貼るカイロダイエットは痩せる効果がある?貼る場所はお腹?肝臓?

Pocket

スポンサーリンク




attakai

寒い季節が到来すると、つい出かけるのも億劫になり家でぬくぬくしていたくなりますよね。おまけに厚着になるので体のラインが出ない服も多くなり、ダイエット意識も低くなりがち!クリスマスにお正月、忘年会に新年会と外食の機会も多くなり、体重管理も厳しくなる季節でもあります。

冬は室内の気温も下がり、女性は冷え症になってしまう人も多いもの。それによって基礎代謝も下がり、むくみやすくなったり、それほど食べていないのに体重が増加した!なんてことも増えてしまいます。

「このままではマズイ・・・。でも動きたくない!」

そんな相反する気持になってしまいますが、寒い時期にピッタリな手軽で簡単なダイエット方法を知っていますか?

それは”貼るカイロダイエット”。

お腹や背中、気になる部分に毎日貼るだけで、なんと10kg以上の減量に成功したというダイエット方法ですが、本当に痩せる効果はあるのでしょうか。そのやり方と共に紹介していきますね。

貼るダイエットに期待できる効果とは?

kairo

貼るカイロダイエットのやり方はとっても簡単で、ただカイロを貼るだけ!それなのにダイエット効果を期待できるのは、カイロによって体を温め体温を上げることで基礎代謝がアップするから。体温は1度上がると約12%も基礎代謝がアップするんです。

たった12%と侮るなかれ、女性の基礎代謝は平均約1200kcalですから、1日に付き少なめのご飯1杯分のカロリーをカットしてくれる計算になります。

基礎代謝が上昇すると脂肪の燃焼が促がされ、血行も良くなります。

血行が良くなると老廃物や余計な水分もスムーズに運んでくれるので、冷え症によるむくみに悩まされている人などは試してみたくなるのでは?

また血流の悪さは吹き出物やクマといった肌トラブルの原因でもあるので、体を温めることでそれらを改善できる効果もあった、との声もあります。

冷えは女性の大敵とは昔から言われますが、健康面だけでなく美容面にも大きく関係しているのが良く分かりますね。

モデルや芸能人でも冷え性対策でカイロを利用している人は多く、中でも神田うのさんは夏でもお腹と腰にカイロを貼り、冷えないように気を付けているんだとか。

年齢を重ねても、子どもを産んでも変わらないスタイルと美脚を作りだす要因の一つは、カイロにあるのかもしれません。 

スポンサーリンク

カイロを貼る場所によって効果が違う?

diet_gokai

実際にカイロを貼る際に注意したいのは、カイロを貼る場所と肌に直接貼らないこと。肌着も薄すぎると熱が伝わりすぎ、低温やけどを招いてしまうので気を付けてくださいね。

カイロを貼る場所としてオススメなのは以下の3つです。

①お腹

へそから指4本分下にあたる部分は丹田という、ダイエットのツボと呼ばれるところ。ここには神経が集中しているので、ここを温めるとダイエット効果が高いと言われています。

お腹を温めると冷え症の改善や、腸の動きも活発になるので便秘の解消、さらに生理痛の痛みも軽減されます。

②肝臓

実は臓器の中で一番大きい肝臓は、基礎代謝の3分の1を消費しているんです。つまり肝臓を温めると基礎代謝アップの効果も高くなる?ということ。肝臓はお腹の右側上部にあるので、右胸の下付近に貼ると良いでしょう。

③仙骨

お尻の割れ目の最上部付近にある仙骨もカイロを貼りたい場所!脂肪が少なく温めると体温が上がりやすい部位なので、ここに貼ることで全身が温まります。人によっては2度程度上がることもあるそうです!



もちろん人によって効果は違いますが、寒い時期に冷え性を悪化させるより、カイロを使用して体を温める方が絶対的に良いことは確実です。

即効性のあるダイエットではありませんが、30個で500円程度で買えるので、興味を持ったら試してみてばいかがでしょうか?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る