モデル 松島花の体重・スタイルキープ方法。美容やメイクはどうしてる?

Pocket

↓↓【限定】秋~冬の敏感・乾燥肌へ!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

matsushima-hana

出典:Oggi 2016年7月号

モデルの松島花さんの名前に聞き覚えがなくても、ユニクロのエアリズムCMや人気ドラマ・ドクターXの看護士役で、見かけたことがある人もきっと多いはず。

また2016年9月号まで3年間に渡りカバーモデルを務めていたので、Oggi読者の皆さんにはお馴染みの存在ですよね。



2016年8月現在で26歳。今後モデルのフィールドを飛び越えて、女優としても活躍の場を広げていきそうな注目の存在です♪

恐るべしモデル体型!松島花さんの身長・体重・スリーサイズは?

松島花さんはハーフではないのに、173cmと高身長。体重は非公開ですが、締まった体つきと細さから50kg程度では?と推測されています。スリーサイズは83 – 58 – 87 cm!身長が高いのに骨格が華奢なところも、女子の憧れではないでしょうか?バストカップはDとされていますが、これはちょっと疑問かも?

エアリズムのCMではとにかく体が薄くB程度に見えるので、逆補正しているのかもしれません。



そして股下は87cm、身長比にすると50.3 %!日本人の股下の身長比はおよそ45%前後で、エビちゃんこと蛯原友里さんでも47.6%。杏さんが51%なので、松島さんが如何に足が長いか伝わります。

ちなみに松島さんは8等身と全体のバランスも良く、非の打ち所のない完璧なスタイルの持ち主なのです。

松島花さんのスタイルキープ法は?

toe

松島さんは3歳の頃からクラッシクバレエを習っていたんだとか。無駄のないしなやかなスタイルも、バレエに相当打ち込んだ証なのかもしれませんね。現在も「特技はバレエ」と発言しています。きっとがっつりレッスンをしていなくても、家で基本のポジションをとっていたり、たまにスタジオに行っているのかも?!



バレエは体が柔らかくなり、可動域が広がります。一般的な人より使わない筋肉も多くなるので、基礎代謝も増え太りにくい体質になるのです。姿勢の良さも内蔵があるべき位置に収まり、便秘解消の効果もあるんですよ。



ジムにも定期的に通っていて、ランニングやエアロバイクといった有酸素運動と、ストレッチにウエイトトレーニングのような無酸素運動をバランスよく行っているようです。またジムに行けない時は自宅でwiiFITをやっているそう。忙しい毎日でも継続してトレーニングすることが、スタイルキープに繋がっているんですね!

sp1

松島花さんの美容とメイク法!

sengan

プロのメイクさん達でさえ「陶器のよう!」と絶賛する松島さんの素肌!驚くことに以前は肌が黒い時期もあったのだとか。現在は徹底した美白を行うなど努力もしつつ、オフの時は「すっぴんに赤いルージュだけ」で外出しているそう。


松島さん流の美容のポイントは、

  • 保湿を欠かさない。加湿器は1日中つけっぱなし
  • ローラー美顔器が日課
  • 美白対策①人参とりんごのジュースを毎日飲む。ビタミン摂取!
  • 美白対策②外出先でも時間があれば美白シートマスクをする
  • 朝は生姜紅茶で内臓から温める。新陳代謝が高まります


シンプルなケアはしているものの、肌を甘やかしすぎないこともポイントです。高価なスキンケアではなく、内側から綺麗になる努力をしているのも伺えますね。



メイクについても美肌を活かし、ナチュラルメイクが基本!ファンデーションの量は控えめで、リキッドファンデーションはブラシで密着させる。仕上げは微粒子のパウダーで透明感のある肌をより強調しています。



特徴的で魅力あるぽってりした唇は、リップブラシに口紅を取りやや大きめに輪郭を描く。さらに唇の上下中央を丸く描き、ふっくらした印象に仕上げているそうです。リップグロスをしっかり乗せで完成させるのも忘れずに!



素肌が綺麗だとメイクはナチュラルの方が映えるという、典型例のような松島さん。運動や食事に気を遣い、体の内側から美しくなる努力を惜しまない姿が浮かんできます。そういった姿勢を見習って、私たちもあのスベスベのお肌を手に入れたいものですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る