カラオケの消費カロリーとダイエット効果と成功する方法。痩せる曲はある?

Pocket

<今月のおススメ情報>

↓↓ぷよぷよ本気でやばいかも・・↓↓
バナー原稿imp

【夏肌ケア】コーセー 米肌澄肌美白 お試し1500円!

karaoke

カラオケに行くと、歌の終わりに消費カロリーが表示されませんか?

ダイエット中だと、「こんなにカロリー消費したんだ!」と喜んでしまいますよね。カラオケは、スオレス発散効果も大きく、是非オススメしたいダイエット法です。



そんなカラオケですが、歌う曲によって消費カロリーは違います。

よりダイエット効果を求めるなら、成功する方法や「痩せる曲」を知ることが大切ですよ!



そこで、カラオケのダイエット効果について詳しくまとめてみました。

  • カラオケの消費カロリー
  • 成功する方法
  • カラオケの「痩せる曲」

まずは、カラオケでどの位カロリーを消費出来るのか見ていきましょう。

カラオケの消費カロリーについて


カラオケの消費カロリーですが・・・1曲あたり平均で10kcalほど消費するといわれています。

1人カラオケで1時間あたり約10曲(1曲5分で計算)歌うと、大体100kcalほど消費出来る計算になります。



この消費カロリーで一体どの位ダイエット効果があるのかというと、カラオケだけでダイエットをするのは少し無理があるでしょう。

カラオケだけではなく、運動や食事制限なども合わせて行うことが大切です。



とはいえ、カラオケでカロリーを消費出来るのは事実です!

たとえわずかでも、ダイエット効果があるならぜひ取り入れていきたいですよね。

続いて、カラオケのメリットやデメリットを元に、ダイエットを成功させる方法について説明していきます。

カラオケでダイエットを成功させる方法

karaoke1

カラオケには、このようなメリット・デメリットがあります。

カラオケのメリット

  • 大きな声を出すことで、ストレスが発散できる
  • 腹筋を鍛えることが出来るため、体の代謝が上がる

腹式呼吸を意識して歌うと腹筋が鍛えられ、体の代謝が上がって脂肪が燃えやすくなります。

もしカラオケでダイエットを成功させたいなら、腹式呼吸で歌うように心がけましょう。

カラオケのデメリット

  • 歌いすぎてしまうと喉が痛くなってしまう
  • カラオケの合間にジュースやお菓子を食べてしまうとダイエットにならない

先ほどもお伝えした通り、カラオケの消費カロリーは1時間フルで歌っても100kcalほどです。

たとえ100kcalでも積もれば大きいですから、カラオケでダイエットを成功させるためにはジュースやお菓子は控えましょう。

しかし水分補給は大切なので、0kcalの水やお茶は必ず飲むようにして下さい。

カラオケの「痩せる曲」とは?

gimon1


カラオケには、よりたくさんのカロリーを消費出来る「痩せる曲」というものが存在します。

どのような曲が「痩せる曲」なのか?その特徴について見ていきましょう!

スポンサーリンク

①バラード系の曲・アップテンポの激しい曲

バラード系の曲やアップテンポの激しい曲は歌う時に力が入るため、他の曲よりも消費カロリーが高いです。もちろん個人差はありますが、このような曲は消費カロリーが高いといわれています。




「キミを忘れないよ」大原櫻子・・・16.5kcal

「もしも運命の人がいるなら」西野カナ・・・16.2kcal

「いつかきっと」ナオト・インティ・ライミ・・・15.6kcal

「ありがとうForever…」西内まりや・・・15.4kcal

「クリスマスソング」back number・・・14.7kcal

※カラオケDAM(第一興商)高消費「カロリーカラオケ」ソングランキング参照

http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/dkreport/201603.html

②振り付けのある曲

振り付けのある曲は、ただ歌うだけではなく体も動かすので、その分消費カロリーがアップしてダイエット効果が高まります。

「ヘビーローテーション」AKB48

「恋するフォーチュンクッキー」AKB48

「フライングゲット」AKB48

「Gee」少女時代

「GoGoサマー!」KARA

まとめ

  • カラオケは1曲10kcalほどカロリー消費出来る
  • カラオケでダイエットを成功するためには、歌う時に腹式呼吸を心がける
  • お菓子やジュース食べてしまうと全てが無駄になるため注意する
  • バラードやアップテンポの曲は消費カロリーが高い
  • 振り付けも合わせて歌うと消費カロリーがアップする


カラオケで曲を歌ったあとに表示される消費カロリーですが、「声の大きさ」と「曲の時間」を元に計算されているみたいです。

歌うときの振り付けなどで消費されたカロリーは全く加味されていないので、実際の消費カロリーはもっと高い可能性があります。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!



スポンサーリンク



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る