乳酸菌サプリメントの効果的な選び方!便秘改善、免疫力向上、抗がん作用と種類についても。

Pocket

スポンサーリンク





これまで、乳酸菌の記事について幾つか執筆させていただきました。過去の乳酸菌やビフィズス菌の記事を参考にしていただければわかるかと思いますが、乳酸菌には様々な種類がありまして、実際サプリメントでも色々な種類のものが販売されております。



cp2

そこで、自分がどれを飲んだら良いのか?悩むところかと思います。ここでは基本的な選び方から、それぞれの乳酸菌の特徴に合わせた選び方を解説したいと思います。

乳酸菌サプリメントはどんなもの?


乳酸菌と言えば、ヨーグルトのイメージかもしれませんね。それをサプリメントに凝縮したものが乳酸菌サプリメントなわけですが、それはどんなものなのか基本的なところから解説してみたいと思います。

そもそも乳酸菌とは?

人間の腸内でビタミンや糖分を餌として生息していますが、何も動物の体の中だけではなく、地球上のあらゆる場所に生息している乳酸を生成する微生物の総称を指します。

食品であれば、漬物、発酵食品、野菜といったものに多く存在しておりまして、その種類は200種類以上にも及ぶとされているのです。これだけ種類が豊富なわけですのでそれぞれ人間の体にもたらしてくれる利益も随分と異なります。それらを把握して目的に応じて摂取するといいでしょう。

なぜ乳酸菌はサプリメントで摂取すべきなのか?

ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は他の善玉菌と同じく腸内環境を正常化する働きがございます。このように、食品から摂取した乳酸菌はしばらくの間腸内に停滞し、増殖、成長を行い健康効果を促進してくれますが、動物であれば排便を行います。

それと一緒に大量に乳酸菌も外へ出て行ってしまいます。その便も健康な人であれば1日1回は行います。つまりは、毎日大量の乳酸菌を失うためそれとともに毎日大量の乳酸菌を摂取する必要があるということになります。

そこで、ヨーグルトなどの食品からの摂取も推奨されていますがヨーグルトでまともに乳酸菌を摂取するとなると、1日あたり、200~500g量を食べなくてはいけません。

他の乳酸菌が含まれている食品であるキムチや漬物も腸内環境を良好にすることを考えればなかなか食べられない量を食べる必要があります。それも毎日食べなくてはいけないので大変なわけです。

それを考えると1日3粒程度水と一緒に飲めば良いだけのサプリメントは効率的といえますよね。多くの食品を食べる必要はありませんし、最近はカプセル型など胃酸殺されず腸内まで届く仕組みになっているものも沢山売られています。

もちろん、乳酸菌は胃酸で殺されても有効であることが最近の研究結果でわかってはいますが、生きた乳酸菌であれば、腸内で乳酸を出しながら増殖を行い、成長していくためやはり死骸のものよりも全然効果的に胃働いてくれます。

スポンサーリンク

乳酸菌サプリメントの効果的な選び方とは?


乳酸菌はサプリメントで摂取した方が効率的で効果も出しやすいということがわかりました。しかし、どんな乳酸菌サプリメントを選んでいけばよいのか?疑問かと思います。では、サプリメントの効果的な選び方についてお話ししますね。

効果効能を基準に選ぶ

冒頭でもお話ししましたが乳酸菌には200種類以上のものがあります。それぞれ得意分野も異なります。そこで、まずは自分の求める効果効能を基準にして乳酸菌を選んでみましょう。例えば、便通改善、発がん防止、風邪・インフルエンザの予防などがあります。それぞれ乳酸菌についてお話ししていきます。

1 シロタ株 抗がん作用、腸整作用
2 フェカリス菌・KW乳酸菌 抗アレルギー効果、花粉症対策、アトピー対策
3 プラズマ乳酸菌 免疫力アップ、風邪、インフルエンザの予防

それぞれ効果が異なってきますので現在の自分が求めている症状に合わせてサプリメントを選んでいただくことがまずは一番かと思います。

無添加・無香料のもの

合成着色料、合成香料、防腐剤、保存料などサプリメントの中でもたまに含まれているものがあります。しかし、実際これらは健康に悪いものなので極力避けましょう。

もし、こういったものが含有されているのであれば、石油由来ではなく、自然由来の着色料、香料、保存料にしてください。それでなければ逆に発がん物質となりますので避けましょう。

乳酸菌の含有量が多いもの

やはり、乳酸菌のパワーを実感したいのであればそれなりに含有量が多いものを選ぶ必要があります。特に安いものは含有量が少ないものが多いです。それを考えてある程度の目安を確認しておきましょう。

乳酸菌研究の第一人者である光岡知足氏は、目安としては1日当たり1兆個の乳酸菌を摂取するのが効果を実感する上で望ましいと見解を述べています。つまりは、カプセルでも粉末でも1日1兆個以上の乳酸菌を摂取できるものを選ぶことがポイントになります。

乳酸菌の餌となるオリゴ糖や食物繊維も

乳酸菌は微生物ですので当然生き物です。ですから、餌となるものが必要ですよね。そこで、オリゴ糖や食物繊維です。あとはビタミンCなんかも餌としては有効です。これらを含んだサプリメントを選ぶと良いです。それにより、乳酸菌の効果を大きくすることができます。しかし、どうしても無い場合は、乳酸菌のサプリメントと一緒にこれらを摂取すればよいかと思います。

サプリは色々と出ていますが、安心して摂取出来る評判のいいものを選びましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る