乳酸菌やビフィズス菌が花粉症の予防改善に効果的な理由。

Pocket

スポンサーリンク





花粉症といえば、春がメインですよね。毎年春になると花粉症の方はスギ花粉にやられてしまい、水のように流れる鼻水、くしゃみ、熱、目のかゆみ、など苦しい症状に悩まされますよね。


masuku

また、花粉症は、人によっては夏や秋にも発症するケースもございます。そんな中、乳酸菌やビフィズス菌には、実は花粉症の予防や改善に効果的だということが確認されています。その理由について解説していきたいと思います。

なぜ、乳酸菌やビフィズス菌が花粉症を改善することができるのか?


そもそも、花粉症というものは、アレルギーの一種ですので、免疫細胞の過剰防衛によって発症します。では、まずはその詳しいメカニズムについてお話ししますね。

花粉症の原因とそのメカニズムとは?

白血球のリンパ球に存在に多種の免疫細胞が存在しています。体内に外敵となるウィルスが侵入するとこの免疫細胞が働き、除去するための攻撃を行います。

この免疫細胞は優れモノで、一度外敵が侵入し、除去を行ったら次回同じタイプの外敵が侵入してもすぐに対応できるように抗体と呼ばれるものを作っておきます。これにより、また同じタイプの外敵が侵入してきてもすぐに除去することができるのです。

これを、IgE抗体と呼ぶのですが、これがあまりにも過剰に作られてしまうと、花粉が体内に侵入してきた場合、それを菌やウィルスと勘違いし、過剰に防衛反応を起こします。

その上、免疫細胞の中にはTh1細胞とTh2細胞という二タイプの細胞がございます。この二つの細胞のバランスが崩れるのも花粉症を発症させる原因の一つにもなります。

それは、Th1細胞はアレルギー反応を抑制するのですが、Th2細胞はアレルギー反応を促進するためです。つまり、二つの働きのバランスが崩れ、アレルギー反応を起こすというのは、Th2細胞の働きが優位になるということ。

乳酸菌とビフィズス菌が花粉症に効果的な理由

乳酸菌やビフィズス菌がどれだけ優れているかといいますと、Th1細胞の働きを強くし、Th2細胞の働きを抑えるためアレルギー反応の抑制するために丁度良いバランスを作ることができるのです。その上、IgE抗体の生成も一定基準以内に抑えてくれます。

スポンサーリンク

花粉症改善効果の大きい乳酸菌の種類


乳酸菌の中でも様々な種類があります。例えばアトピーを抑えるものもあれば、免疫力を向上させるもまで様々な種類があります。その中で花粉症を改善する上で有効とされているのがこの4つです。

L-92乳酸菌

これは、とある実験結果によるものなのですが、花粉症を患っている方々に、L-92乳酸菌を一定期間摂取していただいたところ、アレルギー反応を促す、Th2細胞を活性化させる原因物質が抑制されることがわかりました。

つまりは、この実験により花粉症に有効であるということが立証されたということになります。ちなみに、こちらの記事でも伝えてある通りアトピーにも有効です。食品は「カルピス アレルケア」がオススメです。

ビフィズス菌bb536

これは、春のスギ花粉シーズンの約1カ月前からスギ花粉真っ盛りのシーズンまでおよそ3カ月の間、花粉症患者44名の方にビフィズス菌bb536粉末を摂取していただいたところ花粉症の改善がみられました。食品は、「森永 ビフィズス菌BB536のチカラ」「森永 アクトケア ビフィズス菌末BB536」がオススメです。

フェリカス菌

フェリカス菌とは、通常の乳酸菌であれば加熱滅菌してしまうと死んでしまいますので効果を得ることはできません。ところがフェリカス菌であれば死滅しても効果を発揮してくれる優れた新型の乳酸菌なのです。つまりは、加熱処理を行ったものでもOKということになりますので摂取が非常に楽です。

実際に、スギ花粉患者20名と対象とした実験が行われました。実験の内容としては、曝露(ばくろ)室でスギ花粉を人工的に浴びてもらった後、1日1本、およそ60日の間、フェリカス菌入りの乳酸飲料を飲んでいただくというものです。

結果、その20名の方々には花粉症の改善効果がみられたというのです。「伊藤園 朝のYoo フェカリス菌1000のひみつ」「わかさ生活 乳酸菌1000億」(サプリメント)

KW乳酸菌

これは、花粉症患者96人に粉末のKW乳酸菌を摂取していただく実験を行ったところ改善結果がみられました。マウスでの実験に関しては、Th2細胞とTh1細胞のバランスを整える効果がみられたり、IgEを減少させるなどの効果も見られ、ビフィズス菌BB536と似た作用がございます。主な含有食品は、「ヤクルト ノアレKW乳酸菌」です。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る