遺伝のせいにしない!肌が綺麗な人が共通してやっている習慣4つ

Pocket

スポンサーリンク




skin-care

アラサー、アラフォーになっても、赤ちゃんのような白くてスベスベの肌の持ち主っていますよね。人間は生まれた時の水分保有量が一番多く、加齢と共に水分量が失われていくもの。赤ちゃんとおばあちゃんの皮膚を比べると、その論理は一目瞭然です。

30~40代もかなり水分量が失われていく年代なのですが、それでも肌が綺麗な人を見ると、「生まれつき肌質が良いんだろうなぁ」と、その綺麗さをつい遺伝を理由にしてしまいませんか?

日々丁寧にスキンケアをしているのに、肌トラブルが多かったり、シミが出来やすい・くすみやすいといった肌質であれば、そう感じてしまうのも分かる気がします。

そもそも肌の綺麗さは遺伝によるものなのでしょうか?

遺伝によって決まるのはキメの細かさと色白?

neoki

肌の綺麗さや美しさの基準は年齢や国籍によって様々。一般的に日本ではキメが細かく、色が透き通るように白い”陶器のような肌”が美しいとされますよね。

そしてこの2大要素である「キメの細かさ」と「色の白さ」は、確かに遺伝によるものが大きいと言えます。

キメとは肌診断を受けて見た経験がある人も多いと思われますが、肌の表面にある三角や四角形の形をした小さい溝のこと。この大きさは人によって違うものですが、日本人はこのキメが比較的小さく細かいのです。

この大きさは遺伝によるものが大きいので、キメが細かく生まれつき、さらにその形を壊すことなく整えていれば、潤いを保った美しい肌に見えます。

また色の白さも同様に遺伝的要素の強いモノ。

秋田美人という言葉があるように、秋田には色白の人が多いですよね。その理由として、元々メラニン色素を多く持たない遺伝子を持つ人が多い上、秋田は日照時間が日本一短い県。そのため紫外線を浴びる機会も少なくて済むので、色白だと言われています。

ただ色白の人は日に焼けるとすぐに赤くなったり、人によってはシミが目立つこともありますよね。逆に色黒の人の方がメラニン色素の吸収が良く、シミが目立たないというメリットも!

とは言え色が白くてもシミが出来にくい人も、色黒でもシミになってしまう人もいるのが事実。これについては肌の修復機能の強弱であって、これもある程度遺伝の力が作用しています。

こうしてみると遺伝的に良いとされる要素がないと、肌を美しく保つのは至難に思えてしまいますが、諦める必要はないんです。キメが細かくても整ってなければ意味がありませんし、色白でも水分量が足りていなければくすんで見えてしまいます。大切なのは自分の肌のベストな状態をキープすることで、そのためには日々の積み重ねが重要!肌が綺麗とされる人達には、共通して行っている習慣も多いようです。

肌を綺麗にする!4つの習慣

①紫外線を徹底的に避ける!

shigaisen

春夏はSPFの高い化粧下地を使い、紫外線対策を怠らない人も多いはず。でも秋から冬にかけても紫外線は0になる訳ではありません。その時期もある程度のSPFがある下地を使い、紫外線は徹底的にカットするようにしましょう。

夏は日傘やアームカバーをするのが面倒に感じる時もありますが、顔だけでなく手や腕のシミは40代以降になると意外と目に付きます。首も同様で、年齢が出る部位には特に紫外線対策を入念にしておきたいものです。

スポンサーリンク

②規則正しい生活

suimin

分かっていても難しいものですよね。でも最低限、6時間程度は睡眠を取る・肉や魚と野菜をバランスよく食べることだけは意識して下さいね。脂質の多いスイーツやパンを食べる機会が多い人も要注意!加齢と共に肌が弱っていくのを実感していきますよ。

肌の綺麗な人は野菜多め、和食中心(玄米を取り入れていることも!)の食生活を実践している人が多いのですが、これは日本人の体質に合ったもの。

流行りモノはどうしても食べたくなりますが、ほどほどを心がけ、飲み物も甘いラテ系より水やお茶を飲むようにしましょう。

③スキンケアはシンプルに

sengan

高価な美容液やクリームを購入しては安心していませんか?肌を綺麗にするのは外側だけでなく、体の内側からの要素も大きいもの。高価なスキンケアより、実は内側の方が影響力が大きい場合も。

内側を整えたなら、スキンケアはシンプルでOK!例えば洗顔料も固形せっけんの方が界面活性剤も使用していないので、安価で肌に良いこともあるんです。

シンプルなケアを丁寧にゆっくり行い、水分を補いキチンと蓋をする。このステップが出来ていれば、むしろ余計な添加物の入った高価なクリームが不要なことも!

まずは自分の使用している化粧品の成分を調べてみましょう。それが原因で肌トラブルが起こっているかも?!

④適度な運動

yoga

特にオフィスワークをしていると、運動と無縁になるケースが多いですよね。適度な運動をしなければ、代謝は落ちるばかり。これはダイエットだけでなく、肌の新陳代謝も遅らせる原因となってしまいます。

よく歩くようにする・エレベーターではなく階段を利用・家で出来るエクササイズ等、日常生活でも適度な運動は可能なので、体をこまめに動かすようにしましょう。入浴も習慣づけると確実に肌の調子は上がります。熱すぎない温度で、20分以内を目安に良い汗をかき、保湿をたっぷり行ってくださいね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る