。

理由としては、直に太陽に当たっているため、防御反応として日焼けをしないように、抗酸化効果の高いビタミンCが豊富になるのです。ですから、キャベツであれば外側と、芯の部分にビタミンといった栄養素が沢山含まれているのです。この辺を捨てる人が多いのですがもったいないことです。

ケールもそれと似ていて、太陽の真下で育ち、青々とした葉っぱを作るのです。それにより、ビタミンをはじめ、ミネラルや食物繊維などの栄養素がたくさん詰まっているのです。

また、キャベツと同じく、比較的1年中の収穫が可能ではありますが、季節は晩秋~冬でこの季節が一番甘くておいしくなります。ビタミンやカロテンなど、栄養価が一番高くなる時期は夏といわれています。そんな、ケールに含まれる代表的な栄養素をまとめてみました。

ビタミン類

ケールは特に美肌を意識するのであればオススメです。理由としては、肌荒れに効果的なβカロテン、抗酸化効果の高いビタミンC、Eを同時摂取することができるからです。それに、この二つのビタミンはお互いを助け合い、シミ、肌荒れ、美白、粘膜強化といった効果を得ることが可能です。

その上、動脈硬化などの生活習慣病や廊下の防止に有効です。さらに、忘れてはいけない栄養素が葉酸です。実は、ケールに含まれるビタミン類の中でこれがものすごく多く、細胞を作る上で重要なビタミンです。

ですから、妊婦の方は摂取を推奨されているわけですが、体のあらゆる細胞の産生において必要なビタミンなので、妊婦だけではなく、日ごろから摂取しておかなくてはいけないのです。

ビタミンCや葉酸は熱に弱いため、体内摂取に置いては、一番良いのは生のケールをミキサーにかけて飲むことですが、なかなかできないかと思いますので、粉末青汁で摂取すればよいかと思います。

カルシウム

カルシウムが多い食品と言えば、小魚、牛乳、豆腐といったイメージではないでしょうか?実は緑黄色野菜にも沢山含まれておりまして、その中でもケールの含有量は凄いです。

また、いくらカルシウムが多くても、ホウレン草のように吸収率が悪いと厳しいかと思いますが、ケールの場合は野菜の中でも吸収率が高いカルシウムといわれています。その上、吸収率が高く、含有量も高いという牛乳の100g中110㎎を上回り、220㎎と牛乳の倍も含まれているのです。

特に、牛乳が苦手な人は多いかと思います。そういうときに、豆乳とケール青汁を混ぜて飲むと美味しいし、カルシウム摂取におきましても有効と言えますね。

食物繊維

ケールの食物繊維が凄いといわれる理由の一つに、水溶性のものと、不溶性のものと二種類の食物繊維を同時に摂取することが可能だからです。水に溶けている水溶性の食物繊維を摂取することで、

血糖値の上昇を抑えたり、コレステロール排出を行います。そして、水に溶けない不溶性食物繊維を摂取することで、水分を沢山吸ってくれますので、体積が大きくなります。

結果、胃の刺激や腸のぜんどう運動の促進を行います。よって、便秘の改善、老廃物の排泄がスムーズにできますので体内に毒素を蓄積されにくく、内部から健康を維持できます。

ルテイン

アントシアニンとともに、ブルーベリー系のサプリメントにも含まれている栄養素です。アントシアニンはどちらかと言えば眼精疲労や視力の回復と維持に務めます。

ルテインも目に効果的な栄養素で、近年急増中のパソコン、スマホ依存。職業柄どうしても使用しなくてはいけない場合もございますが、常日頃からこれらを使っていると、ブルーライトを浴びてしまいます。

目にブルーライトを当てると、網膜や角膜にダメージを与えます。このダメージが蓄積すると細胞が損傷し、目の病気へと発展します。そうならないためにも、スマホやパソコンをやる場合は、ブルーライト用のメガネをかけることをオススメしますが、

ルテインには、青い色光を吸収する効能がございますので、特に、スマホ、パソコンから切り離せない現代社会で生活の場合では、ルテインの摂取をオススメします。

メラトニン

メラトニンとは、脳から分泌される睡眠系のホルモンです。これにより良質な睡眠がとれるといいますが、年齢とともに減少していくため、良質な睡眠がとれず、普段から眠いなんてこともあるかもしれません。そういったときは、ケールのメラトニンで良質な睡眠をとるものオススメです。

これらはケールの代表的な栄養素です。野菜の王様といわれるだけあり、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールがたっぷりと含まれています。特に、現代の食生活はどうしても野菜不足になりがちです。そんな時に、手軽に飲める、ケール青汁で美容と健康を意識してみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る