夜勤明けの寝る前の食事。太らないダイエットにいいメニューは?

Pocket

↓↓秋の置き換えダイエットにはこれ!↓↓

バナー原稿imp

yakin

夜勤を伴う職業に従事している人は意外と少なくありません。工場勤務などの24時間勤務のシフト制の仕事、コンビニ・ファミレス、電話のオペレーターといった24時間対応の職場でも夜勤は多いですよね。

さらに時差のある海外とのやり取りがある場合、またキャビンアテンダントや医療・介護従事者、飲食店では女性も夜勤をこなしている人が多くいます。

夜勤は必然的に昼夜逆転の生活を送ることになり、どうしても体内リズムが崩れてしまいがち。短期的な夜勤シフトならともかく、長期にわたり夜勤も含む生活になってしまうと、リズムの乱れから「体重が10kg近く増えてしまった!」という声もよく耳にします。

夜勤のある生活でも”太らない”、”太ってしまった体をダイエットする”ために、気をつけたい食事のポイントを考えていきましょう。

夜勤当日の過ごし方

living

まずは夜勤当日の過ごし方から考えていきましょう。夜勤の開始が午後10~12時頃からだとして、翌日は6~8時頃まで働くことになります。これは徹夜するのと同じですから、夜勤当日はなるべく多く睡眠を取っておくようにしましょう。例えば看護師に代表される、夜勤・日勤・準夜勤とシフトが不規則の場合、前日は日勤で翌日夜勤というように、生活リズムが狂いがちですよね。

日勤で働いた日は夜ふかしをして、翌日は昼頃までたっぷり寝てください。そして軽めの昼食を済ませ、家でゆっくり過ごし夜勤に備え、出勤前の食事はしっかりと栄養の摂れる食事をします。ここでしっかり食べておくと、夜食時に爆食する危険を避けることができますよ!

夜食の間食も注意が必要で、お菓子やインスタント食品を食べるのは、なるべく避けたいNG行為。ガッツリ食べてしまうと体は消化しようと一生懸命働いてしまい、実は披露してしまうんです。そうなると意識は疲れていなくても、眠気も襲ってきます。日勤でランチの後は猛烈に眠くなりますが、あれと同じですね。

ですから、間食は野菜サラダやフルーツのようなものが望ましいんです。オススメはバナナやゆで卵!ゆで卵はカロリーも70kcla程度と低く、タンパク質も摂れる優秀な食品。しかも意外とお腹にたまりますよ。くれぐれもコンビニの菓子パンやカップ麺のような、カロリーが高く添加物の多いものは食べないようにしてくださいね。

またこの休憩時にコーヒーや紅茶を飲んでしまうと、カフェインで夜勤明けに眠れなくなってしまう可能性があるので、カフェインを含むものは飲まず、水かお茶にしておきましょう。

夜勤明けの食事!お薦めのメニューは?

soup

sp1

さて夜勤明けです。

同じ8時間勤務でも、日勤とは違う疲れや高揚感がありますよね。体と脳には疲労が蓄積されていて、すぐに休息する必要があるのに、食欲が止まらない!飲みたい!といった気分になる人も多いのでは?その原因はストレスによるもの。

さらに睡眠不足の状態であれば、食欲を増進させるホルモンも分泌されてしまいます。それなのに帰り道では太陽の光を浴び、体は「朝だ!活動しよう!」のスイッチも入ってしまうんです。これでストレス発散、ぐっすり眠れるなら問題ありませんが、これを避けるにはサングラスをして、なるべく陽の光を浴びないことも効果的です。

そして帰宅したら内蔵に負担をかけないような食事。オススメは温かいスープ。野菜や豆を入れ身体を温めましょう。身体が温まるとストレスも緩和され、食欲も満たされます。物足りなければ春雨や豆腐を追加すると、満腹感が上がりますよ。

それでも食欲が抑えられない場合は、ヨーグルトやシリアルなどを食べてみてはどうでしょうか。寝る前に食べ過ぎてしまうと、血糖値が上昇したまま眠ることになり、中性脂肪が蓄積しやすくなります。こういった生活を続けていると体重が短期間で急増したり、脂肪肝になってしまう可能性が高まるので我慢が肝心です!

その後は入浴や軽いストレッチなど、身体がリラックスモードに入るように切り替え、ベッドに入りましょう。ここでは寝すぎないよう、でも深くしっかりした睡眠を取ってくださいね。

アイマスクや耳栓をすると熟睡出来る人もいるようです。起床したらお昼ご飯をしっかり食べ、活動的に過ごして適切な時間に眠れるよう、身体を程良く疲れさせることが大切です。

夜勤の肌荒れ・ニキビ対策。老化を防ぎキレイを保つ方法5つ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る